RSS|archives|admin

Bon Painがたくさん!!

2014.11.23 Sun
先日、びっくりなパンの小包が届きました。




突然のことでびっくりと、
そのパンの量にびっくりと
そしてクオリティーの高さにびっくり!
そしてそして、あまりのおいしさに本当にびっくり!!!

DSC01219.jpg
(自家製スイーツパプリカも入っていました。)
ちょうどレッスンの最中に届いたんで、中身はパン、と書いてあったので、生徒さんたちと開けてみたんですね。



うわわわわーーーー!!!!

なんですかー!!この超おいしそうなパンたちはーーーー!!!



始め、送ってくださった方の手紙をさーーっとナナメ読みしてしまって、「おすそ分け」って書いてあったんで、
ご自分の好きなパン屋さんで買って、わざわざ送ってくださったんだ~。
って思ったのですね。





で、生徒さんたちが、どこのお店のですか??
っていうので、

えっとね、えっとね、
とお手紙を読んでいったら・・・・・






なんと手作り!!
自家製!!
しかも
家庭のオーブンで焼いている!!!


もうほんとにびっくりして、
(この時点でレッスンのパンはどうでもよくなり・・・)

この日の生徒さんたちと山分けしました!!

せっかくですもん。
おいしいものは味の分かる人たちと分かち合わないと!!
(というより冷凍庫パンパンで入る余地もないし、一人で食べるには勿体なすぎる。。)




カットしてみた。
DSC01240.jpg
ものすごいいい香りが漂う。

パンの香りは水分中に存在する。
高加水なんだ。



いろんなパンが入っている。
数種の酵母を駆使して焼かれたとてもいい顔をしたパンたち。







●パン・オ・セーグル(サワー種)
ライ麦100%
DSC01215.jpg
ライ麦の粒とフロッケン(押し麦)入り。それが餅麦のような食感を出し、もちもちとしてとてもおいしい。
加水も多い。
ライ麦の酸味はほとんどなく、かすかに感じる奥深い酸の味わいが
ライ麦の甘味の中から滋味深く感じられる。
非常に奥行きのある味。





●パン・ド・メテイユ(上)レーズン種+サワー種
●パン・オ・セレアル(下)ホップ種+ルヴァン種
DSC01230.jpg
メテイユとはライ麦50%小麦50%のセーグルのこと。
まず見た目が売り物同然!
よーーく焼き込まれたクラストの焦げる寸前のキャラメル化したところが非常に香ばしく旨みがある。
ライ麦が新鮮なんだろう、
ライ麦の重さを感じられない。
そしてライの持つ独特の穀物臭もない。
非常に食べやすい。


セレアルはこの中で一番好み!!
雑穀とシードがたっぷり。そしてかなりの高加水。
瑞々しい気泡がカットの断面に主張し、ひと口噛むと、じんわりと小麦の甘味のなかから水分があふれ出るような、そんな味わい。
縦伸びした気泡はホップのお陰。
こんなパン、私も焼きたいなあ。








●ブリオッシュ(左下)ホップ種+レーズン種+ルヴァン種
●パン・ド・ミ(右)ホップ種+レーズン種
DSC01232.jpg
発酵バターが香るブリオッシュ。
口どけがとてもよく、若干重めの生地を少しずつ口に含むと溶けるように滑らかなバター風味がふわっと広がる。
ルヴァンの爽やかな酸味が発酵生地のもったりを取り去り、
どれだけでも食べられる。

のびのびとしたパン・ド・ミ。
ホップ種の特徴を生かすパン。
軽くトーストするとクラストのややヒキのあるバリバリが非常においしい。
クラムも軽すぎなくもっちり、とても好きな食感。
私はこういう食パンが一番すき。
SSのパン・ド・ミの食感に遠からず似ている。
発酵バターとはちみつでいただいた。しあわせ!!










●パン・オ・ルヴァン(上)ルヴァン種
●フィグ・ノア・カレンズ・オランジェ(下)レーズン種+ルヴァン種
DSC01231.jpg
このルヴァン、もちろん味もおいしく驚きなんだけれども、
すごーーーく大きいんです!!!
まさかこれを家庭のオーブンで???
いやいや、ムリでしょう~~???

・・・と思ったのですが、聞いたら家庭用の電気オーブンの天板いっぱいサイズに焼いたそう。
下火もしっかり入っているんですよ!



フリュイのパンは間違いないでしょう!!
このパンがおいしくないっていう人いるの???





セレアルの断面。
このたっぷりと水分を含んだ発酵の軌跡がわかる気泡みてください。
DSC01236.jpg
ルヴァンの断面。
DSC01237.jpg

加水が多い=高加水ではない。

加水が多く入っていて、尚且つきちんとグルテンの中に水分が存在し、発酵したものを高い加水という。
前者はでんぷんの塊でしかない。





そして
ブリオッシュ・マロン
フィナンシェ
DSC01248.jpg
自家製マロングラッセをダマンドと包んだもの。
もう、おいしすぎ!
はい、もちろん独り占め!(笑)
ほんとにほんとにおいしい栗だった。
栗の甘味を生かしたマロングラッセ。

フィナンシェのプードルは自家製ですよね?
かなり粒度が粗く、素朴な感じのフィナンシェ。手作り感満載。
ほっこりするお味で丁寧な仕事が伺えました。






嬉しさと驚きをそのまますぐに伝えたくってすぐにお電話しました。

ルヴァンを除いてはすべて前日の朝に焼き上げたそう。
しかも東芝の電気オーブン一台で。
すごすぎる。

・・・もう、「うち、オーブンが悪いんで」っていう言い訳は神話にしか過ぎない・・・。







ピエロさんは←生徒さんがそう呼んでたので。
以前少しだけパン職人をしていたらしいのですが、
今は事情があって違う仕事をしている人なんですね。
でも、いつかパン屋を開きたい!って。



先日の志賀さんの講習会に参加してくださった方なんです。

今はお家でパンを焼いていらっしゃる。





うんうん。
こんなにおいしいパン、
たくさんの人に食べてほしいな。

いつかゼッタイパン屋さん開いて欲しいよ。





久しぶりに、心からおいしいと思ったパンを食べました。
ありがとうございます!

パンってやっぱり人をしあわせにしますね。


パンのご縁に感謝です。




直筆のお手紙。
お人柄が表れています。
DSC01239.jpg









そして、あまりの興奮に、
生徒さんが持ってきてくださった非売品のクッキー(カフェ・タナカのお取り寄せ、婦人画報でやってたやつ?)をお分けするのを忘れました。。
ごめんなさい。
DSC01241.jpg


関連記事
スポンサーサイト


Category:いただきもの | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1864-f6007fc4