FC2ブログ

RSS|archives|admin

講習会にいってきました。

2011.02.23 Wed
昨日JPB製パン技術講習会に参加させていただきました。
日本製粉の中部技術センターにて。

講師はモンシェルの榊原さんとル・シュプレームの渡辺さんです。
028_20110223225501.jpg015_20110223225459.jpg


大変緊張されていらっしゃいましたが・・・。
すごくお話も勉強になりました。
ありがとうございます。



私はやはり製パン技術よりも、講習の進め方、話の仕方の方が気になります。
榊原さんは非常に基本に忠実な説明で、大変理解しやすく、
製パンの細かいことをキチンと説明していらっしゃいます。
名古屋観光にいらっしゃったそうで。。
・・納得。

これビックリな簡単ルセットで。
ほほ~。
こういうのって大好きだけど、結構手間暇かけるものおおいから、、
060_20110223225605.jpg
裏でひっそり質問しました。
非常に丁寧にお答えくださいました。
031_20110223230027.jpg

057_20110223225605.jpg









渡辺さんは東京で専門学校の講師をされていただけあり、
オートリーズの15分の間のお話とか、
手を動かしながら、ちょっとしたポイントなどをお話されながら、優しい口調で進められていきます。


去年サフ・コンで賞をとられた作品。
クロワソン・アンフィゼ。
047_20110223225853.jpg
奥さまがパティシエでいらっしゃるので、
お菓子の技がポイントとして組み込まれ、よりセンスある仕上がりになっています。

お菓子のエッセンス、そして先代の和菓子の技、シュプレームさんのパンはひとひねり利いています。


通常、クラシカルレシピは食べにくいパンデピスですが、
このルセットは非常に軽く、どんどんといけます!
058_20110223225605.jpg

045_20110223225920.jpg

050_20110223230028.jpg


私も大きな講習のときは、

捏ねている間には これ話そう~、
ベンチの時には、あのハナシしよう~、
新しい粉のはなしして・・
バリエーションも紹介しなくっちゃ!

なんて

いつも頭のなかで一応組み立ててから講習に挑むのだけど、

思っていることの半分も話せていないかも。。



一節によると、

自分の知識の1/10くらいが伝わっていればいいほう、だそうです。

教えることは本当に難しい、
自分が分かっていることを人に伝えるということはすごく至難。


うまく伝えたいのに、自分のボキャのなさに、もどかしい。。

前に言われたよ。
パンの技術は、まあ・・そこそこでいいから、
寄席とか漫才とかみて、もっと話術を磨いた方がいいっ!って。
技術者よりもエンターテナー。
美術館行ってセンス磨いてる場合じゃないってか?!笑。






教えることは学ぶこと。

また受講者になることもより学ぶこと。



ありがとうございました!!



関連記事
スポンサーサイト





Category:講習会 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1105-065e29d7