RSS|archives|admin

また塩。

2013.09.15 Sun
台風きていますね~。


3連休。

・・・気付けば3連休でした。

なんだか一日があっという間で時間をうまく使いたいんだけど、
時間に使われています。


今日は男性の市民大学だったー。
なんかバタバタしてて、写真一枚も撮ってなかったよ。とほ。

市民大学はね、毎回ほんとに大変なんだけど(いろんな意味で)
生徒さんたちの素直さというか従順さ?
そういう空間にね、ほんと癒されます。

最近は皆さん早く来てくださっていろいろ手伝ってくれたりね。
うれしい。







自分の親以上の年齢の生徒さんがね、
先生、先生って
恐縮ですよ。。


楽しい時間。
来週もまたお待ちしていますね。
















先日の講習で。

塩の意味。
塩の分量って私はいつもレシピを作るときにすごく重要視していて、
キホン砂糖と反比例するように作っているのね。(例外もあるけれど。)

塩ってさ0.1%違っただけでも、パンの味に左右されるもんね。

レシピ見て、塩の分量を見て、なぜその分量なのか?って
いつも思っちゃう。


作り手の意図があるのだろうけど、
塩を重要視していないレシピ(または、だいたい塩っていつもその分量のレシピ)
ってきっと焼き上がったパンもぼやけている味だと思うんだよね。



塩、ちゃんと見ていますか?


塩の種類にも拘っていますか?


ハード系にゲランドを使うのはなぜだろう??
って堀田さんに聞かれた時に、
思っていることをうまく答えられなかったのだけど、
言いたいことは伝わったみたい。


なかなか学生時代みたいに当てられたり、意見をする場面って大人になってそうそうないもんね、
特に会議とかしない主婦なんかは。


改めてきちんと聞かれて、自分の思っている理論、りくつを自分のコトバとして答えようとすと、
頭使って本当に勉強になります。


004_20130915232716c20.jpg

パンってさ、作っておわり、
作って、ハイ、できました!

もいいんだけど、

理論やりくつが分かるともっともっと楽しいし、おいしいパンが焼けるよ。

そう思う。


とかく、人に教えるという立場なら尚さらだと思う。




どうして
ブリオッシュ
菓子パン
バゲット
の塩の分量って違うのか分かってパン焼いてますか??







関連記事
スポンサーサイト


Category:素材 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1658-6dd7a248