RSS|archives|admin

イタリアチーズに断捨離①

2016.01.25 Mon
今期のチーズセミナーはイタリアの会、全5回。


11月の2回目を諸事情により欠席してしまったので、お久しぶりのセミナーです。


今回は南イタリアの会、ということで、先生から
南イタリアのパン、タラッリを焼いて欲しい、とのことで、焼きました。



その数、50個以上。。


タラッリとは、パンというより固焼きビスケットに近いもの。
(イタリアにはグリッシーニのような、固焼きのパンっていうものが結構ある。ワインやエスプレッソと一緒にポリポリと食べる。ビスコッティも硬い。これは飲み物に浸して食べるから。)




仕込水はオリーブオイルと白ワインのみ。扱いにくい結構大変な生地。ひたすら成形。
成形だけで1時間はかかった。。。。(へとへと。。)





ベーグルみたいにボイルして長時間焼く。

出来上がりはカリッカリ!!!



プーリア地方ではフェンネルを入れるのが主流で、ちょうどオットの上司からインド土産で大量のフェンネルを頂いたところだったので、入れました。
爽やかで食感ポリッポリでおいしい!
これはいくらでも食べられる!

しかーーし、
成形が極大変なので、、、、作る頻度は低そう。。。。









さて。

南イタリアのチーズ。





左前より時計回りで

スカモルツア・アフミカータ
カチョカバロ・シラーノ・ビアンコ
ペコリーノ・サルド・マトゥーロ
ペコリーノ・シチリアーノ
バリロット・ディ・ブーファラ

1453612148505.jpg







モッツアレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ

シチリアレモンを搾っていただく。うまし。

1453612182787.jpg



ブラッティーナ
とろけるおいしさ。
カロリーも高いんだけど。

KIMG0025.jpg

賞味期限が非常に短くって日本ではなかなか食べられない。





カチョカバロは過熱してブラックペッパーを振るとおいしい♪

KIMG0028.jpg








そういえば、鰹節のように細かく削ったバリロット・ディ・ブーファラにドモーリの100%カカオのショコラを合わせて食べたら、新たな発見のおいしさだった。




ドモーリ・・・・サロショコで買いたいな。買えるかな~。
今回名古屋で狙っているのはコレだけ。










デザートはババ。

ババはフランスが発祥だとばかりおもっていたが(そういうお店が確かパリにあったような?)
オーストリアで作られたものがポーランド経由で、ナポリ、フランスに渡ったのだそうだ。

KIMG0029.jpg

ババやサヴァランには目がない。



こういうのもレッスンでやりたいんだけど・・・

どうですかね??














断捨離生活その①


今年一年で徹底的に断捨離しよう!の巻。



まず、ピアノ。
福岡の従姉妹に譲りました。

娘ちゃんが小学生になって、コンクールに出るようになったそうで、
今までマンションだから電子ピアノで頑張っていたんだけど、このたび差し上げました。

3年半放置してあった誰も触らなくなったピアノも嬉しいでしょうよ。

FB_IMG_1453274369683.jpg
(↑従姉妹のマンションに搬入後)

片付けるってモノに片を付けること。

もうこのピアノはウチではその役目を全うした。


そうそうすぐに買えるものではないしね。
(床の補強工事もしたし、当時長男が幼稚園の時にオットのボーナスをそのままこのピアノに変えたんですよね。だからオットは手放すのに躊躇していましたけど。)


息子たちも もしまたやりたいっていう思いがいつか出てくるかもしれないけど・・・
(今のところそれは皆無に等しい)

先のことは分からない、

あるかもしれないし、ないかもしれない、

使うかもしれない・・・と思うと処分できない。

このピアノは家で10年間、毎日息子たちが弾いてその時必要だったけど、今は必要ではないのだから。




いろいろ思いはありますが、
息子たちがきっぱり未練ない!って言いましたので。




6年生でショパンのノクターンを発表会で弾きました。でも今はエリーゼもムリだと思う。






・・・・断捨離は続く。











関連記事
スポンサーサイト


Category:パンとチーズ | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/2103-5d72b049