RSS|archives|admin

夏のロティオランの講習会。

2016.08.24 Wed
オリンピックも終わり、残暑厳しいですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
夏休みももう終わりですね。
来週から息子の学校は始まります。





昨日、小牧にある大阪食糧卸㈱の名古屋営業所さんにてロティオランの堀田さんをお迎えして技術講習会をさせていただきました。
今年で3年目になります。
ご参加くださいました受講者の皆様、本当にお暑い中ありがとうございました。




例年よりも残暑が厳しく、
当日体調不良でご欠席された方もいらっしゃいましたし、
スタッフも一人熱で欠席。。。。
ハラハラしましたが、なんとか終了。

無事に終わりましてほっとしています。

1472023385541.jpg

今回は
ポーリッシュ種と中種の違いについてとその特徴。
どちらが水分を蓄える力が大きくなるか?
中種のミキシングはどのように進めたらいいか。そして本捏ねのミキシングは?
中種の配合はどのくらいがよいのか?
また粉の選び方。
成形での注意点。

そして湯種。
湯種にする利点とは。
どこまで湯種率を上げていいか?
α化ってどういうことか?

などなど、
知っているようできちんと理解していないことがたくさん。

堀田さんの理論は日常の何かに置き換えてお話されることが多く、
非常にわかり易い。








堀田さんの講習会は何がスゴイかって、
参加型の講習会で、お一人お一人すべて自分のパンを成形できる。







前日、35人分ほどの生地を仕込む。
半分ほどミキサーで回した後、仕上げは一人分ずつ分けて手ごね。
これ本当に大変でした。。

ジップロックが並ぶ姿は圧巻!
KIMG1300.jpg

講習会はたくさんあれども、
家庭用の分量でとても小さな単位で一人一人の分を捏ねておいてくれるところってまずないです。







なかなかしっかり学べないバゲットもやっていただきました。
もちろんお一人ずつ。

最近はスマホで動画とれますもんね。
いつでも復習できてうれしいです。

本では分からないですから。

KIMG1307.jpg





マーブルブリオッシュのまるめもなるほど!
りくつに参加されている方はその内容の延長でしたが、
生地の重なり具合、ひねり具合で、随分と窯伸びが違ってくる。

KIMG1311.jpg





Sの店長が体調不良でダウン。(日曜日にトマト祭りで徹夜で焼いていたらしい)
あかねちゃん、ありがとう!
やけどまでしちゃったんで、こんどSに行ったら大量にパンもらってください。
KIMG1314.jpg




湯種のぶどうパン焼き上がり。

1472023422784.jpg




堀田さんのパンは「家庭で焼くおいしいパン」がコンセプト。
りくつを理解し、そのレシピを紐解くことで、
自分のレシピに反映できる。

今まで「こうやるとおいしくなるんだけど、なんでだろう?」
っていうモヤモヤがすっきりする。

KIMG1303.jpg

また秋からおいしいパンたくさーーーん焼きたいな。




みなさま、本当にありがとうございました!!!






















さて、シリーズで開催しております、
堀田さんの「りくつのつくり」第三回目が11/8(火)にございます。

テーマは「小麦」です。

日時:11月8日(火)10:00~15:00

場所:東邦ガス業務用ガス機器ショールーム  HPはこちら。(詳しい場所などが見えます。)
   名古屋市瑞穂区高田町5丁目2-3 (移転いたしました。)
   ※地下鉄桜通線瑞穂区役所駅(4番出口)より徒歩3分
   駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

講座内容:りくつのつくり③小麦について

     1回のみのご参加でも大丈夫です。


講習費:7500円
募集人数:30名程度

受講希望の方は
左のFC2のメールフォームからか、直接のメールで
「ロティ・オラン 受講希望」、と明記の上、
①お名前、②メールアドレス、③携帯電話番号(メールにエラーが出た場合、ショートメールでご連絡いたします。)
を添えてお申込みください。

よろしくお願いいたします。


*前回の講習会で受講希望を伺っている方は名簿に入っておりますので、申込みは必要ありません。









また、以前に募集いたしました、シニフィアン・シニフィエの技術講習もまだ空席ございます。募集内容はこちらです。

今年で一旦この講習会を一区切りとさせていただきます。
志賀シェフの名古屋での講習会は最後となりますので、もし迷われていらっしゃる方いらっしゃいましたら
ぜひご参加をお待ちしております!




関連記事
スポンサーサイト


Category:パンコーディネーター | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2243-3cca7638