RSS|archives|admin

鞄とHIYORI BROT。

2017.03.12 Sun
ずーっと買いたいと思っていたバックを手に入れました。

DSC05967.jpg

土屋鞄といったらランドセル、っていうイメージだけど(私だけかな?)
クラッシックなビジネスモードの仕立てのいい鞄もなかなかよい。
時代に左右されないきちんとした職人が手作りで作ったカバン。


写真でとったら大きく見えるけど、これは小さめのA5くらいのもの。
わざわざのお出かけじゃなくって、ちょっと近所の買い物とか、普段使いのものでいいのないかな~ってずっと探していたんです。

もともとブランドのロゴとかがキライなんで、鞄は洋服に左右されないシンプルなもの。無地のもの。
がいい。



この鞄見つけたんだけど、売り切れ。(各店舗でも。)
再販のお知らせ登録をしてあったんだけど、何度か買えず。
今回、製造終了ってことで、ぜったいぜったい買ってやるー、と再販時間にPCの前でスタンバってました。




これから活躍しそうです!


















こちらはパンとワインのセミナー用に焼いたカンパ。
テーマは「はるゆたかの粉を探る。」
いつもはERで焼くのを今回ははるゆたかで。

DSC05970.jpg

他にもいろいろ焼いたんですが、
まず香りが違う!
そして甘みも。

多品種と焼き比べで出しましたが、生徒さんたち、ずっとクンクンと匂いを嗅いでた。

はるゆたかが誕生して32年。
この粉よりもおいしいと思える小麦がこの先出てくるのでしょうか?
今のところ、いちばんスキです。
私のパンの原点。
パンを焼き始めた20年前からずっとお気に入りの小麦。
農家さん、ありがとう~~!






そして、ずっと楽しみにしていたHIYORI BROTのパン。

ビニールに入っているから、見にくいですね。
どれも無骨だけど、とってもいい顔している。
志賀シェフのパンにやっぱり似ている。

DSC05971.jpg

少しずついただこう。
つかじ、ありがとう。おいしいパンをありがとう。





大きいパンはセミナーに持っていきました。
おいしいものは分かち合わなくっちゃ!

DSC05976.jpg

パンは分かち合うもの。
分かち合って、みんなで「おいしいね。」といいながら食べる。
そうすれば何倍も何十倍もおいしくなる。


まだ冷凍庫にありますので、今週いらっしゃった生徒さんにも少しずつお出ししますね。







今週もまた始まる。
また明日からがんばろう。

DSC05969.jpg





関連記事
スポンサーサイト


Category:パン屋さんのパン その他 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2363-521009df