RSS|archives|admin

品種別。(DOMORI MAROU)

2016.02.13 Sat
ドモーリ!

マニア的にはハズせないお店。

なんてったって、リーズナブルな上に、カカオ別やフレイバー別のタブレットが少しずつ楽しめるのが魅力。

名古屋のサロショコはこれだけが目的。
(というか、買ってきていただいた。)



パンに塗る、チョコレートペーストも魅力。
うふふ。
あまりないから独り占めするか。

DSC03660_20160212130744612.jpg




で。食べ始めて気付いた。


写真撮ってなーーーい。






ヒドイ写真。。。

クリオロ種のショコラが6種。テイスティングセット。

DSC03700.jpg
プエルトマーレ      ジャヴァブロンド      カノアーボ
プエルトフィーノ      チュアオ         ポルセラーナ

どれもカカオ70%。
それぞれ個性あり、おもしろい~。

私はチュアオが好み。コクと旨み、甘さがよいバランス。
あまり酸味が強すぎるのが好みではない。

















以下、オンラインでお取り寄せしたもの。(サロンデュショコラ)
名古屋にぜんぜん来てなかった!


今年は売り場に一度も行かなかったな~~。











私の今年一番の注目株!

ベトナムのショコラ。MATROU



ベトナムでカカオなんて採れるの?って思うでしょ。
今、実は日本でも初の国産カカオが生育中らしいですよ。小笠原で。記事こちら
国産ショコラの製造も近い!
どんな味のショコラができるのでしょうね。








マルゥは、ひとつの産地のカカオからひとつのチョコを作る
「シングル オリジン」チョコレート。

DSC03681.jpg

・・・MAROUのHPより・・・



<青>DAK LAKダクラック 70%

ベトナム中部高原・ダクラック省産の選りすぐりのカカオだけを使用しています。長く続くスパイシーな味わいを楽しめる極上のチョコレートです。その折り重なった複雑な香りと味わいはチョコ好きを唸らせる奥行きがあります。赤ワインやウイスキーと合わせると最適。





<紺>TIEN GIANGティエンジャン 70%

メコンデルタの美しい自然と農村の景色で知られるチョガオ地区の無農薬で化学肥料も一切使わずに育てられたカカオだけを使っています。トリニタリオ種カカオ特の濃厚さとシナモンやハッカに似たスパイシーで深く複雑な香り、そしてフルーティーな甘さを味わえリッチなチョコレート。2015年国際チョコレート・アワードで銀賞受賞。





<赤>BA RIAバリア 76%

ベトナム南部沿岸に位置するバリア省の家族経営農園から直接買い付けたトリニタリオ種カカオだけを使っています。強いコク、スモーキーな香りとトリニタリオ種独特のフルーティな香りのある、非常に力強い味わいです。特にブランデーなどの強いお酒と併せるにも最適なチョコレート。強くリッチな香りのする高級リカーにも力負けしません。





<黄緑>BEN TREベンチェ 78%

メコンデルタに位置するベンチェ省産のカカオだけを使用しています。力強く濃厚な風味と、爽やかなフルーツのような酸味の絶妙なバランスをもつチョコレートです。ゆっくりと味わっていただくと、ドライレーズンやアプリコットのようなドライフルーツ系の風味を感じることができます。通好みの一枚です。




<黄色>DONG NAIドンナイ 72%

ドンナイ上流域で栽培されるカカオ豆から作られた、甘み、酸味、苦味の完璧なバランス、そしてまろやかな味わいとほのかにスパイスの効いたリッチな香りを楽しめます。通常、カカオは豆から加工されますが豆にする前の発酵・乾燥という工程でチョコレートの質と味は大きく左右されます。Dong Nai72%はポッド(殻)の状態から仕入れ、自前で発酵・乾燥を行った 、Bean to Barを超えたPod to Barチョコレート。





<水色>LAM DONGラムドン 74%

高原地帯のはずれ、自然保護区となっている鬱蒼としたジャングルの広がる地域で作られた 希少なカカオだけを使っています。 豊かな風味を持ちながらもしつこさの無い、プルーンのような後味がさわやかなチョコレート。






賞味期限がまだ先なので、ゆっくり味わいたいと思います。












そして、今年名古屋にいらっしゃらなかったフェルベールの
ジンジャーキャラメルスプレッド。

DSC03682.jpg

もう、高いけど買っちゃう!

だって、おいしいに決まってる!










そして、こちらおまけで。

HIークラウンのアソート。
思わずポチっちゃった~。

バレンタインはお祭りだもの。いいよね。

DSC03680.jpg

当分楽しめます~。








関連記事
スポンサーサイト


Category:お菓子 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2118-b6e70866