RSS|archives|admin

オーブントースターで。

2016.05.17 Tue
以前に、オーブントースターで高加水のカンパの切れ端をチャバッタ風に焼いたら、
かなーりいい感じに焼けたよ!

って書いたのですが。









このたび。

デロンギを手に入れました♪

DSC04520.jpg
ブレーカーが落ちるので、熱源を分散。

ビストロでバゲット焼きつつ、
クイジナートはリビングで、
デロンギは和室。(笑)




デロンギはピザストーン付いてますが・・・
こちらは予熱に20分ほどかかる!!

なのでピザストーンは使用せず、予熱は5分くらい?
網の上にくっつかないアルミホイルを引いて、その上にドゥミバゲットの生地を乗せる。
そして上にもアルミホイルを乗せる。


蒸気はなし。
霧もなし。






同時に、同じ生地を同じ方法でクイジナートでも焼いてみる。

DSC04519.jpg






15分アルミを乗せて焼いてみて、その後10分アルミを取って焼いてみた。

こんな感じ。
DSC04525.jpg
左)デロンギ           右)クイジナート




デロンギの焼きが悪い!!!
想像と違う~~~。。。


実際、デロンギは温度調節220℃まで。
クイジナートは260℃まで。さらにBAKEの強弱がつけられるので、強で焼いている。


その後、デロンギで焼いたものをクイジナートで5分焼いてみたら・・・。

DSC04526.jpg

こんな感じに。







デロンギの熱量の悪さにちょっとショック・・・。
これでピザって焼けるの???
疑問。
だってピザって高温で焼かないと???
(ナポリピッツアの窯は400℃)
レッスンでも300℃で焼いているのに。。







デロンギの置く場所がなく、
和室に置いてあります。。。。








・・・断捨離をしつつ、またモノが増えるっていう・・ね。















あ、断面取り忘れ。


でもなかなかいい感じでした。










関連記事
スポンサーサイト


Category:いとまゆパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2182-d6f33e81