RSS|archives|admin

あまい年末。その2。

2013.12.26 Thu
お待たせいたしました!(誰も待っていないかも。。)


その2です。



こちら、ポルカさんのパンドーロ。
パン・ドーロ(ドール)のドーロとは金という意味です。




黄金のパン。

その名のとおり、卵黄とバターがたーーーぷり!!!
この断面、黄色さはヒヨコかパン・ドーロか、といったところ。

001_201312262217197ed.jpg
このあたりでパンドーロってドンクさんくらいしか見たことないんだよね。。

ポルカさんもたしか週末しか置いていなくって。
超貴重!なパン。

この型がね~~、高いんだよね~~~。
だから私も焼いたことない。

これはイタリアのビガ種を使うのだけど、パネやブリオッシュとまたゼンゼン食感が違ってね、
ホロホロ、もろもろ、
そう、決してパサパサではない、もろい食感のサンドケーキみたいな?
そんな食感のパン。



グルテンが切れている状態なんだな。

それが、一歩間違えばパサパサになってしまうのだけど、
さすがはポルカさん!

口どけすばらしいパン・ドーロ。

以前もいただいたことあるんだけど、さすがにおいしい。

私もいつかやってみたい。













そしてシュトレン。


こちらはパティスリー・イナムラショウゾウ。

007_201312262217219cc.jpg
これ、実は以前にいただいたことあります。
いかにも老舗パティスリーっていうパッケージ(包装紙できちんと包装していあって・・それもお箱と同じプリントの。)
パン屋とは違う品格を感じる。



これね、東京の友人が、
イチバン好きなシュトーレン!!!
だそうで送ってきてくださったんです。

これ以上のものに出会ったことがない。ってその方談。



オーソドックスなレーズンとピール。
マジパンは生地に練り込んであるタイプ。
ヴァニラシュガーが香ります。

隅っこのガリガリがとてもいい食感。
ショートニングが入っているせいでしょうね。


実は・・・私以前ににも同じものをいただいたことあって、2回目なんですが・・・
ぜんぜん印象がちがいました!!

前回は、そんなに感動がなかった。

でも、でも、今回は改めて味わってみて・・
すごーーくおいしい~~と思った。

いろいろさんざん食べてきて、またその当時の味覚と変わったかもしれません。
たしかそのときは一気に10種くらいのシュトレン食べてたから、何が何だか分からなくなってた可能性もあります。
冷静に判断してなかったかも。



びっくりだったのが、ラップにつつんでなかったこと。
お箱にそのままでーーんと入れてあるだけでした。
乾燥してほしいのかな?

材料もなんてことない、オーソドックスなものだけど、すごくおいしかった。


これ、クセになるね。
ほんと。
わかる、イチバンすきっていうの。




















こちらはパンとワインのセミナー@キッチュエビオで
受講者の方の持ち寄り。

へ~~、こんなシュトーレン、ツオップさん出していたんだ~~、
チョコのシュトレン。
しっとりなタイプです。
大きい。フィリングは控えめ。
018_20131226221718a14.jpg
・・・と思っていたら、
これって、オールアバウトで限定300本で売り出したレアもの!だったんです!





ありがとう~~~!!


別添えされてたココアがいいな。
泣いちゃうからね、ココア。

私も来年はロッソのストロベリーをこうやって別添えしよう!




いや、ツオップさんのシュトレンね、1本で5000キロカロリーを若干切るくらいなんだって!!
(でもそれはプレーン。このチョコだと5000オーバーだと思われ。)
ひときれで・・・うーーん、考えたくない。。軽く一食分??



非常食にいかが??
または雪山用。
















そして渋谷のフラッフィー
スドウ。
006_20131226221716bc4.jpg






フラッフィーはかなりの個性派。

りんご?のねっとりした餡のような?りんご餡かしら?
それにかなりキツメのスパイス。
生地も固くって・・・

007_201312262238356aa.jpg
私はキツメのスパイスが得意ではないので。。。
うーーん。

これ結構ショーゲキ。











こちらはスドウ。
すごい雪崩!(笑)
008_2013122622383428e.jpg
こちらもね~、めちゃおいしいよね~~、
いただくの2回目だけど、
ざっくりの生地に、王道のナッツとフルーツ。

これね、すっごーーく重かった。
漬物石みたいな。(笑)




この間書いたんだけど、焼いた時に、生地中に空気をいれない作り方=膨らませていない
のだと思う。空気が入るとそこから老化が始まり、味が落ちるから。
たぶんそうじゃないかなあ。














あと、これカットしちゃったんだけど、関のペイザンさんのもの。
レシピは先代のもの。

005_20131226221717a7e.jpg
息子さんに代が変わったのだよね。

でもね、でもね、ちょっと残念じゃない??

フィリングと皮生地の間に空気が入っちゃってて、カットしたら全部皮が取れちゃったの~~。しゅん。。

シェフは小淵沢で石窯パン屋さんをされているので
(雪がすごいらしいです。パン教室もやっているって。薪ストーブ炊いて。)
スタットレスで大丈夫!という方は遊びに行ってあげてくださいね!

ベッコフなんかの鍋料理もいただけますよ。









                    そしてまだつづく。




関連記事
スポンサーサイト


Category:いただきパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1706-5428b523