RSS|archives|admin

ご褒美。(壺中天)

2014.08.14 Thu
アルキオーネと近いアップで
またー、いとまゆさんいいもの食べてばっかで!!
・・って思われがちなんですが、



アップしていなかっただけで・・・



2~3か月に1回くらいしかちゃんとしたディナーに行ってないんですよ。



やっぱり勉強ですね。
おいしいものを食べたい!っていう欲求よりも
どんなデザインでどんな食材を調理しているのか、
またサービスの仕方とか盛り付けのセンス、
器や家具や椅子や、活けてあるお花や。
そのお店の空間や、接客、
ほんとうにいろんなことが勉強になります。


それと自分へのご褒美。
いつも頑張ってるもーん!(と言い訳)





やっぱりおいしいものを作るにはおいしいものを知っていないとダメだと思ってるんですね。
同じパンを見て、あ、真似しよう~、って思うより、
お料理や違う世界の画であったり、和菓子であったり、そういったものから得るものは大きいです。







ずっとずっと行きたいと思っていたけど、
なかなかハードルが高くって行けませんでした。

壺中天さん。

実はヤマザキマザックに移転してから初めて。
(といっても急店舗も一度しか伺ったことないんですけど。)



ちょっとお値段高めなので、ハードルが高くって・・・


行けないでいました。






まずはベリーのノンアルコールで。
DSC00580.jpg


アミューズは
マンゴーのぷるぷるとサクラエビのカナッペです。
DSC00581.jpg
このマンゴーって先日のアルキオーネのイチゴとなんとなくかぶりますね。

こういうの、プロの技です。



やっぱり自分で出来ないものは外食した意味があると思う。





プティバゲットがでてきました。

このパン、おいし~~~い!!!
DSC00583.jpg
聞くと、自家製ではないものの、特別に注文して焼いてもらっているそうなんです。
群馬のパン屋さんに。
へえ~!

そして、こちらのマダムはパンをやっていらっしゃった方だったんです!
しかもかなりの腕だと思われます。
フランスに行かれ勉強されて。

武豊の長澤さんのお友達!

びっくりでした。



こうやってパンをプティパンとして出してくれるところって、本当にパンにも気を配ってるレストランです。
バゲットや大きなフォカッチャのようなものをカットしているところは、
いくらでも追加ができるのですが、
(何個にもカットは自由)
小さなプティパンはそのお客様のために焼かれたもの。
個数はきちんと用意していないといけません。

自家製で焼かれたものが多いですね。
ロブションとかタテルヨシノがそうでした。







七面鳥のガランティーヌと、フォアグラのポワレ
DSC00585.jpg
文句なしにおいしい!




手長海老とアナゴのムースリーヌを、軽いアンチョビのジュで。
DSC00586.jpg
このアナゴがとてもふんわりでおいしくって。
変な臭みみたいなのは皆無です。
軽い一品ですが、素材のバランスがすばらしいです。




チャバッタ?リュス?
先ほどのプティバゲットと同じ生地です。
DSC00587.jpg




本日のお魚。
紫蘇が効いていて、夏らしかったです。
DSC00588.jpg





そしてメイン。

うずらの詰め物のコンフィ。
DSC00590.jpg
あとで知ったのですが、こちら、シェフのスペシャリテだそうです。
お腹にミンチになった詰め物が入っていて、皮目はパリっと
中はとてもジューシー。
おいしいです♪




デザートはメロンのジュレにしました。
DSC00593.jpg



コーヒーと小菓子をいただき、ごちそうさまです。
DSC00596.jpg




サービスの方がすばらしくよかった!

さすが一流店ってかんじ。
お高いのも納得。
また行きたいな。
それまでまた頑張らなくっちゃ。






仏蘭西料理 壺中天

名古屋市東区葵1-19-30 マザックアートプラザB2
052-508-8850
Lunch 11:45~13:00(LO)※15:00 close
Dinner 18:00~20:30(LO)※23:00 close
定休日月曜、第3・5日曜 他 不定休あり
関連記事
スポンサーサイト


Category:外ごはん | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1818-faa41b5f