RSS|archives|admin

メロンパンを考える。

2016.05.22 Sun
お久しぶりのメロンパンでした。



家庭製パンってさ、
ハード系をうまく焼きたい!
クープをぱっくり開きたい!
内層をぼこぼこにしたい!

ってハード系や高加水に拘る人が多いけど、
菓子パンだっていろいろ奥が深い。

DSC04509.jpg

メロン皮ひとつにしたって、いろいろな配合がある。
好みだけじゃなくって、
パン生地とそのメロン皮は合っているのか??
が重要だと思います。


私はザクザクのいかにもクッキーという生地の皮がスキだけど、
それはふわんふわんの生地に合うか?
といったらそうじゃない気がする。





だってぜったい食べにくいし、ボロボロこぼれて大変なことになるでしょ。
それにうまく持って帰らないと間違いなく潰れる。
そうするとメロン皮は見るも無残な姿に。




生地とクッキーの味のバランスって本当に大切。
食感のバランスもしかり。







AKOのメロンパンと
イーストのメロンパンは変えてる。

どれも同じでは合わないと思うから。

DSC04490_20160522212951c11.jpg

どちらもだいすき。

どちらも何度も試行錯誤して作った皮。

好みって人それぞれだから、生徒さんがどう思うか分からないけど、

気に入ってくれたら嬉しいです。






そして、メロン皮をかぶせるとどうなるか???
これは何気なく焼いていては気付かない。
いろいろお話いたしますね。






初心者の人が作ってみたいパン、ナンバーワンがメロンパンなんだってさ~。






もう一品はくるみバタール。

DSC04508.jpg







リリエンベルグお土産いただきました。

日向夏のケイク。

さすがのおいしさ。
間違いないです。
口の中で溶けました。

ここもいつかいってみたいお店のリストにもうずーーーーーっと入ってる。

DSC04510.jpg






オレンジトーストを久しぶりに。
これ夏にもいいよね♪

DSC04474.jpg












関連記事
スポンサーサイト


Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2185-6dec7174