RSS|archives|admin

北海道記。(江別製粉㈱訪問)

2016.05.05 Thu
こちらはゆめちからの畑です。(こちらも片岡さんの畑。)

秋撒き小麦の為、そろそろ小麦色に染まっていきます。

DSC02641.jpg


ゆめちからは以前十勝で収穫を控えた畑に伺ったことあります。
収穫を迎える時期には小麦は黄金色に染まり、
小麦色とその名のとおり、見渡す限りの黄金色に染まるのだそうです。

それはそれは素晴らしい景色だそうです。

DSC02642_20160501133556111.jpg
↑ゆめちからはヒゲが長いのが特徴。









移動する途中に、トイレットペーパーの超ビックサイズのものが畑に転がっていました。

これはなんですか?
と伺ったら、
ロールベールといって
牧草を機械でまとめてプレスして、このようにロールにするのだそうです。
(白いカバーが被されています。)

DSC02643.jpg
牧草ロールは、1個の重さが約500~700キロ、直径約1.5メートルもあり、
これを牧場に持っていき、冬の間、牛のエサとなるんだそうです。

この牧草ロールの値段を聞いてびっくり!
5000円くらいなんですって!
安すぎやしませんか??






北海道ならではの光景です。




以前に、麦わらロールという
麦を刈り取ったあとの麦わらをロールにしている光景を目にしましたが、
こちらは牛の寝床になるそうです。












江別製粉㈱さんにお伺いしました。

DSC02666.jpg

工場見学をさせていただきました。

工場内撮影禁止だったため画像はありませんが、
いつも使っている小麦がどのように製粉されて、袋詰めされるか、この目で見ることができました。


小麦一粒で部署によって20種類くらいに分類される。
それを組み合わせていろいろな銘柄の小麦粉が出来上がる。



そうそう、全粒粉って一粒の小麦をまるまる挽いたものだと思っていませんか?

石臼挽きの単一品種ならそうなんですが、
「全粒粉」っていう名前で売っているものって、
製粉されたときに20種類ほどに分けられて、
それをいろんな小麦のあちこちの部署を組み合わせて集めて、それを全粒粉の成分と同じようになるように配合されているんですよ。












テストキッチンを立て直されたばかりでピカピカでした。

DSC02667.jpg




小麦を育てるには半年くらいかかる。

その前に、品種改良など相当な時間や労力を費やした方々が携わっている。

天候によって左右される収穫。

手塩にかけて育てられた小麦たちがやっと収穫を迎えて、

それがサイロ(乾燥室)に送られ、

製粉会社さんが買い取り製粉する。

そしてはるばる北海道から小麦粉として我が家へやってくる。


遠い遠い道のり。

大切に使わなくっちゃ。

たまにこぼしちゃったりするんだよね、もったいない。。。

きちんとおいしいパンにしてあげたいな。












そしてまちむら牧場へ。
直営店ならではのいちご牛乳や、ソフトクリーム、ドーナツなど~。
もう来たからには食べちゃうでしょう!

北海道いいなあ~!

DSC02655.jpg







丁度、札幌駅前に六花亭ビルがオープンしたばかりで立ち寄りました。
6階建てのすごいビルでした!

DSC02657.jpg






関連記事
スポンサーサイト


Category:はるゆたかの畑へ2015 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2174-eddbc74c