RSS|archives|admin

ビールのパンとフランスから大量パン。

2010.11.04 Thu
先日、ペイザンさんへ伺ったとき。




こーんなに大量のパンを試食させていただけました♪
なんでも、スーツケース1個分パンにして持って帰ってきたそうです。
すごい量です!
032_20101104204947.jpg
おーっと ど真ん中にポワラーヌのPの一部分がみえますね~。


あー。この香り。
フランスのパン。
粉のせいかな?
フランスの香りします。



全粒粉使っているものが多いですね。
色がついているものがほとんど。
粉も灰分高いのを使用されているみたい。
ライ麦とかはあまり使用されていない。
シリアルとか健康志向っぽいものが何点か。

しかし、成形とか実に大雑把なかんじ。
おばけサイズのカイザー。な なに?これ?





袋もオサレ。
これだけでアートになります。
034_20101104205323.jpg
シェフ、無造作に、パンをどんどん出し(どこのか分かんなくなっちゃったよー。。)
コンビニの袋を扱うように
くしゃくしゃに袋をまとめ。
ちょ
ちょっと。
ワタシ、ポワラーヌの紙袋とか、家できれーに保存されているんですけど!
永久保存版なのに。


あの袋たち どうなったかなあ。


焼き戻していただき、たべる。

たべる。

たべる。



19のときに初めて行った海外がフランスで、パンのおいしさに衝撃を受けたけど、
日本のパンのレベルがかなりすごくなっているせいか、あの時の感動って薄くなってしまった。。

でもやっぱり粉がちがいますね。
おいしい。



フランスのパン事情も変わってきているというし。


やっぱり実際自分の目でみたくなった。またそのうち行ってやる!











この日はビール酵母で焼くビールパン。
日本で流通しているビールはほとんどが生きた酵母がはいっていならしいけど、
(でも、先日偶然にも生きた酵母入りのビールをいただく機会があった。小さい会社の手作りビールだった。)
この日使用したものはドイツのものだそうで、
原材料にちゃーんと「酵母」という明記がある。
これでないと、酵母が起きないのだそうだ。
037_20101104210727.jpg




もうひとつは クグロフサレ。
039_20101104210726.jpg
ケークサレ、クグロフサレもすっかりパン屋の定番になりましたね。
この陶器のクグロフ型ほしいな。(ずっと言ってる。)
フッ素のしか持っていないの。
ペイザンさんだって2つしかなかったんだから。


やっぱ、焼き上がりがまったく違います!
ずうずうしくも、その2つのうちの1つの陶器をワタシが使用させていただいた。
045_20101104210725.jpg
前列ど真ん中。
型の深さ、大きさも微妙に違うけど、
やっぱ焼き上がりがいいかんじ。
おしりがモリっとしてて、高さがでてます。




こちらはビールパン。
たっぷりとライ麦をふって、きれいなひび割れに。
041_20101104210726.jpg



この日は早く行ったので、
ほしいパンがいろいろゲットできました!
やったー。
やっぱりおいしい。
047_20101104210802.jpg
だーすきな天然酵母のクロワッサン。
これもゲットでき、シアワセ~。

先日、市民大学を手伝ってもらっているかなえさんが、ベルリンマラソンから帰国して、
(そうだ!彼女からもフランス土産もらったんだった。ありがと!)
「ドイツのプレッチェルっていうパン、すごくおいしかったんですけど、日本でも売ってるんですか?」


はい
売ってますよ。
このとおり♪



冷凍しておいたから、明日持っていくね♪







関連記事
スポンサーサイト


Category:講習会 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |
Trackback URL
http://itomayu.blog88.fc2.com/tb.php/1021-c52b7c87