RSS|archives|admin

おめでとう。(イザーレ・シュウ)

2011.03.29 Tue
東北地方太平洋沖地震の現地での大変な様子、テレビでみるたびにいつまでこの大変さが続くのだろう・・・と思います。

いろいろなところに影響がでていますね。
わたしの材料もあれこれ。。

感謝して日々生きなくては。








先日、わたしのとってもとってもかわいがっている妹のような子が続けてふたり結婚することになりました。



なおちゃんとえりりん。
二人とも10歳くらい私と離れているけれど、とてもしっかりしたよい子です。
あまり歳の壁なくわたしを慕ってくれるのがとてもうれしいし、
たまにはわたしをたててくれますが、
いろいろな面で助けてもらったし、
ぼけ気味なわたしをフォローしてくれます。
わたしにはないもの→ピュアなココロ。を彼女らは持っているので非常に相互バランスが保たれているのかも。






えりりんのオットとなる人は料理人で。
彼女も料理関係の仕事をしているので、非常に食べ物にはウルサイです。(と思う。)




イザーレシュウでお祝しました。





平日のお昼時、いかにもマダムっていう方たちのなかに、わたしたち浮いていたかも・・・。

(いや、わたしも立場上はマダムなのですが~。)




春を感じられる素材がたくさん使われたメニュー構成でした。
黄色とグリーンって春って感じがしますね。




あたたかいゴボウのムースの上にタコがのっています。
これはサービスかも。
オリーブオイルはダウロからランクアップのアウボカーサに変わっていました。こちらも非常においしいです。
こちらで買えます。)
2009年度ノーベル賞受賞記念公式ディナーで供された世界最高峰のオリーブオイルだそうです。
035_20110329154102.jpg036_20110329154102.jpg




ここでパンオヴァンがでてきました♪
これもサービスだと思うんですが・・・。
037_20110329155628.jpg


自家製パン5種からクルミレーズンのフォカッチャとハーブのフォカッチャをセレクト。
038_20110329154101.jpg



やっと前菜です。まずは冷たいもの。
豚足のテリーヌとカレー風味のクスクス 新ゴボウをあしらって
039_20110329155628.jpg
久しぶりにクスクスをたべました。
イタリアンでも使うんですね。(まあ、パスタなんだけど。。)


これは彼女。
フランス産ホワイトアスパラ、モッツアレラチーズと温泉卵の冷製。
040_20110329155627.jpg


温かい前菜。
農家の野菜と三陸産ホタテをチーズスープとともに
041_20110329155627.jpg


こちらは私のパスタ
手打ちパスタ「チカテッリ」じゃがいもとエンドウをジェノベーゼソースで。
これは超わたしのこのみ!!おいしいです♪♪
042_20110329155626.jpg



こちらはピエモンテの手打ちパスタ「タヤリン」ラーメンみたいです。
鳥貝とニンジン、ポロネギのバターソース
044_20110329155625.jpg


わたしはもちろん本日のお魚で。
045_20110329160931.jpg


彼女は
美ら豚のサルシッチャといろいろお野菜のポリートミスト
047_20110329160930.jpg



おめでとう~~~♪♪
048_20110329154101.jpg049_20110329154100.jpg

シェフのお心使いに感謝です。
ありがとうございました。




お祝にストウブの鍋を贈りました。
ビビットイエローで超かわいいです!!!
贈った本人が言うなって??
いや、もう、超かわいんだから!笑。

わたしも結婚した時にルクルーゼをいただき、当時は、
なんだ!この重い鍋!と良さがわからなかったのですが、今でもヘビロテで活躍してくれている とっても重宝している鍋です。
それからルクも何個か、ストウブも足して今うちのキッチンは重いものだらけ。笑。


いいものは長く使えます。
しかも料理がおいしくできます。
道具をケチってはいけません。





私は結婚した当時、どうしても欲しいものリストに
・ホームベーカリー(当時はそんなにメジャーではなかった。→その後自分で焼けるようになり人にあげた)
・チーズフォンデュ鍋(これ年に1回くらいしか登場しないかも。一応まだある。)
・ワッフルメーカー(このたび断捨離った。)
という三種の神器がありました。

・・・・・あまり重要なものではナイ。。






だいたいわたしは若いころから食べ物だけには特別執着があったので、
結婚式の料理ももありきたりなホテル料理、結婚式場料理なんてとんでもない!!と思っておりまして、当時名古屋イタリア料理界の重鎮の一人、扇要氏がシェフを務めるよし川エノテカで挙式したんです。
レストランウエディングのはしりだったと思います。
(その当時はよし川社長もテレビとかに出まくっていて、ほんとに派手でした。)
限られたスペースの店内に限られた人しか招待できない、こじんまりしたものでした。

あの日は大雪で魚などの仕入れ予定がめちゃくちゃになってしまい、かなりの変更のあったメニュー構成だったと記憶していますが、とてもしっかりと料理を作っていただいたのを覚えています。
わたしがフツーに料理をばくばく食べていて、
花嫁は料理は食べないものです!
と注意された記憶があります。
うん。
ほんとに。
全部食べられなかったのが今でも心残りです。笑。






当時はまだまだおいしいものをあまり知らなかったのだけどね。
(なのでなおさら心残りだったのだと思う。)



なおちゃん、えりりんお幸せに~。



手料理たべさせてね~!笑。






Issare shu イザーレ・シュウ

名古屋市中区栄1-3-3 ヒルトンプラザ B1F
052-202-7227 
11:30~14:00(L.O)
18:00~21:30(L.O)
月曜日定休(祝日の場合営業)



関連記事
スポンサーサイト


Category:外ごはん | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1127-5bf49409