RSS|archives|admin

続。小麦を学ぶ。

2010.07.28 Wed
北海道農業研究センターの小麦改良試験圃場です。

小麦の品種改良をしているところ。

広大な土地に、実に何千種という品種のかけあわせ、交配がされています。
110_20100728205102.jpg
白い紙にはどんな品種なのか、すべて明記してあります。



農家と同条件で小麦を育て、
収穫の多い、少ない、を見極め、
種をとって小麦粉にしてパンを焼いて、そして品種改良していく。


とても大変な作業です。
お米とは違って結果がスグに出ない。。。



前田農産さんのお話で、
ブリーダーは人生の中で一品種でも世の中に出せれば御の字だとおっしゃっていたが、
新品種を作るのはそれだけ大変なこと。





そういえば、ハルユタカはなぜ幻の小麦なのか知っていますか?

歩留まりがたったの9%という農家泣かせの小麦。
育てても、90%は虫や病気にやられてしまう。
農家さんが作りたがらない小麦。
だから希少。





こちらは春巻き小麦。
病気などの対応も。
農業研究センターの方が持っているのは、はるよこいの赤かび病。
116_20100728205101.jpg
春巻き小麦はたんぱく含量が上がりやすい。
穂が小さく養分の行き先が小さいからだ。
それゆえ中身が濃くなる。



小麦の品種改良でとうもろこしとかけあわせて・・・というハナシが非常に興味深かった。






その後、乾燥工場へ。
農家から来た小麦を乾燥状態にし、貯蔵し、製粉会社へ出荷する。
122_20100728205255.jpg
今年初運転のサイロ。
400ヘクタールの小麦を扱うのだそうだ。1400t。
ここで扱う品種はすべてホクシン。麺用。







すごーい。



ひろーーーい。








イチバン上まで登った。

もちろん階段。



ひょえー。
足がガクガク。



でもこの眺め!
127_20100728205254.jpg
爽快!!!

















その後
ますや麦音さんへ。




ここのお店は十勝産小麦100%を目指したパン屋さん。
8店舗もあります。
ここの麦音さんはサービスエリアかと思うくらい広大なパーキング。
149_20100728205609.jpg
オープンが6:55だって!




145.jpg140.jpg



社長さんのお話を伺いました。




ここのお店のコンセプトは
自然に食育・地産地消ができるパン屋。



お店の裏に小麦畑。
146_20100728205609.jpg




風車をまわし、
153.jpg
その動力で石臼を回す。
143.jpg




ここは石窯建設予定地ですが。
152.jpg




パン教室も只今建設中。
147_20100728205609.jpg


もちろん ひろーいカフェもあり。


ん?



このコンセプト、あのパン屋さんに似ているな~、と思ったら・・・。


お知り合いだそうで。

一緒にドイツ視察に行かれたとか。へ~。









             ・・・つづく。














関連記事
スポンサーサイト


Category:ベーカリーキャンプ2010 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/945-7a4f9996