RSS|archives|admin

友人のお店へ。

2018.05.02 Wed
パン屋初めてよかったな~って思うことは、
懐かしい同級生や昔住んでた近所の幼馴染や、遠い親戚の人や
ずーーーっと会ってなかった生徒さんや
かつてご縁のあった人たちが次から次へとお店に来てくれること。






ほんとに、中学以来の子とか
高校は私は東海市だったので、意外に地元に住んでる子が多くって
実に高校卒業以来の人たちが来てくれるのがほんとうに嬉しいです!
高校時代、そんなに仲良くなかった(っていうかあまり話したこともない子たち。)人とかさ、
SNSとかで繋がったりしてね、
そうやって同級生っていうだけで来てくれる。
中にはほんとに常連さんで、週に1~2回はご来店してくれて、
たくさーーん買ってくれる子もいて。


飛騨はちみつバターや大内山バター仕入れている牛乳屋さんも同級生で。
この牛乳屋さんはSURIPUと超仲良しだった人で。


SURIPUだって同じクラスだったけど、当時はそこまで仲良くなかった。
なんか違うグループっていうの?
でも今となってはほんとにほんとにお世話になって私がお店初めてからは
経営者としての悩みとかいろいろなことをアドバイスしてもらったりして
ほんとうにありがたい。




私は高校時代まったく勉強とかできない人だったけど、
人の繫がりにすごく恵まれてて、今となっては財産です。












2月に涼太郎のお店がオープンした。

瑞穂区に。






先日行ってきた。





cocon3の立ち上げの時に、ほんとにほんとにお世話になった恩人。
2か月くらいココンを手伝ってくれていた。


彼なくしてはお店はオープンできなかったし、
オープン時、あれだけの生産量は不可能だった。


ミキサーやオーブンの使い方から、
お店の製造予測の仕方とか、
とにかくパン屋に関するあれこれを教えて頂いた人。




大手の店長をしていて、フランスでも国家勲章?だったっけ?パンの。
を持ってて、
パンの技術はもちろん、
お人柄だって本当に素晴らしいし、
人間的にあの人好きじゃないっていう人はいないと思うくらい出来る人。

敵がいない、ってああいう人のことを言うんだろうな~。




パンは間違いなくおいしい。
ほんとにおいしい。

おいしすぎて凹む。





パティシエの奥様が作るお菓子もおいしい。






たまにSURIPUに行く。

パンが目的というより、話するだけが今までだったけど、

自分がお店初めてから、SURIPUのすごさが本当によくわかった。



こちらも行くと最近は凹む。




友人、知人の店に凹みに行くって。。。。私っていったい。。。




まあ、彼らの努力はわたしのと比べたらとてつもなくスゴイから、そんなのは当然なんだけど。






私は今の自分ができる範囲内でがんばろうって思う。




ココンのパンを楽しみにしてくれているお客様だっていっぱいいる。




ありがたいよね。





明日もおいしいパン、がんばって焼こう!

















関連記事
スポンサーサイト


Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2436-0a663300