RSS|archives|admin

パン食セミナー始まります。

2016.06.06 Mon
明日のパン食セミナーに備えて。







今までのパンとワインのセミナーのリニューアル。

やっぱり初回は緊張します。
というかうまくいくか、時間通りに進むか、いろいろ不安ですが、
とりあえず明日のパンは焼き上げました。









高加水のカンパに。

DSC04741.jpg




蕎麦粉のパン。

今回のテーマはフランス北部なので、
ブルターニュ地方は蕎麦の産地。
ガレットが郷土料理ですよね。

りんごの産地でもあるので、
ガレットとシードルを合わせるのが一般的です。

DSC04742.jpg












ノルマンディーのパン・ブリエ。
別名航海のパン。漁師が航海に出るときに持って行ったパンです。
生クリームやバターがたっぷり。
オリジナルでメープルシロップを入れています。

DSC04740.jpg

丸い方のクープは初めて入れたけど、まあまあな感じに出来上がった。









かなり出来が悪いですが、
VIRON粉、ラ・トラディッション・フランセーズで焼いたバゲット。

この粉が採れるボース平野はパリの南あたりに広がる穀物地帯なんです。
良質の小麦粉が採れます。

DSC04745.jpg








ブリオッシュ・シュクレ。

ノルマンディーの地域ではさとうだいこんの栽培も盛ん。
日本のてんさい糖はあっさりですが、
こちらのてんさい糖(ヴェルジョワーズ)はとても味が濃く、こっくりとしています。

DSC04748.jpg

300年ほど前からある伝統的なお菓子、
タルトシュクレをご存知でしょうか?

このヴェルジョワーズを使います。




・・・・・焼き上げの写真を撮るの忘れたから明日撮ろう~~。









パテカンも作ってみたよ。
お味はどうかなあ??

DSC04669.jpg

あと、メインのお料理は明日仕上げます。










デザートも2種お願いしてあるし、楽しみ!!

彼女のお菓子、本当においしいんです!









実家の庭からとってきた。

DSC04734.jpg
DSC04737.jpg

うまく水あげできてうれしい。
今週は週末まで自宅レッスンないから、
生徒さんたちがいらっしゃるまで枯れないでほしいなあ。









関連記事
スポンサーサイト


Category:いとまゆパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2192-a8b6e8ca