RSS|archives|admin

カンパーニュの水分比較。

2014.09.22 Mon
やっとお花が飾れる気温になりました。



どんどんとお部屋の温度が上昇するので、夏の間なかなかお花が飾れなくって。。。
蘭も枯れました。。。(お中元とお歳暮で年に2回いただくんですが・・うちの室温でなかなかいい風に保てません。。涙)








秋は実の季節ですね。

お花ってタイミング。
たまたまいい子たちが揃っていたので、気に入った子たちを連れて帰ってきました。
9月の花
左から3番目のフラワーベース。
ステキでしょ。
これとってもセンスある生徒さんが辞めるときにプレゼントしてくださったんです。
scopeのものです。
このフラワーベースが9月末までセール中♪欲しい人はぜひに。





ただいま落ち着いた玄関になっています。
生徒さんたちをお待ちしています♪
9月の花1











先日のパンとワインのセミナー@キッチュエビオ
カンパーニュの水分比較。

50、60、70、80の水分を変えて。
うちの酵母種は80の水分なので、かなりゆるいです。

DSC00902.jpg
結局は好みの問題なので。

水分って入ればいいってもんじゃない。


入れようと思えば製法や粉を変えれば、100%以上だって入る。
でもそれがおいしいかおいしくないか、
その人の好みか好みじゃないか、っていうのは別で。

水分入ってもデンプンの塊になっているものだってあるし。
うまく水分が抜けていないと。



パンにもよるだろうけど、私はカンパはそんなに高加水じゃない方がスキだな。





こちら80%。
DSC00904.jpg



断面。
カンパーニュの水分比較




水分70で、フィリングがたっぷりなのがだいすき。
ワインの会にはこいういうのが喜ばれます。
DSC00903.jpg


クープ開いちゃったダメダメな子も。。。涙。。
(しかも片方しか開いてないやん。。)

DSC00905.jpg


みんななぜカンパーニュにクープを開こうとするの??
カンパーニュの意味って分かっていますか??

見た目がいいから??


ものすごく老化が早くなっちゃうのに。。。





加水を少な目にしたり、ホイロを若めにとれば、必ずクープって開いちゃいますよ。


また教室でお話しますね。



・・・・・・・

日清製粉グループのサンドフルライフ今月のレシピ提案をさせていただいております。

今月はちびっこ向けのサンドイッチです。よろしかったらご覧くださいね。どうぶつサンド。こちらです。




関連記事
スポンサーサイト


Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1838-5d557fc7