RSS|archives|admin

毎日がありがたく。

2017.06.20 Tue
お陰様で毎日売り切れ閉店の日々が続いております。
本当にありがとうございます。




これから雨の日、暑くなる日、どうなるか分かりませんが、
毎日変わらず一生懸命パンを焼いています。





生徒さんや友達や同級生や、毎日たくさんご来店いただき、本当にありがたく嬉しいのですが、
なんといっても「いとまゆ」を知らない方たちが、
常連さんになってくださっているのが嬉しくってたまらない。




毎日来てくださる方もいらっしゃり、すごくありがたいです。




毎日いらっしゃる男性の方や
一日に2回もご来店してくださる男性の方、
夕方いつもいらっしゃる男性の方。お一人でご来店してくださって、
ハード系をシレっと買っていってくださる。

パンが大好きな女性は多くって、
パン屋さんっておしゃれでかわいいイメージで、ハンドメイド女子(というか最近はナチュラル系女子?マルシェとかに出没する手作り大好き女子っていうの?)が好みそうなお店っていっぱいあるんだけど、
そうじゃなくって、
パンって日常のものだもの。
男性にも、ご老人にも、子供たちにも来てもらえるようなお店にしたかったのね。


だから、男性がお一人でも入りやすいように、店内がよく見えるように窓は大きく。
ドアにも窓を付けて明るく。
女性的すぎないお店。
逆にかっこいい男性的なお店にしたかった。


なので、男性率が高くってほんとうに嬉しいのです。



昨日も中学生の男の子たちが夕方4人で入ってきて、
(店の隣が中学校なんです。)
毎日めっちゃいい匂いが朝も帰りもしてて、いつかぜったいパン買いに行こう!って思っていたんですっ!
って

あいにく残っていたパンが数個でハード系ばかり(しかも自家製酵母)
で、
ごめんね、今日ドックパンとか菓子パンとか全部売れちゃったの、
と言ったら
でも買います!って
うちの看板商品coconカンパーニュを買ってくれた。



おこずかい持ってラスクを買いに来てくれる小学生の女の子(試作中に一度パンあげたんだよね。失敗したんだけど。。)や
(先日は弟を連れてきてくれた。)
毎日のように来てくださる老紳士の方や

お昼間は混雑していて忙しくってお客様とお話しする時間もあまりないんだけど、
夕方になって販売のパートさんたちが帰ったあとは私が売り場に出ていることが多く、お客様もちらほらで、お話するのがまた楽しいです。





パン屋って本当に大変だけど、
小さなしあわせを売る素敵な仕事。






私だけの力じゃなくって、
いいスタッフが揃っているからこそ。





志賀シェフがおっしゃっていた。


掃除も計量もどれも同じくらい大切な仕事。













パン屋で完売ってなかなか難しいと思うんだけど、
お店のドアを開けられて、
「もうこれだけしかないんですけど、よかったら!」
ってお声がけすると大体の方が、
じゃあ
って買ってくださる。

先日は、
じゃあ、ここにあるの全部ください!
って言ってくださったお客様がいらっしゃり、
本当にありがとうございます!ありがとうございます!うれしいです!と何度も言ってしまった。

その後同級生が来て、
あれ?なんだもうパンないの?
じゃあこれとかこれとかそれも!
っておやつラスクを何個も。飛騨のハチミツバターに大内山バターにクリームチーズに・・と5000円くらい買ってくれた。

もうありがたくって仕方ない。






明日もがんばろう。

そしていい日でありますように!





















関連記事
スポンサーサイト


Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2397-86eceff2