RSS|archives|admin

お店のコンセプト。

2017.05.06 Sat
表題どおりなんですが・・・





どんなお店(事業・会社)もどこに向かっているか、というのが明確でないと、
なぜお店をオープンするのか、なぜ営業するのか、分かりません。

ただ「おいしいパンを売りたい!」
ってそんなんじゃ長く続かないと思うし、
何より、手伝ってくれるスタッフが、ここのお店はどこに向かって(何のために)いるんだろう??
って不安になりやしませんか??








15年間パン教室を主宰して、家庭で焼くパンを教えてきました。
子育てがひと段落し、より多くの方のためにパンを焼こうとパン屋を始めます。

材料は地元のものを中心に。
できるだけ生産者さんから直接仕入れます。

「身土不二」・・地元で採れたものを食べるのが一番身体にいいという考え。
自分の大切な家族のために焼くように、ひとつひとつ心を込めてお作りします。

アレルギーのお子様にも対応したパンもあります。
cocon³に来ると、ちょっぴり元気になるような、今日もがんばろう!って思えるようなパン屋さんでありたいです。


今の私にだからできること。
今の私にしかできないことです。













私は志賀シェフから学んだ高加水や種を使ったかっこいいパン、
ルヴァンやホップス種、
ビジュアル的にもかっこいいパンが少しは焼けるようになりました。

でも、それは真似事。
レシピを教えてもらったり、本で見たことをそのまま再現しただけ。

そうじゃなくって、私が出来る範囲内の、
ちゃんとしたオリジナルの(あんぱんとかオリジナルっていうと難しいけど。。。)
パンを焼こう、
自分が出来る範囲内で、背伸びしないで今までやってきたパン、家族に焼いてきたパンを焼いていくつもりです。











子供たちが喜ぶパンもいくつかやりたいんだよね。
「おかあさん、このパン買って!」って。

DSC06104.jpg
DSC06103.jpg

食べるって「楽しい!」だもの。


カエルパンはほうれん草の生地だよ~。
カオパン、コワイ・・・。
















関連記事
スポンサーサイト


Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2385-0708776f