RSS|archives|admin

つれづれに。

2016.09.21 Wed
最近、レッスンの試食の時間に、
私がどうしてパン教室を始めたか?
どんな経歴で今に至るのか?

っていうのをよく聞かれて、

思い出しながらお話しているのですが、




思えば初めてパンを焼いた(当時はもちろんロールパンとか食パンとか菓子パン)頃から早20年も経ってしまっていて、
・・・ということは生まれた赤ちゃんが成人したってこと!

なんとも年月だけは過ぎたなあ~って思います。



そうね、長男が産まれる直前に始めたのだから(途中4~5年のブランクはあったけど)
言われてみればそうですね。




そして同世代の方や少し上の方が、
あの時思い切ってやっていたら・・
って言われます。




今思うと若くて体力だけはあったから、
朝起きて子供たちに朝ご飯を食べさせて洗濯物を干してから
長男を幼稚園へ送る。
そのまま実家へ走り(車で40分くらい)、次男を預け、電車で名古屋まで(45分くらい)。
パン教室に行って、
そして実家へ次男を迎えに。
その足で幼稚園の長男を迎えに。

幼稚園のころは、子供にピアノ、スイミング、英語を習わせていたから、その後はお稽古。
合間にスーパーで買い物。
そして帰ってから夕食の準備をして
食べさせて、明日の用意をさせて、お風呂入れて、寝かせて、洗い物して、洗濯ものをたたんで、、、
主人が仕事が忙しい人だから、ほぼ一人で子育てしてたって感じ。

なんかもう、テレビ見た記憶とかないし、
流行ってた歌とかも知らない。
あの頃の記憶ってほとんどない。。。。

夜中にパン焼いたりして、子育てとパンに必死だった。

なんだろう、、、
今やらなきゃ!
今しか!
って思ってた。


結婚退職して専業主婦になって、自分の居場所みたいなものが欲しかったのかも。



あの頃の大変さがあっての今。

あの時ムリしてがんばってやってきたから今があるって思う。

やりたいことがあるってなんてしあわせ!

時間を忘れるくらい没頭できるものがあるってほんとにいい!


家族にも感謝。








子育てに歪が出てたのは否めないけど、
それでもなんかいろんなことを全部こなしたかった。
主婦業も母親もパンも。












パンをたかが数年やっただけで、

うまく焼けない、とかバゲットやりたい、とか志賀さんみたいなパンを焼きたい、とか
いろいろ言われるけど、

わたしなんか20年やって、やっと、、、やっと今なんです。

やっとバゲットだって焼けるようになったし、
高加水だって、ホップだって、バター60のブリオッシュだってパネットーネだって
やっと焼けるようになったんです。

まあ、私は不器用だからね、
普通の人だったらもっと早くにこなしているかもね、
で、パンの天才だったら軽く作れちゃうかも。




でも志賀さんとかのパンを見て、
これを焼くには(真似をするだけならできるよ、そのままコピーすればいいだけのハナシ)
そうじゃなくって、
こういうレシピを自分のオリジナルで作れるようになるには
何万年もかかるんじゃないかなあ、って思うんですよね。






もう体力もなくなってきてるし、昔ほどのバイタリティはないんだけど、
できる範囲内でひとつづつできたらいいなあ、って思うよ。









パンが焼けるってうれしい!
毎日に感謝。

KIMG1463.jpg







関連記事
スポンサーサイト


Category:いとまゆのつぶやき | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2267-ce85b421