RSS|archives|admin

パンをシェアする会。vol.5 「SSのパンとワインを愉しむ会」

2011.11.22 Tue
・・・今日のブログ長いですがおつきあいください。・・・



11月20日に「パンをシェアする会 vol.5  SSのパンとワインを愉しむ会」をさせていただきました。

とうとう、とうとうこの日を迎えました!!
スペシャルな一日でした。



なんてったっていつものパンシェア会とはわけがちがいます。
志賀シェフがわざわざお越しくださり、パンの説明を自らしてくださるのですから!!
なんと贅沢な!!








ことの発端は、北海道のベーカリーキャンプでシェフにお世話になりまして、
その時に、
「イベントとかあったらぜひ呼んでくださいね!」
と言われ、
えええええ~~~~~っっ!!!!
(わたしが懇願したんじゃないんですよ。シェフ自らおっしゃってくれたんですよ!←ここ重要)
ほ ほんとですかっ??!!
名古屋に帰ってきて、すぐに礼状を書き、シェフの気が変わらないうちに(笑)アポをとり、企画したのが7月、それから指折り数えて4か月。




募集をしたら大変多くの方たちの応募があり、(通販は名古屋がいちばん多いらしいです。ファンがものすごく多いってことだね。)
限定人数しかお招きすることができませんでした。ごめんなさい。
SSのスペシャルなパンとシェフのステキなトーク、そしてパン好きさんたちの一体感であっという間の夢のような2時間でした。


今回、他県からの参加者はもちろん、江別製粉(北海道)、粉関係、パン業界からもお申込みあり、大変盛り上がりました。ありがとうございます。




みなさんのおかげで、イベントは大大大成功。
すばらしかったね。
シェフをはじめ、アシスタント・お手伝いしてくれた生徒さんたちや、ワインをお願いしたスタフォーの篠原さん、そしてパティオのかなさん、参加者のみなさま、
本当にいい方たちばかりでみなさんのお力添えで大成功。しあわせでした。





なんといってもすばらしいのはパンだけではありません!
おいしいパンの説明がリアルに聞くことができ、
さらに、技術製法、粉やレシピ、そしてシェフのパンに対する考えや持論、またパンから外れた意外な一面を垣間見る場面も。
パン業界では神のような方ですが、とても気さくで穏やかで、腰がひくく、ぜんぜん偉ぶっていないところが、ほんとにすごいと思う。
そんなところもシェフの魅力。




そんなシェフの穏やかな雰囲気に終始つつまれながら、
司会進行のわたしをフォローしてくださいつつ、シェフの和やかなお人柄で柔和な雰囲気に包まれていました。
ほとんど2時間シェフはしゃべりっぱなしでしたね。
たくさんのことお聞きできました。



この日限定パンもありました。
ジュエリーレーズン、ほおずきジャム。そして11月水曜日限定パンのきなこ大納言。
それだけでもレアもの。
こんなの食べれてしあわせ。
占めて10種のパンたち。
生地ベースでバラエティあふれるラインナップでこの10種でSSのパンがだいたいが分かります。
おいしいっていう言葉以外みつかりません。



もうおいしいったらない!
どう表現したらいいの??






こちら総額○○万円なり!の高級食材もびっくりな。
017_20111122195525.jpg


酵母の香り、乳酸菌の香りが主張する。
日本一のパネットーネ。
これで焼いてから2週間たっているのに。すごい。この主張感。
014_20111122195519.jpg


ペイザンの洞窟に遭難。ふふ。
011_20111122195525.jpg




シェフはこの日徹夜でパンを焼かれていらっしゃいました。
ほんとにタフで体力あります!
寝ていらっしゃらないのに、その後、2次会3次会と進み、2時から6時まで寝て、また7時から打合せが入っていたらしく。脅威の体力。


お話の中で、シェフはやはり相当の努力をされたと伺いました。
当時1日2~3時間睡眠だったそうで
その積み重ねがあったからこそ今があるのですね。








先月の10月でシニフィアン・シニフィエは5周年を迎えられました。
おめでとうございます。

オープン当時は
あの志賀シェフがとうとう独立された!!
と業界誌はこぞって取り上げ、パン職人の間でも、もう行った?とかいう話で持ち切りでした。

わたしが初めてSSのパンを食べたのは4年半前のモバックの帰り。
オープンして3~4か月の頃です。

スタイリッシュにまとめられた店内に、極上のパンたちがかっこよく並び、
パン屋とは思えない空間で、チーズもワインも楽しめる、衝撃的なパン屋だったことを覚えています。
衝撃だったのは、もちろんパンのおいしさも。
それまでおいしいパンはたくさん食べていたけれど、ここのパンは一線を画した、とびきりおいしい!
一気にファンになりました。
これ以上のパンはもう他にありません。
それから何度お店にお邪魔したことでしょうか。
何度パンをいただいたことでしょう。
おそらく20回以上は伺っています。
さらに、日本橋高島屋、渋谷東急フードショウ出店、JR高島屋のパティスリー・ブーランジェリーコレクション、高島屋の催事、そしてお取り寄せを含めると、もう数えきれません。




どうしてシェフのパンはこんなにおいしいのか?
その製法を知りたい。
レシピはどうなってるの?
シェフのパンに対する考えをお聞きしたい、

少しでもおいしいパンのヒントが知りたく、
技術講習会や、セミナーやイベントにも参加させていただくようになりました。
(もうこのへんで、完全にストーキングしてるよな~。。笑)


さらに北海道のベーカリーキャンプにまで参加し、
(これってもうストーカー太鼓判。笑)
まあそんなこんなでシェフに顔を覚えていただきお話するようになり、
「すごく熱心なんだけど、いとうさんは何をやってる人なの??」
と言われまして。。 まあそんな感じでよくしていただいています。







シェフが出版された「酵母から考えるパンづくり」
この本、買ったばかりのころは、ぜんぜんパンのこと分かってなくって(いや、今でも分かってないんだけど)書いてあることが難しすぎてちんぷんかんぷんで・・。
でもやっと最近理解できるようになりました。



これ・・高島屋でシェフのトークショーがあったとき持って行って書いてもらったの。
061_20111122220130.jpg




11/25にまたシェフがレシピ本だされます。
先行販売してもらいました。もちろんサインつき♪
028_20111122195518.jpg
ついでに、わたしのカレンダーも売りまして。。。
シェフにサイン書いてお渡ししました。(なんつー度胸!)






あんなに雲の上の人だと思っていた方が
自分主催のイベントにいらっしゃってくれた。
もうほんとに、胸がいっぱいです。感謝です。







シェフ、夢のような時間をありがとうございました!
来年もおまちしています!!
015_20111122195525.jpg




いただいた♪むふ。
052_20111122220129.jpg




次の日、名古屋駅までシェフをお見送りして、フツーに高島屋~JR歩いていましたが、パンマニアってやっぱりあまりいないんだね。
誰も気付かないな~~と思っていました。
まさかの2ショットでした!笑。




関連記事
スポンサーサイト


Category:パンコーディネーター | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1290-25e3e509