RSS|archives|admin

終了いたしました!

2014.12.19 Fri
今年のクリスマスレッスン、すべて終了いたしました。
ありがとうございました。



昨日は雪がすごかったですね、名古屋は。
家のあたりも20センチほど積もっていたんじゃないかな。

今日は昨日の雪の影響で名古屋高速を始めあちこちで高速道路が閉鎖されてしまったため、
レッスンにいらっしゃるのに随分時間がかかってしまった生徒さんもいて、
申し訳なかったです。。。(家から4時間かかったそうなんです。。)








今年の栗シュトレンは未だかつてない多数の申込み者で多くの方をお断りしてしまい、
大変心苦しかったです。。

そして今年はなんとキャンセルが一人もでなくって!(こんなこと初めて!!)
キャンセル待ちをたくさんの方されてたんですが・・・。



また来年、どうぞよろしくお願いいたします。

DSC01452.jpg

自分自身、栗が大大大すきで、
手前味噌かもしれませんが、
これ以上のものはできないと思っています。

完成するまで3年。
やっと満足いくものができました。


試作をしているときって、あれもこれもアイデアが浮かんで、
こうしてみよう!ああしてみよう!って溢れてくるんだけど、
これだけは違った。



栗が好きなあまり、妥協がまったくできなくなっちゃって、出来上がっても、まだ違う、まだ違う・・
って思ったような仕上がりにならなかった。





そういった意味で、今私が持っているすべてを出し切った感じです。
いいものができた。
おいしいと思っていただけたら幸いです。

DSC01377_201412192210388b4.jpg









稀に自分の容姿だとか持っているものだとか、子供のことだとか褒められることがあるけど、
素直に喜べなくって、
受け入れられないのだけど、
(逆にただのお世辞ではないか、本心でないよね、と疑ってしまう。。)
パンを褒められると素直に喜べる。

不思議。




パン・ペイザンもたくさんたくさん焼いた。
でも毎回ちょこっとずつ表情が違う。
パンってやっぱり生き物。
DSC01449.jpg
途中からERが新粉に変わり、随分と扱いがよくなり、窯伸びもするようになった。

このパンもかなりのお気に入り♪










250℃で焼き続けちゃって焦げちゃったのもあったけど。
それがまたとってもおいしかったよね!!
DSC01410_20141219220929ba7.jpg
失敗から学びはある。
必ず。


高加水は高温焼成がやっぱりおいしくなる。






もっとお話ししたいな~と思っても時間がきちゃうんだよね。
DSC01450.jpg
いつも楽しい試食時間をありがとう!












今年はシュトレンをお取り寄せしてみました。
大尊敬して止まない、北海道のまどかさんのシュトレン。こちらも栗です。
DSC01360.jpg
センスも抜群!

料理ってやっぱりセンスだと思う。

私のはイースト、お菓子タイプ。
まどかさんのものは自家製酵母の伝統的なシュトレンをベースにした感じ。
わたしのとはまた違っておいしいです!


実はシュトレンを自分で欲しくって買ったのは本当に久しぶり。
いつもいただいたり、(SSのも志賀さんから毎年いただいているんです。感謝!)
生徒さんがお土産で買ってきてくださったり。

数年前のシュトレンのマイブームも落ち着いて、それほど食べたいとは思わなくなった。
(以前はいたく食べ比べとかしてましたもの。10種とかヘーキで。)







今日の最後のレッスンに
おいしいおいしい葉月のわらびもちをいただきました。
とゥるん とゥるん!!!

DSC01460.jpg

一気に疲れがふっとびました。

とろける~~~~。






さて、クリスマスレッスンは終わったのですが、
まだ市民大学や
ペコロスや、
原稿の締切りがありますので、
ひきつづきがんばります。












関連記事
スポンサーサイト


Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1878-102adaec