RSS|archives|admin

最高の味の訳。

2010.01.17 Sun
あまりテレビの前に座ることはないのですが・・・・。
ほとんどテレビを見る習慣がないんです。

昨日は少し体調も崩し気味でしたので、温かくしてソファにごろんでした。



「世界一受けたい授業」に 三ツ星シェフの ジョエルロブション氏がでていらっしゃいましたね。
ご覧になった方いらっしゃいますか?


フレンチの神様。





家庭でできる三ツ星ごはんテクニック。





トマトの皮むきの一番よい方法。
お肉にお塩を振るタイミング。



などなど。




シェフがおっしゃるには、料理とは素材の味をいかに壊さないか、いかに生かすか、だそうです。

そしてその一つ一つの小さな積み重ねが、素晴らしい味を生み出すのだそうです。






非常にユーモアあふれるトークで非常に惹きつけられました。










ムッシュロブションはこうおっしゃっていました。




弟子が料理を失敗したときには、こう言うのですよ。と。




もしこの料理が、自分の愛する恋人や家族が食べるものだったら、失敗しただろうか?

自分の愛する人に食べてもらうつもりで料理を作るのです。

料理は愛であり、

料理は心であるのです。








関連記事
スポンサーサイト


Category:いとまゆのつぶやき | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/787-570cea64