RSS|archives|admin

ぶどう畑へお手伝い。

2016.07.24 Sun
先日の灼熱の休日、ぶどう畑へ収穫のお手伝いへ行ってきました!

東海市の南の方にある久野井農園さんです。

ここら辺(東海市、大府市、東浦町)はブドウの産地。

今までも酵母に使用するブドウは地元東海市産のものを使っていたのですが、
今回、東海ワインになるブドウを育てている農家さんを紹介していただき、
自分で収穫させていただき、
そのブドウを使って酵母を起こし、まさに
東海市産のパン、っていうのを焼いてみようと思っているのです。



とてもとても暑い日。

1469017209472.jpg



東海市には醸造技術はないので、収穫したものを長野県のイヅツワインに持っていき、
ワインにしてもらうのです。


この日はデラウエアと。

1469017177374.jpg



ヒムロット。

1469017190874.jpg



30人ほどの方がお手伝いに来ていました。
みなさんもちろんボランティア。

私はこの日初参加でしたが、もう20何年も来ていらっしゃる方も。



ブドウのお値段が高い訳が分かりました!

農家さんって本当に大変!!(ブドウに限らずですが。)


みなさんこの収穫までにすでに何度もお手伝いに来ていらっしゃっていて、
小さいブドウのカタチになったころに、種なしにするために薬剤に2度漬ける。
そして少し育ってきたころに虫などにやられないように、白い紙をかぶせる。


収穫後は腐敗しているもの、ゴミなどを取り除く作業。


まるまる一日かかりました。

1469017236864.jpg






お土産にたくさーーんブドウをいただき。

早速酵母に。


水を入れただけなのに、ブドウの周りに気泡がすごい!!!

DSC05007.jpg

これは相当期待できそうだーーーー。





来月はリースリングとメルローと巨峰。

また行きます!


















関連記事
スポンサーサイト


Category:素材 | Comment(-) | Trackback(1) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2225-7fd63d61

デラウェアの収穫 2016

東海ワインは東海市産のぶどう100%から出来たワインで、1988年に巨峰を原料として誕生した白ワインが歴史の始まり もう少しで30周年なんです 東海市産のぶどう100%でも県外に委託醸造しているので通称ワイン法が施行されると東海ワインって名称は使えなくなる見込みです 毎年、海の日は2010年から参加させて頂いている東海ワイン(知多半島ワイン)の原料のデラウェアの収穫のお手伝い...
バナナカステラ案内所の名古屋な日々 2016.07.26 08:06