RSS|archives|admin

素材。

2017.04.26 Wed
あと一か月とちょっとになりました。


正直、わくわくよりも不安の方が大きいです。


もともと超ネガティブな人なんで、悪い方悪い方・・・に考えてしまう。
いかんのだけど、これはもう性格というか持って生まれた性というか、、
ある意味、なんの根拠もなく自信のある人って本当にうらやましい。


今まで教室やイベントもやってて、
毎回、そう毎回受講者募集をするときは、
まったく誰も申し込んでこなかったらどうしよう・・・
とか
席が埋まらず、この企画がダメになったらどうしよう・・・
とか
いちいち考えて毎回不安だらけでした。

お手伝いさんたちに、
もうそろそろいいでしょ、なんて言われてましたが、
石橋をたたきすぎて自分で割っちゃうタイプ?笑
いやもう不安だらけ。



そうそう、5/29(月)のプレオープンに
私も行ってもいいんですか?
なんて聞かれたりするのですが、

もちろん!
一度でもレッスンやセミナーや講習会にお越しくださった方ならどなたでも大歓迎ですのでお越しくださいね!
(10年以上前でもよいのよ~、ご縁のあった方なら。)







日曜日に太田川であったイベント、アルトゥエンに行ってきました!
去年行って本当によかったからとっても楽しみにしていたんです!
まあ来年は行けないだろうから、今年行っとかないと。
おしゃれなお店ばっかりですごく勉強になるし、ディスプレイの仕方や置いている小物や見せ方。
あと作家さんの一点モノの作品にも出会える。

くまくるさんも出てたね。
すごい行列だったね~。くまさんお疲れ様!


いつもの木の作家さんicuraさんで枝のカード立て買いました。
お店で見つけてくださいね。



お店で使うものはほとんど揃ったのですが、アンティーク調のセロテープスタンドがなかなかいいのがなくって。

出会いました。

DSC06089.jpg
四日市のnijiiroさんという鉄や古材を使った家具や小物を作っていらっしゃる作家さんがいらっしゃいました。

なんと5/5に実店舗オープンだそうです。
おめでとうございます!
なんか親近感感じるな。



こういう出会いがマルシェってあるよね。
それに作り手さんとお話できる。

うちのお店はこういう古材や鉄のかんじ。
パン屋さんってパイン材とか使った木のナチュラルな感じが多いと思うんですが、
うちはデザイナーさんに、「廃墟のようにして!」って言って、
コンクリート、モルタル、鉄、古材、でまとめてある感じです。
パンが生きるように。







さて。
素材のお話ですが。

バターは中央製乳さん
豊橋の会社さんです。

DSC06082.jpg

愛知ではここしかバターを作っているところはないと思います。
昔ながらの手作りのチャーン。
エシレと同じ製法です。

ものすごく高いんですが、とーーってもミルキーで乳っぽく、ほんとうにおいしいんです。

このバターでクロワッサンを試作。

迷いに迷ってお店にだすのはAKOワッサンにします。

DSC06096.jpg

このクロワッサン!!
びっくりします!!
AKOの麹の力で、良質なバターの風味がチーズのような発酵風味に変わります。

試食した方が
これチーズはいってるの??
って言われました。

自分で作っててびっくりなんですけど、
こんなクロワッサン、食べたことない!

・・・っていうかいくらになるんだろう???
ちゃんと原価計算しなくっちゃ。

DSC06092.jpg

ざっくりもっちり。

ダノワーズはやらないので、
クロワッサンとパンオショコラのみです。





今までいくらで売ればいいのかって考えたことなかったから、味第一で材料を選んでいて、
いざ原価計算してみて、びっくりな売価になったりしています。。

悩むところです。。

原価計算ソフトっていうのも買ったから、材料費をどんどんと入力していけば、
簡単に原価がでるのだけど、
これがまた大変。

オーガニックとかいろいろこだわりたいけど、限度があるので悩ましい。




こんなおいしいバターが愛知県にあるっていうのだけでも伝えられたらいいな~。
手作りで一生懸命に作られているんだもの。











スポンサーサイト
Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

生産者さん。

2017.04.20 Thu
すっかりご無沙汰しております。


なんかいろいろありまして。。
本当にいろいろ。

産みの苦しみっていうの??

立ち上げって本当に大変なのね。
世の中のお店経営者の方、尊敬します!






夜食事に行く時間もこれから取れないだろうな~。

ティロワのN子さんとお食事。
いっぱい励ましてもらった!
N子さんは元パン屋さん。(の店長だった方)
なので、パン屋の大変さを本当に知ってる。

身体にだけは気を付けて!って
100万回は言われたな~。笑
(いや、N子さんだけではなく、だいたいの人に言われる。ほんとにそうよね。)





お久しぶりのルボルさんでした。
がっつりおいしかった!

1491984245225.jpg
いとうさんのお心遣い。
うれしい。
がんばってね!
じゃないところがニクイ。












クリームパンに使うタマゴは大府の花井養鶏所さんのところの!
レッスンでのカスタードもぜったいここのを使っていました。

濃厚でおいしいの。ぜんぜん違う。



サンプルを送っていただき、カスターを炊いてみる。

元気たまご(今までカスターで使っていた卵)
和み(卵かけごはんなど生食で食べるとほんとうにおいしい・・・らしい。私は生は食べられないので。。)
名古屋コーチン。

DSC06064_201704202110020be.jpg

元気たまごは当然おいしい!うんうん、知っていますよ~。だから使っているんですもん。
でも名古屋コーチンのカスターと比べたら・・・
そりゃもう、名古屋コーチンのふくよかさ、濃厚さ、これに敵うモノってナイでしょ!
まず黄身のぷりぷり度が なにこれ?っていうくらい違う。
それにモリモリと盛り上がる。

和みはお値段も元気くんに比べるとかなり高くなるんですが、意外にカスターにすると元気卵とさほど変わらなかった。
不思議。

お高いので迷ったのですが・・・
うちのクリームパンは名古屋コーチンに決めました。
ブリオッシュは(焼けるかどうかわからないけど・・・)元気卵。
最強です!

卵そのものがおいしくっても

カスターにしてみるとまた違って

そのカスターがうちのパン生地と合うかどうか、っていうのも重要。


クリームパンはAKOなので、素朴なもっちり。
名古屋コーチンのカスターのおいしさがより一層引き立ちます。
牛乳は常滑牛乳。
これは私が保育園のころから慣れ親しんだ低温殺菌牛乳。
常滑牛乳さんにもお邪魔してきました。
小さな小さな会社です。
今小さな牛乳屋さんが次々と廃業される中、ご家族で頑張っていらっしゃいます。
ミルクを温めると脂肪分が固まるの。
どこの低温殺菌牛乳よりもおいしいと思う。(子供の頃から飲んでるから若干贔屓目かな。)








花井養鶏所さんにお邪魔しました。

ずーーーーーーーーーーーーーーっとニワトリ。

1492690099376.jpg

ここの花井さんもご家族で経営されています。
びっくりなことに、鶏舎が臭くない!!!

それは餌に秘密があるのです。

自社で発酵させた餌に鰹節や豆をブレンドして、腸内環境を良くしてあげる。
そうすると健康な鶏になる。
発酵したものを食べると腸内環境が良好になる。
今流行の腸内フローラ。
よって糞も臭くない。
健康な鶏。
だから元気卵。
人間と一緒なんだな~。

DSC06075_2017042021100150c.jpg


・・・私はトリがニガテなので、終始ビビりまくっておりましたが。。。







花井さんのお人柄も本当に柔和で穏やか。
とってもいい方で、この人たちにそだてられた鶏が産んだ卵だもの。
おいしいに決まってる!
って確信しました。
(牛乳もね。)
行ってよかった。





最強クリームパンです!!!
(たぶん限定販売になると思う。)





東海テレビの方も同行されてたんです。
OPENまでを密着されてて。
レッスン風景から。
6月の終わりごろに放送だったかな。








田舎だからできる拘り。
この土地だからこそできる地産地消。
東京で地元のもの使って・・・なんてムリじゃないですか。
おいしいものが近くにあるシアワセ。
頑張っている生産者さんの思い。
パンにして、みなさんに届けますね。













お店で置くコンフィチュールはフォーデライトさんのもの。
これもずっと前から決めていたんです。
(このあたりだとポルカさん、ポンレヴェックさんが取り扱っていらっしゃいます。)

DSC06074_20170420211000b28.jpg
大阪の展示会の帰りに社長さんが寄ってくださいました。(千葉の会社さんです。)
サンプルがこんなにーー!

どれもこれもサイコーにおいしいんです!
マダガスカルで手作りで作られたジャム。

これほんとにオススメです!
季節ごとに味を変えて何種類ずつかお店に置きますね。





パンに合わせるとおいしい、オススメのはちみつバターなどもお店に置きます。
まさに好きなものばっか!
楽しみです。











Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

厨房機器を選ぶ。②

2017.04.12 Wed
お店の名前はcocon³(ココンキューブ)といいます。

DSC06079.jpg
                  ・・・・ボケてるし。。



cocon=繭
3=み

私の名前です。


お店の名前は日本だと好き勝手屋号を付けるけど、
海外だと
ゴントランシェリエ
ドミニクサブロン
ピエールエルメ
ジャンポールエヴァン
・・・・・すべてシェフの名前がそのまま店名なんです。

だからお店の名前をつけるならぜったい自分の名前!って決めてました。

なんて読むの?って聞かれますが。







すみません、
只今スタッフは揃っております。
スタッフの募集はありませんか?
お手伝いしたいんですが・・。
といろいろお問い合わせをいただきますが、今のところは大丈夫です。ありがとうございます。

ただ、土日の販売に出られる方、(できれば学生さんのアルバイトがいいです。夏休みや祝日も出てほしいので。)
を募集しております。

オープンしてから、もし人手が足りないようでしたらお店に募集の紙を貼ろうと思います。
どちらにしても土日祝に出られる方希望です。販売です。
よろしくお願いいたします。






それと、生徒様やお友達や知人知り合いの方から、
お花贈りますね!
とすごく言われるのですが・・・

こちらは遠慮ではなく、本当にお気持ちだけで十分です。
お店が非常に狭く(売り場は3坪くらい)、置き場所がナイのと、
店舗も幹線道路に面していて外にもあまり置けません。
せっかく頂戴してもお店に並べることができないと思いますので、こちらは固くご遠慮させていただきます。

来ていただけるだけで十分ですので。
お気持ちありがたいです。
よろしくお願いいたします。









店舗工事もだんだんと進んできました。

オーブンはパン屋の要ですが、
その他に
ミキサー、ドウコン、リバース、冷凍冷蔵庫、コールドテーブル、が要ります。

うちのミキサーは愛工舎さんのマイティS503年前にモデルチェンジした新しいタイプで、回転速度が自分で設定できます。
50コートで、30コートのボウルもオプションで付けることもできます。
一年落ちの再生品でかなりお値段も高くて迷ったのですが・・。
今度うちのスタッフで来てくれる方がこれを今使っていてすごく使いやすい、とのことで決めました。

あと、ケンミックスも去年買いました。こちらは新品。


リバースは鎌田製作所さんのKR25
ピッチが細かい方がキレイに伸ばせるのでこれに決めました。(スタッフ談)
こちらも再生品です。


あと、ドウコンと冷蔵庫、冷凍庫、コールドテーブルは新品がいいです。
僅かしか使っていない中古品ならいいと思いますが、
だいたいコンプレッサーがダメになりやすく、メンテナンスにお金がかかったり、すぐに悪くなったりする場合が多いそうです。

冷凍冷蔵庫、コールドテーブルなんかはネットですごく安く買える業者さんもありますしね。
(ただ引き渡しが車上渡しなので、搬入に料金がかかるのですが。。)
どこの業者さんもかなりお値引きしてくださいます。

ドウコンはなんとラッキーなことに1年落ちが手に入りました。
そしてもう一台は福島工業さんにお願いしておいた(志賀シェフの講習会でお世話になった営業の方です。)新品のB級品を手に入れました。
キズモノですが、操作になんの影響もありません。ドウコンは100万以上もする高価なものですからね、ありがたいです。
大切に使います!




あと、絶対買おうと思っていたもの、洗浄機。
ウィンターハルター製のもので、ポルカさんが使っていてすごくいいって聞いていたんです。
パナソニックなど他社からも出ていますが、
ウィンターハルターは私もスタスタのセミナーでワイングラスを洗うのに使わせてもらっていて、その性能は実証済み。
人件費とどっち取るか、、で洗浄機買いました。
我が家には食洗器ナイのにね。笑




厨房機器はなるべく一つの業者さんから買った方がいいです。
搬入費、試運転料がそれぞれにかかってしまいます。
一度で済むならそれが一社で済みます。
ひとつひとつの機器をお値打ちに買ったとしても、多社から購入した場合、結局高くついてしまうのです。
私はオーブンの業者さんと
その他はぜんぶ東海フードマシンさんにお願いしました。




中古品はご縁なので、、迷っているうちに売り切れてしまうものもあります。
いいものに出会えなければ、新品を買わないといけなくなるので絶対再生品!と決めているんでしたらだいぶ前から探し始めるのがいいと思います。




あと、厨房に業務用の一番大きなエアコンを入れて、
売り場にも業務用のものを設置。(こちらは中古品を譲っていただきました。)
パン屋さんってものすごく暑くなりますからね。。






パン屋さんってお金かかるな~、ほんと。








Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

市民大学10周年記念行事。

2017.04.10 Mon
これでほんとのほんとに最後。

DSC06076.jpg

昨日、東海市市民大学の10周年記念行事が東海市芸術劇場で開催されました。
(7.8.9日の3日間、1年半くらい前から準備を進めてきました。)





このイベントを持ちまして、市民大学講座の任期を終えました。




実は、、昨日名誉教授の称号をいただきました。
生徒さんたちのおかげです。





私を含む3人のパンの先生で、カフェをやりました。
パン+お菓子(プリンかマフィン)+お飲み物=300円、というお祭り価格。
たった2時間でしたが。

私は前日の夜、というか夜中からほとんど寝ないで200人分のパンを焼きました。
オーブンの回転率が悪くって・・・すっごく時間かかってしまった。。
でも最後だもの。
ありがとうの気持ちを込めてひたすら焼きました。


これからは大きいオーブンでたくさん焼ける!

しかし、一人で200人分って結構キツイ。。。
これをこれから毎日やるんだな~。
(いやいや、もっともっと焼かなきゃ!)



しれーっとブログに書いただけなのに、わざわざお越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

遠方からお運びくださった方、
かつての生徒さん、
お久しぶりにお会いできた生徒さん、
ご家族でお越しくださった生徒さん、
ずっとブログを読んでくださって会いに来てくださった方、
ご自身が行けないから、って息子さんに代理で購入を託してくださった方、
本当に嬉しかったです!!!




ご一緒にカフェをやった先生から
いとう先生は何事にも全力ですね、
と言われました。そうね、
せっかくやるんだったら中途半端にやるのは嫌だな。だったらやらない方がいい。
なんでも自分の最高の力でやりたいと思っている。とことんやる!
悔いないように。





夜は記念パーティーがあって、
9年半のいろいろあったことが思い出され、胸がいっぱいでした。
この10周年のイベントも本当に素晴らしかった!
感動のフィナーレだった。

私は実行委員もやっていたので。
その中の一員になれたこと。
誇りに思います。







桜がキレイだったな~~。






DSC06055.jpg

今年の春もぜったいに忘れない。









Category:イベント | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

機材を選ぶ。①

2017.04.04 Tue
デザイン会社、施工会社さんを決めたら、どんなお店の作りにしたいか、レイアウトを考えていかなくてはなりません。

こういう時に、知り合いがたくさんいると助かります!
私はパン屋で働いていたことはないし、導線や、この機械あった方がいい、みたいなのがイマイチわからない。

デザイン会社さんはパン屋専門ではないので、機材配置、レイアウトは機器の業者さんにやってもらいます。
電熱や排水、排気が実に複雑です。




自分と同じ規模のパン屋さんに話を聞きに行ったり、厨房を見せてもらったり、
これはつけとくと便利!
これは意外に使わない、
この機材はこのメーカーがオススメ!
っていうのを何店舗か聞いて廻りました。

うちと同じ規模というと、
以前のスーリープー、
ぱぴぱん、
くまくる、
です。だいたい15坪くらい。いろいろありがとうございます。

ちょっと小さいけどポルカさんや大きいけどシュプレームさんもいろいろ教えてもらった。
お忙しいところ、本当にありがとうございます。
志賀シェフも・・・規模がぜんぜん違うけど、機器とかいろいろアドバイスいただきました。

一番お世話になったのはくまくるさん!うちから20分くらいで、何回か行って本当にいろんなことを教えてもらった。
リアルに現場で働いている方の声って貴重。





資金の余裕があればベーカリー専門のコンサルに頼めばいいかもしれないんだけど
相当な料金がかかると思うし、
自分で聞いて調べた方が、納得したものが買えて勉強になる。


パン屋の要となるオーブン。
うちのオーブンの大きさは6取4枚差しスチーム全段付きの3段。
個人店で一番使われる大きさです。

一日にどれくらい焼くかでオーブンの大きさを決めます。
始めは2枚差し3段で探していたんですが・・。
大きい方がいい、とアドバイスいただきまして。
(もしすごくたくさん焼くことになった場合。)
確かに食パンとか場所とるし、長く窯に入っている。
4枚2段・・も考えたんですが、庫内の温度帯がすぐに変更できないから、焼く種類が限られる。


オーブンの良しあしでハード系のパンや高加水のパンの焼き上がりがぜんぜん違うので、きちんと選ばなければいなりません。

車と一緒で、いろんなメーカーからいろんなグレードのものが出ています。



私が欲しいサイズでは、中国の炉床を使用した200万円以下で買えるものから、
志賀シェフが使っているドイツのハイン社の1500万円クラスまで。
ヨーロッパの窯はパワーがぜんぜん違ってハード系にとても向きます。
ウェルカー、MIVEなど。
国内でダントツ人気なのはトクラさんのトークオーブン。
私はイベントで東邦ガスさんをお借りしたりしていたので、電熱がガスっていうキュウーハンさんやワールド精機さんもお見積りしていただきました。
オーブンはほとんどが電気です。
予算の関係上、中古品の再生品が希望。
ただの中古品とちがって、オーバーホールしていただいているので、見た目も磨いてピカピカ、中の部品も一つ一つ変えて再生したものです。全国にいくつかそういった再生会社さんがあります。

自分の希望のサイズの窯を伝えて、そういった品が入ってくるのを待つ方も。
メーカーでの純正の再生品は待ちが多くかなり待つ方もいらっしゃいます。
窯が見付かったらお店開こう、っていう方も。
(くまくるさんは2年待っていたそうです。)
オープン日が決まっているんだったら、今ある中からしか選ぶことができません。
窯はそうそう悪くなるものではないし、買い替えることもまずないので慎重に選ばないといけない。
中古品もご縁です。
あと、アフターメンテナンスがきちんとした会社がいいです。(中古品なら。)
不具合があったらすぐに来てくれるところ。
窯が動かなくなったらお店できませんからね。
テンポスなんかですごく安くでているときあるけど、動くかどうか分からないし、メンテナンスや運搬料にすごくお金がかかって、新品よりも高くつく場合もあります。

私も窯を探すのにかなりあちこち声をかけて、もちろん中古品が出なかった場合の新品の見積もりもとってもらって、
最終的のものに決まるまで本当にいろいろありました。。
5社見積もってもらったかな。

設計がもう待てない、っていうギリギリのところで運良くトークオーブンが手に入ることになりました。
本当によかったです。
ありがとうございます!

このあたりだと、ぱぴぱんさん、シュプレームさん、ポルカさん、などなどトークオーブンです。
大切に使おう。

ひとつ悩ましいことが。
スリップピールが大きくって、女性一人ではまずムリだな、、と思います。
2人で作業するか、男性がいないと。
MIVEとかは半分のスリップピールありますからね。
女性だけでやるんだったら2枚差しがいいと思います。



いいオーブンが入るんだから、使いこなさなくっちゃね。






                         つづく。

Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

店舗デザインをしてくれる会社を決める。

2017.04.02 Sun
新年度ですね。

入学や就職など、新生活が始まる方、おめでとうございます!


我が家も。

長男は受験した大学に無事合格し、今月からまた新たな道へ。

オットも部署が異動となりました。



あとは・・・次男のやる気スイッチがいつ入るか待つだけ。笑
一応受験生。




いろいろわくわくします。









さて、自分でお店を持つにあたって、家族の協力は一番大切!
勝手気ままにやらせてもらっていて、その上、今度はパン屋?!
主人には本当に感謝しています。
結婚してからずーーーーーっとパンをやらせてもらえたのも彼のおかげ。
そしていろいろ協力してくれたり応援してくれる息子たちのおかげ。
ちょうど息子たちの手が離れるようなタイミングでこういう機会に恵まれました。

私の実家は呉服屋をやっていました。
(セントレアが出来て立ち退きで閉店。)
生まれながらにして私は商売人の血が流れているはずなんですが・・。
開業はうちの両親はとても応援してくれているし、喜んでいます。
妹も埼玉で小さいパン屋をやっているんです。



ちょうど去年の4月ごろにパン屋をやろう!って決めて、
まずはスタッフ、
そして店舗の場所(テナント)
店舗デザインの会社を探しました。

というかスタッフは募集したわけではなく、この人にやってもらいたいな~と思う人に声をかけて揃いました。
人は第一に重要!



店舗の場所、これももちろん大切!
これもご縁なんだけど、広さ(狭すぎも広すぎもダメ)、環境(駅前や駐車場スペースが確保できるところがよい。)、を考慮して決めなくてはいけません。


駅前だと朝早くからオープンしないと意味ないし、
住宅地の中なら駐車場の確保は欠かせない。逆にオープンはお昼ごろでも大丈夫。
やっぱりこの辺りは車文化だから駐車場が第一かな。


物件はネットで探すのもアリだけど、土地勘があるなら、不動産屋さんや地元に顔が広い人に直接相談するのが一番です。
条件を伝えておけばネットに出す前に声をかけてくれる。
何件か見ましたが(ネットで探して問い合わせたものもあるし、車で走っていて、「貸店舗」と看板貼ってあるところにも問い合わせしました。)知人の紹介でこれからテナントにする予定、っていう場所を紹介していただき、巡り合いました。
家賃は予算オーバーでしたが、なにしろ駐車場がたくさん!(共同駐車場)
ドラッグストアや100均、TSUTAYAなどが軒を連ねるところで集客は見込めるし、地元の人たちが昔から使う主要道路沿い。
私はちょっと寂しい場所の広めの家賃安め、のところがいいなあ~、と思っていたのですが、
両親の「駐車場がイチバン!!」という声でそこに決めました。

しかも大家さんは知っている方。
息子が小さいとき通っていたピアノ教室でご一緒していた方でとってもいい方なんです。
上にお住まいですからね、ご縁があってよかった。




デザイン会社は自分のお店のイメージをきちんとカタチにしてくれるところに依頼しなくてはいけません。
店舗デザインマッチングサイトもかなり見ましたが、気になったところのデザイン会社さん、施工会社さんで実際建てたお店の人に聞くのがイチバン!
ここ最近お店を始めた自分と同じ規模くらいの知人に聞きました。
ちかちゃんとこは超有名な建築家(ビフォーアフターにも出ている建築家、柴田さん)。
グリュースさんや。
フィーカさんや。
ぱぴぱんさん、くまくるさん、タルティーヌさん、パンドジェンヌさん、パントリコさん、は同じデザイン会社。



パン屋さんもデザイン性に優れたお店たくさんあるじゃないですか、ここのお店のデザインいいなあ~、と思っていたお店を実際見に行きました。
(去年の夏に)




まずチクテベーカリーさん。
いろいろお話も聞けてよかった。
店主さん同い年。移転してから規模が大きくなったけど、相変わらずの繁盛店。

1469747869717_20170402045958261.jpg

ずいぶん前に以前のお店に行った時の記事がこちら
(なんと、こういうお店やりたい!って私書いてた!なんと9年くらい前!)






cimaiも妹と行って。

1491076396637.jpg
以前の詳しい記事はこちら。(6年前)




あとは業界誌を見て気になっていた目黒のトラスパレンテ
img_5.jpg
ここの販売方法やディスプレイの仕方がいいなと思って、こういうのやりたかったんだよね。

半対面式っていうの。

完全対面式って、結構焦りません?
しかも初めて行ったお店とか、後ろに人が待っているとか、、、じっくり見たいのに焦っちゃう。
ショウケースが長いと(あとコの字になってたり・・)あっちうろうろ、こっちうろうろ、、
で注文したあとに、「あ!こっちにしとけばよかったー」、ってことありませんか??
でもパンにとってはこちらの方がいいし(乾燥しないし、埃かぶらない、子供とか触ったりバックやコートがパンに当たったりしない。)売る側も都合がいい。クリーンに保てる。
でも販売スタッフが多めに必要。

セルフ方式はエアコンで乾燥したりとかお客様が取ったものを戻したりとか、いろいろリスクはあるけど、お客様がゆっくり自分のペースで選べる。いつまで迷っていても気兼ねしない。

この両方いいとこどりは半対面だと思っていて、自分でパンをトングで取るんだけど、カウンター式でパンのこと聞きたいときはすぐに聞けるし、スタッフともお話できるし、切り売りも可能。
しっかり選びたい方、食パンだけを買いたい方、いろんな方がいるんだから、これが一番いいのかな、と。
個人店の小さいお店だからできること。
お客様にとって何がいいか、というのが一番。
というか自分がお客で行くんだったらそういうお店がいい。
売る側の都合はその次。









デザイン会社、施工会社をどこにしようか迷っているんだったら数社見積もりをしてもらうのもいいと思いますが、
結局はそのデザイナーさんと自分との相性もあるし、そのデザイン会社ができること出来ないことって決まっているし、
今までの実績(手がけたお店)を見て、こういう風にやってもらいたいな~というところに頼めばいいと思います。

意外に残念なのが、大手のメーカー。自社のカタログのパーツの中からしか選ばせてくれない。
ドアとかサッシとか他社のは嫌がれるし、私みたいなオリジナルやこれゼッタイ使いたい!っていうものもたぶん出来ないと思います。

自分のイメージを膨らませてくれそうだと思ってここにお願いしよう!と決めたのが、天白にあるファクトリーツールさん。
フチテイさんがトイレや水回りをとっても素敵にリフォームされてて。
フチさんに紹介していただきました。
HP拝見してとても自分の想いに近いかな、と。
私がイメージしているかわいいすぎない、シャビーで無骨、古いけど新しい、的な感じを作ってくれそうだと思ったんです。

私が一番拘りたかったのは、エントランスのドア。
ずっとヨーロッパのアンティークでかなり重厚なものを、、と思っていました。


これは目黒のジャンティーユさん。
夏に見に行きました。(店内もとってもステキなんです。2階がカフェでこれまた雰囲気ある。ちなみに3階が厨房。)
雑誌やいろいろな撮影で使われたりするんです。

1469748402533.jpg


こちらは緑区の鬱花さん。

KIMG1089.jpg

結局、ファクトリーさんに相談したところ、アンティークは一点もので味はあるけど隙間が絶対できるから、防犯上よくないし(ウチはシャッターをつけないので。)冬は隙間風が入ってくる、というアドバイスをいただき、断念。

ファクトリーさんはオリジナルのドアの制作も手掛けており(というかそれが一番得意としている。)
新品なんだけど、古びた感じに作ってもらえるということで、絶対ここにしよう!って決めました。



まだ明日から施工が始まりますが、ファクトリーさんに頼んで本当によかったと思っています!
自分のイメージ通りのお店になりそうです。

DSC06065.jpg







                       つづく。








Category:パン屋開業 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |