FC2ブログ

RSS|archives|admin

湘南小麦プロジェクト。(ブノワトン)

2008.11.26 Wed
伊勢原=ブノワトン
ブノワトン5



土地感がないのに、パン屋の地名をナゼかインプットしてしまうのは
パン好きならではの特技なのでしょうか??




警備員出てて、すごい人!
外にも人がならんでいました。




ここのパン屋は何がスゴイかっていうと、
オーナーの高橋幸夫さんが、とにかくこだわりにこだわった小麦を使っているということ。
(現シェフは女の子です。)



地産地消の究極、ご自分で小麦をつくられているのです。
さらに、ご自分で製粉していらっしゃるのです。



これを湘南小麦プロジェクトというらしい。



小麦を自分で育てて小麦粉にまでもってくるのはスゴク大変なんです。
小麦ってホントは政府が買い取ってしまうものだから。
ものすごい高価な小麦になってしまう。


・・・この件に関して書くと長くなるので省略。



小麦の貯蔵を研究するのに、コクゾウ虫と生活を共にしたとか。

製粉設備に5000万円を投資されたとか。




とにかく、そこまでやるか?の領域なんです。


店内はハード系からバラエティパン、サンドイッチ、焼き菓子、すべてのパンがいい顔してるし、
やっぱり一癖ちがう。

かっこいいんです。



キャラメルナッツのデニッシュ。
ブノワトン2

とろーりキャラメルにからまれたガシガシナッツの下にとろけるカスタード。




左 フィグノア(名前なんだっけ??)ずっしりライ麦生地がかみしめるとおいしい。
中 ホクシン60%湘南小麦30%の生地にジェノベーゼとチーズ。
右 石臼挽きはるゆたかのミニョン。

ブノワトン4
すべてプティサイズです。
20センチくらい。



生地がおいしいなあ。

万人受けするラインナップで一つ一つにこだわりがある。
さすが超繁盛店です。






やはり、超有名パン屋さんって パン好きさんは遠くからでもわざわざ来るんですよね!



1席しかないテラスで合い席してくれた方、初対面にも関わらず、パン分けてくれてありがとう!



パンの出会いってすごい~。
(ただ単に図々しい?)





最後にマニアックなハナシ。
ブノワトン1



このブノワトンのトレードマーク B に カラスがいるのがわかりますか?


このカラスは毒入りパンを加えて森に捨てに行くそうです。

私たちの食べているものも安全なものでなくてはなりません。

毒を排除するという意味です。



原点はやはり安心安全の地産地消なのです。





ブノワトン

0463-91-6710
神奈川県伊勢原市板戸645-5
営業時間 [月~金] 10:00~18:30 [土・日・祝] 9:00~18:30
定休日 火曜・不定休




関連記事
スポンサーサイト





Category:パン屋さんのパン 神奈川 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/450-c00bf85a