FC2ブログ

RSS|archives|admin

こんなにスゴイパン屋が!(エグ・ヴィヴ)

2010.08.16 Mon
忍路へ行った目的はただひとつ。
Aigues Vives  エグ・ヴィヴ というスゴイパン屋さんがあるというのです。




北海道なんて、行く予定もなければ、行く機会もないだろう・・と思ってコチラ方面はノーマークでした。
が。
旅って何があるか分かりませんね。
急に行くことになりました。



なので、下調べとかまったくなかったし、そんなに有名なパン屋さんなの??
ってそこまで行く価値のあるかどうかは不明でした。




でも、帯広で出会った北海道の方たちは、
口をそろえて
「ぜひエグヴィヴへ!」
とみなさん言われます。









そこまで万人をうならす素晴らしいパン屋のようです。









ここのお店のまず驚くことはこの立地条件にあります。


人里離れたポツリと立つ民家(を改装し)
こんなところまで、よくもまあ(パンなんて買いに来るキワモノが!)



このレアさが、またこのお店の格をあげています。
またHPもなく、お取り寄せもされていないです。





天気良ければすごーく眺めがいいと思います。
307.jpg

帰ってきてから、ネットで検索してみたら・・・。
遠くから車を走らせて、みなさんここのピカイチのパンを求めてお客が止まないようで。
売り切れ必須のようです。

聞くところによれば、地元ナゴヤからも飛行機に乗ってレンタカーでしか行けない この僻地に、
このエグヴィヴのためにわざわざ行かれる方があとを絶たないらしいのです。
310.jpg




店内は残念ながら、撮影禁止でしたが、とてもとてもセンスのいい店内で、
ここは日本??
と思うほどの、南仏をイメージする、まるで雑誌か何かからそのまま抜け出してきたような、
いや、何かの映画を見ているような
そんな雰囲気でパンが並べられていきます。



伺ったのは11時過ぎでしたが、たった今、パンが焼き上がってきたところで、
次から次へと焼き立てのよい顔をしたパンたちが奥さまの手で並べられ、手書きのセンスあるプライスカードと共にお店の空間を埋め尽くされるのを
私たちは ただ呆然と無言でその様子を見守っていました。




パン屋さんでこんなに圧倒されたのは・・いつぶりくらいでしょうか??
いや、こんなにパンと共にお店の雰囲気が私たちに訴えかけているのはもしかしたら初めてのことかもしれません。








スタッフの方は裸足です。









パンはもちろんいい顔をしています。



でもそれだけではなく、
このお店の雰囲気。

空気。

この場所にしかないなんともいえない空間に魅了されました。







奥から、店主さんが少し顔をだしてくださいました。




フランスでずっと修行をされ、
自分たちで作った石窯で薪を燃やし(なので焼き上がりはお昼近くと午後の2回のみです。)
想いのつまった独特のすばらしいパンを作っていらっしゃいます。






パンの表情はやはりフランス系。





ここの空間にぜひ行ってみてください。
パンだけではない、ほんとにすごいです。







店を出た私たちは、ただ

「すごいね。」

「すごかったですね。」


放心状態(いや、大げさだけどホントそんなかんじ。)だった。













クロワッサンを買ったのだけど、・・・・同行者の方に持ち帰られてしまったらしい。



ミントのパンオショコラ。
焼き立てをその場でかぶりつく。
まちがいありません。
313.jpg


いろいろ買いました。
314.jpg


316.jpg


320.jpg


324.jpg



315.jpg



323.jpg



319.jpg




321.jpg





317.jpg
326.jpg





318.jpg


325.jpg




リンツアートルテもありました。
322.jpg



袋(小)なんてオサレ!
018_20100816130816.jpg




パンだけを見て、おいしいとかそうでない、というのは簡素な判断で、

実際お店に行ってみないとそのパンのよさが分からないってことって多くある。

だからワタシはお取り寄せはしない。

そのお店の持っていく独特のワールドを体感しないと、実際見て、パンが生み出される空間に触れてみないと
そのパン一つの重みが分からない。






行ってよかった。
行けてよかった。






ありがとうございました。











Aigues Vives エグ・ヴィヴ


北海道小樽市忍路1-195
0134-64-2800
営業時間
(4~12月)8:00~17:00
(1~3月)11:00~17:00
日・月休






関連記事
スポンサーサイト





Category:パン屋さんのパン その他 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/957-2d3e844e