RSS|archives|admin

前田農産さんの畑へ。

2012.08.21 Tue
ベーカリーキャンプの続きです。


十勝、帯広に移動し、キャンプイン。
一応、こちらがメインなんで。(というかプチ旅行が内容濃すぎ。)
180.jpg






本別町前田農産さんの小麦畑へ。
わたしも今年で3度目となりました。

今年は訪れた時期が早めなので、青々としています。
例年は7月末で刈り入れ直前。
壮大なる小麦色。小金色の小麦畑が広がっているのですが。
195.jpg



わたしがベーカリーキャンプに参加するきっかけとなった
「国産小麦を実際見て触れて学ぶ」です。




自分が使っている小麦がどのような状態で育てられているのか一度この目で見てみたかった。
たったそれだけの理由で、2年前一人で十勝まで行きました。
そこでパンの仲間と出会い、志賀シェフにもよくしていただき、
あのとき思い切って参加して本当によかったと思います。





農家さんって「大変」って思うんだけど、
前田さんは違います。
「スゴイ!!」
この一言に尽きます。

とにかく熱い方です。
小麦に対する熱意が。




ご自分で製粉までしてしまうのです。
183.jpg


前田さんの話を聞いていると、こんなに想いのつまった小麦たちを、最終的にパンに仕上げるパンを作る人たちはすごく責任感ある仕事だと思う。
こんなに大切に育てられた小麦。
おいしくするのはパンづくりにかかっている。





前田さんは今年ゆめちからの畑でミステリーサークルなるものまで作られました。
これはメディアでもとりあげられ、ヤフーニュースとかにも載ったんです。
すごいよね。


いろんなやり方で国産小麦をアピールしていらっしゃるのです。
211_20120820220041.jpg




ここでピザを焼いていただき、
205.jpg


ランチ!
おいしいにきまってる!!
207_20120820220042.jpg





国産小麦の期待の星、超強力粉、ゆめちから。
ほら、ヒゲが長いんですよ。
191_20120820215900.jpg



このあと、技術講習で志賀シェフが
前田さんのキタノカオリと、そうでないキタノカオリでチャバッタの焼き比べをしてくださったのですが、
どうしてこんなに味が違うの??
というくらハッキリと味の違いが分かった。
あまいんだよね~。

ほんとにビックリ。

何が違うんですか?
と聞いたら、
土壌が、土が違うんだよ、と教えてくれた。


SSにも前田さんのチャバッタあるし、
ブラフベーカリーにも前田さんのパンドミあるよね。

使っているのには意味があるんだ。






私も取り寄せました!
お値段はやっぱりかなりするんだけど、こんど研究クラスでやってみようと思う。
こちらのお店で買えます。
おたのしみに!






毎日触っている小麦。
知らないことはいっぱい。
こうやって、小麦の育つ様子をひとつひとつ教えていただくと
また違う目線で小麦と向き合うことができるよ。
そしてきっとそれがパンのおいしさにつながるんだろうな。


小麦が大切に育てられている姿を目の当たりにし、
よくおばあちゃんが昔言ってた、
「ごはんつぶを残すと目がつぶれるよ。」

これって小麦にも当てはまるなあ~って。




野菜は「顔の見える生産者」って最近あたりまえだけど、
小麦もそういう時代がきたのかなあ、って思う。








関連記事
スポンサーサイト


Category:ベーカリーキャンプ2012 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1454-cb2261a9