RSS|archives|admin

かわいい器。

2015.04.30 Thu
毛布は洗ったし~
冬布団もしまい、ブーツも閉まった、

あとはホットカーペーットとファンヒーターとニットを洗う~
・・・一個ずつやろ。












とても気に入っている器があるんです。

まだほとんど無名というか若い子で知られていないんだけど、
常滑のセラモールにある、とあるお店で見つけて、それからファンで
何個か集めていたんです。




先日、ご本人のぺくにょんすさんからメールをいただき、
(私が撮影で使っていたのを見てくださったらしい。)
春に器が焼きあがる、とのことでアトリエまで行ってきました!


ちょうど、ひとつカップが欠けちゃって、ほしいと思っていたのよね~。
今年のセラモール祭りはトーキョー行ってて行けなかったんです。。。






人のご縁ってフシギよね。







常滑の南に位置する古場という海に面したところにあるアトリエ。
DSC02139.jpg
ここ、むかーーし、ちっちゃい頃 潮干狩りに来たなあ~。



目を引く建物!
自分で塗ったんだって~~。さすが芸術家だわ!(笑)
DSC02141.jpg







ぺくにょんすさんはとってもかわいい子でした!
まだ若くってそのセンスが器にそのまま出ているかんじ。
オブジェなんかは、そのまま絵本から飛び出してきたようなかわいさ!


一歳の息子くんがいて(なんと同じ りくくん!偶然!)アレルギーだってことで、
持って行った私のパンなら食べられる~って
よかった。








私の亡き祖父も陶芸家だったんです。
土の匂い、懐かしいです。



DSC02134.jpg
DSC02136.jpg
DSC02133.jpg
DSC02127.jpg


手びねりで作られた、まんまるマグを買いました。
この安定の悪さ(笑)がとても気に入っています。

DSC02145.jpg

そしてお皿も。
こちらはちいさなもので、デザートなんかを乗せようと思います。
淵についているのはパン??かな??

DSC02144.jpg

とてもキュートであったかいんです。



やっぱり手作りっていいね。









スポンサーサイト
Category:オフ時間 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

4月ももう終わり。

2015.04.29 Wed
玄関に飾ってある麦。

小麦ですか?
と聞かれるのですが
いいえ、
大麦です。


麦茶かビールです。

DSC02168.jpg





皆様、新生活には慣れましたでしょうか?


生徒さんたちに、
お弁当作りって大変よね~、って言われるんですが、

まあこれも生活の一部になってしまえば、大変とかどうこう思う次元ではない。
(というよりたいしたお弁当を作っているわけではない。・・ここに載せられるほどのものでもない。)

洗濯とか掃除みたいに。




酵母管理も同じ。

生活の一部になれば、とくにどうってことないのです。


私の酵母種は繋いで7年目、というと驚かれるけど、ゆるーく、そればっかりにならない、
というスタンスで関わっていけば、お世話するのも生活の一部です。





長男のお弁当箱はすごく小さかったので、2品も入れればパンパン!
ってな感じで、毎日、ヨユーに作っていたのですが、
次男がこれまためちゃ食べる!
で、結構な量を作らないといけないのだけど、
最悪寝坊した日用に~、と冷凍食品なんかを用意したりなんかして(ふふふ)
まあ、次男はB級グルメだからいいだろう~~とタカをくくってたんですが、
いろいろ文句が多い!

で、気に入らないと残してくる!最悪!

素材もいろいろ口出ししてくるし、
いままで給食とか文句ナシで食べてたんでしょう??は??何故そんなに文句??



意外に味覚はきちんと育っていたらしい。。
細かいんですよ、いちいち。
(帰りにマッ○とか食べてくるくせに!)





この枝はなんでしょうね?

これ実は枯れ木(?)だったんです。
お正月のアレンジに入っていました。
DSC02169.jpg
よーくみたら小さな新芽が!

花瓶に入れておいたら、こんなに にょきにょき!


おおきくなあれ~~~








酵母がどんどんと育ちます。
DSC02161.jpg



生徒さんたち、中種は完成しましたでしょうか???










Category:いとまゆのつぶやき | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

今年の酵母。

2015.04.28 Tue
今月はたくさんの新規の生徒さんにお越しいただきました。
ありがとうございます。


みなさん初めては緊張されますよね。
でもだいじょうぶ。
みんなが緊張されていますし、パン好きに悪いヒトはいませんから。






自分よりみんなすごくパン焼きが上手そうに感じる??
・・みなさん思っていますよ。

試験の時に、自分よりみんな頭よさそうに見えるのと同じです。(笑)











レッスン中、暑いです。
エアコンすでにかけました。
軽装でお願いします。
そして水分補給も忘れずに。


昨日のレッスンの生徒さん、お持ち帰りのデコポンは夜にはブクってきたと思います。

DSC02166.jpg



あまりの早さに私もびっくり!
酵母の生命力、すごいですよね~。







今年はいいイチゴが手に入らなかったので、どのクラスもデコポンで。
産直でどんなけデコポン購入したんだろう??
東海市産のとてもあま~いデコポンです。

DSC02162.jpg
柑橘系は強いですよね。






毎年レシピは少しずつ変えています。
今年もさらにバージョンアップ!

DSC02122.jpg






やっぱりこのパンって本当に本当にダイスキ!
手前味噌ですが・・
でも自信ないと教えることできないですので。

DSC02165.jpg

チーズやハチミツ合わせるのもいいけど、
やっぱりこのまま食べるのが一番おいしいと思います。








そして初回からポカしました。。。涙。。
塩を多く入れちゃった~~~~。
ごめんなさい。

ほんとはこんな感じに焼きあがります。
DSC02164.jpg


またチャレンジしてみてくださいませ。




















随分前の朝日新聞に「プロの一人になるために」という記事がありました。



私はプロというには大変烏滸がましい、非常にビミョーな立ち位置ではありますが、
お金を頂いている以上はプロとしてきちんと務めないといけないと思っているのですね。


せっかく貴重な時間を割いて、高いお金を払って、遠いところからお越しくださっているのですから、
残念な思いをさせてしまってはいけません。







その仕事の哲学として次のようなことが書かれています。

・専任にならないこと

 ひとつのものに従属する技術ではなく、社会に求められる技術を求めること。

・臆病であること

 自分の居場所を安全だと思い込むのはリスクです。
 準備はいくらやってもしすぎることはありません。



「次はがんばります」、という言葉は間違いなく
「まだプロフェッショナルではありません」という宣言です。



プロフェッショナルは依頼された仕事をこなして当たり前、
役に立つのが当たり前、
その上で自立し、日々、自分を律するという2つのジリツを髙い次元で達成しているのです。









いろいろなご縁がある春。

また新たに気を引き締めて、今年の一年を踏み出していきたいと思うのでした。

(塩 間違えているようじゃ、まだまだ私もダメですわ。。)










Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

お気に入りの。(シェ小杉)

2015.04.23 Thu
急に暖かくなりましたね。
お持ち帰りされた酵母も、出来上がったと思います。


中種つないで、焼いてみてくださいね!













とっておきのレストラン。
シェ小杉さん。

実は最後に息子と行ったんです。




以前に二人で行って、息子がすごく気に入っていたので。
(といってもココしか連れて行ったことないのだけど。)
約束だったんです。
東京行く前に行こうって。






一つ一つがすごく丁寧なお料理で毎回感動します。

お料理だけでなくって器が毎回違うんです。
それも楽しみのひとつ。



シェフの思いが込められたお料理、
いつもおいしいです。


そしてかわいい奥様もだいすき!
癒されます。




メニューがありませんでしたので、お料理うる覚えです。。すみません。




テーブルの上には流木が。
DSC01909.jpg


流木に立てかけてあったスティックのクッキーをお口取りに。
DSC01910.jpg


お口取り。2。
DSC01911.jpg


磯の香りいっぱいのハマグリのスープです。
DSC01912.jpg



チャバッタのサンドイッチ。
ブリキのボックス(飯盒みたいだった)に入っていました。
DSC01913.jpg


鱸?だったかな?すみません。。。
DSC01917.jpg




そして、これ、めっちゃくちゃおいしかったんです!
ポルチーニのほろほろサブレに鰹節を削ったようなトリュフが。
とってもいい香りです。

DSC01918.jpg






100年の歴史を持つウエハースだそうです。
DSC01919.jpg
やさしくって感動。。




大好きなアスパラ。時期ですね~~。
DSC01921.jpg




このミドリのボウル!
なんと新じゃがでした。かわいい。意表つきます!
DSC01922.jpg




奥のレーズンウィッチはシリアルナンバー入り。
卵型の器はなんだったっけ??
DSC01924.jpg



お口直しにハーブのサラダ。
DSC01926.jpg



メイン①
これが感動した豚肉。
こんなにおいしいの初めてたべました!
とっても貴重なものなんだそうです。
ありがとうございます!
DSC01929.jpg



メイン②
こちらは牛肉。
DSC01930.jpg



もうお腹いっぱいすぎるんですが、、

ベツバラのデザートが。

キャラメルのアイスが大地を思わせるお皿です。
DSC01931.jpg





デザート②
いちごのデザートに小菓子です。
DSC01935.jpg




最後にお茶がでてきました。
この器、ものすごくステキです~~~。
器好きのシェフと奥様のこだわりの品だそうです。
DSC01936.jpg




写真は撮らなかったですが、パンはすべてバゲットラビットさんのもの。
とてもいい状態でサーブしてくださいます。


じつは、
先日バゲットラビットさんで、偶然小杉ご夫妻に遭遇したんですよね~!
プライベートでいらっしゃっていました♪





シェ小杉さん、素敵な時間をありがとうございました。

また行きますね。






フランス料理 シェ小杉

愛知県名古屋市千種区丘上町2丁目34の4ハイネスヴィレッジ103
052-784-6084
定休日:月曜日・火曜日ランチ
ランチ (11:30〜12:00)営業終了時間14:30
ディナー(18:00〜20:00) 営業終了時間22:00



Category:外ごはん | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

ニッポンの小麦。

2015.04.20 Mon
先日、大阪食糧卸㈱さん主催の国産小麦の展示会に行ってきました。


今、とても注目されている国産小麦。
去年は「小麦ヌーヴォー」という新粉を使ってのパンを焼いての販売イベントも十勝や東京で行われましたし、
まさに時代は国産小麦!

その気になる国産小麦を、各社それぞれ比較できます。
なんと20社が参加。
南は九州から北は北海道まで。
そしてその粉で食パンなどのパンが比較ベイクされていて、それを試食できたりするのです。





国産小麦フリークとしては、なんとも深く盛りだくさんな内容となっていました!






まず、いつも大変お世話になっている江別製粉㈱さん。
いつもありがとうーーー!!

DSC02095.jpg

もう何年はるゆたかを使っているんだろう??
パンを焼き始めたころから私は国産小麦を使っているんですね。


単一品種で使っています。



はるゆたかは30年前に作られた、パン用品種。
一時は幻の粉と言われたほど、作付けが困難で貴重品種となっていましたが、
今は割と安定した生産が確保されているようです。
今年のはるゆたかもとてもいい状態でうれしい。

はるゆたかの甘味や味の濃さがとても好き。
AKOにも自家製酵母にもとても合うと思うのです。



北の大地よありがとうーー!!


今年の夏は江別製粉に行っちゃうぞー!ふふふ。














そして注目すべきは、地粉もがんばっていること。
愛知産のきぬあかり。
DSC02096.jpg
やっぱり究極は地粉で地元で採れたブドウの酵母でパンを焼くってことですよ。
夢です。



きぬあかりはやっぱり蛋白が低く、
パンにするにはなかなか難しいのだけれども、
クラストがクリスピーでサクイ、軽めのバゲットが焼かれていました。


私も以前サンプルでいただいたんですが・・・
うまくパンにすることができなかったんですよね。。涙。。










長野の柄木田製粉さんも。
ハナマンテンとゆめかおりを使った粉、「華梓」
ハナマンテンも超強力粉ですよね。
試食がなかったのが残念ですが・・気になる粉です。

DSC02102.jpg













そして試食のパンがめっちゃくちゃおいしかった三重の内外製粉さん。
目を引くブースです。


実はこの展示会の中で一番印象深かった。


高加水のリュスティックと折り込みを試食させせていただいたんですが、
ここの技術者の腕がすごい!
パンがすんごいおいしかったんです!!

あやひかりを使用したAJ-1という粉でリュス、
にしのかおりを使用した内麦粉NLという粉で折り込み。
DSC02098.jpg
DSC02100.jpg
ディスプレイもステキ。
展示会慣れしていらっしゃいます。



にしのかおり、おいしいなあ。












そしてこちら。
食パンの焼き比べ。試食できます。

はるゆたか100(江別)
春よ恋(増田)
穂香・・キタノカオリ・・(木田)
ゆめちからB(NIPPN)
ゆきちから(府金)
ミナミノチカラ(鳥越)

DSC02106.jpg

こういうのは好みであって、
どれが一番とかいうのではない。

ただ、私はやっぱりはるゆたか100はいつもの味だから、安心する。






スポンジケーキの焼き比べ(中薄力バージョン)もありましたよ。







いろいろな製粉会社さんがご自身の特徴ある地粉をアピールしていらっしゃいました。
なかなかここまで比較することはできないので、本当に勉強になった。

パン用粉がこんなにたくさん選べる時代になりました。
すごいですよね。








ここ2年くらいでかなり国産小麦の注目が集まって、まさに内麦の時代がやってきたと思う。

私は20年近くずっと国産オンリーでやってきたから、
やっと時代が付いてきたような気がする。
国の政策も関連してだけど、こんなにパン用の小麦が注目されるようになって、本当にうれしい。
安心、安全だけではなくって、やっぱりおいしい、それが一番じゃないですか?



小麦粉は小麦だよ?
農作物だよ?
どうしてお米はつきたてがおいしくって新鮮なものを求めるのに、
小麦粉はあまり関心がないの?
野菜は産直に買いに行って、輸入物を嫌がるのに、
小麦は外麦でヘーキなのはナゼ??



新鮮な小麦粉、挽きたての小麦粉ってすごくおいしくって甘いんです。




今、生産者を訪ねるパン職人さんが増えてきたけれど、
小麦も生産者の顔が見える時代が来たのです。

がんばって作った小麦だからこそ、おいしいパンにしてもらいたい。
またおいしいパンを作りたいから、大切に小麦を育ててほしい。

この相互の思いが繋がり、これからの時代はパンも生産者の名前で売れる時代になってきているのです。









展示会終わってから、みんなでランチに。

てか
さんざんパンの試食しといて、
ここでもパン食べる。
どんなけパン好き??!!(笑)
DSC02109.jpg

覚王山の「ドリトル」というカフェです。







Category:イベント | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

春の。(Pinot)

2015.04.18 Sat
遡る記事をいくつか。





長男と母とランチに行った時のことを。




今度連れてってあげるね、
そのうちね、
機会あったらね、


って
言ってるうちに
3年が経ちました。(笑)




で、Pinotさん。
東海市にある老舗のフレンチ。
自家栽培のお野菜がたっぷりのナチュラルなお食事がいただけます。


ランチはいつも満席です。
家庭的なあったかい雰囲気。





白身魚のテリーヌが挟まれた蕎麦粉のパンケーキのようなものがお口取りです。

DSC01937_20150418231259a44.jpg




そしてステキな前菜!

なんて春らしいんでしょう~~~♪
サクサクパイ生地に、サーモン、イクラ、お野菜などがサンドされていて、
まさにお花畑なかんじ。
DSC01938_20150418231300ee1.jpg


新玉ねぎの冷製スープ。
中にはコンソメのジュレが忍ばせてあります。
DSC01940_2015041823130210a.jpg

東海市は玉ねぎの産地♪
今、産直にもたくさんの新玉が。
新玉おいしいですよね~!
血液サラサラ!





ボケててすみません。。

イカスミのリゾットとメインのスズキ。
皮目がパリパリでおいしいです!

DSC01941_201504182313036ed.jpg




そして
息子のデザート。
パンナコッタとマンゴーのソース。
ショコラのケーキ。
DSC01945.jpg




私はクレープのシュゼット、オレンジ風味。
DSC01946_20150418231555ce7.jpg


そしてコーヒーの撮り忘れ。。






サービスの方がすごく温かい方で、
とても気持ちがよくって、

みなさんでお写真撮りましょうか??
って言ってくださって




なかなか息子と撮る機会ってないから貴重な一枚となりました。
(卒業式や入学式って私は撮るばっかりで、写らないからね。)




お店のお花は私が大好きなお花屋さん、blancoさんが活けていらっしゃいます。





お店がな高台にあって、駐車場は東海市が見渡せるんです。
春の温かい日でした。





フランス料理ピノ

愛知県東海市加木屋町唐山105-2
0562-35-2190
11:30~13:30
18:00~19:30
定休日 月曜 ・平日夜不定休※要予約


Category:外ごはん | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

親子パン教室。

2015.04.17 Fri
春休みに、親子パン教室をさせていただきました。

実は夏に台風で流れ、この時期は初めて!
・・・というか引き受けたはいいものの、実は東京に行く日と最終的に重なってしまい、、大変だったんです、実は。。





親子総勢27名!
DSC01953.jpg



まずはみんなでデモと同じものを作ってもらい、
DSC01956.jpg





あとは自由!


子供たちの発想ってたのしくってスゴイ!
DSC01958.jpg
ハンバーガー???
マカロン???

大人ではぜったいありえんね。





センスあるなあ~。
しかも絵心もある。(ママ)
DSC01957.jpg




そして
この笑顔♪
DSC01959.jpg


キッズってこれだからやめられない!

パンって楽しくっておいしいよね~~~。




うちの子たち、すっかりおおきくなっちゃったので、
こんな風に癒されません。。。涙。
(ジャージは臭いし、靴下とかももうイヤだ・・おっさん化している・・)

一生懸命な姿が本当にかわいい!


DSC01960.jpg



今年の夏もやっぱりやろうかな~。

病んだ心を子供たちに癒されたい。(笑)





Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

川口といえば。(デイジイ)

2015.04.16 Thu
一日は埼玉の妹のところに泊まったのですが、
もう一日は友人のところに。私がわずか3年足らず働いていた会社員時代の同期。
貴重です。



川口といったら、デイジイです。
何店舗かあります。
どのお店も繁盛店で、リーズナブル。
DSC02020_20150415201203943.jpg
随分前にも伺ったことあるのですが。



デイジイに行ったらこれです!
一番手前の、「クロワッサンB.C」
これはかつて農林水産大臣賞を受賞した名誉あるパン。
(もう20年前とかではないかな??)
今でもテレビに出たりと大人気パン!
DSC02021.jpg
アーモンドケーキをクロワッサン生地で包み、
上にクッキーをソボロ状にしたものと、砕いたアーモンドをトッピングして焼き上げたもの。
B.C.のBはバター、Cはクロワッサン、クッキー、ケーキを意味しているそうです。



これが食べられたので、満足♪














an.さんのお菓子、いただきましたよ。
やっぱりおいしいよね。
特に栗が。
DSC01866_201504152120202c7.jpg

派手じゃないけど、一つ一つがきちんとした
丁寧な仕事が伺えるものって
やっぱりおいしいですね。
DSC01869_20150415212022f46.jpg

お菓子は特にそうだけど、
お菓子一つで芸術品というか作品なので、
繊細な仕事や
仕上の丁寧さ、
包装やラッピング、
そして紙袋までセンスが問われると思うのですね。

見た目で判断してはいけない、っていうかもしれないけど、
やっぱり重要ですよ。


















今年度のレッスンが本格的に始まりました。
始めましての生徒さん、どうぞよろしくお願いいたします。

だれだ??
4月はゆったり過ごせる~、なんて言っていたのは??(笑)

ぜんぜんキツキツではないか!




来週から自家製酵母のレッスンが始まるのですが、
なかなかいいイチゴが売っていない。。涙。
第一希望はイチゴなんだけどな。

DSC01888_2015041521063605a.jpg

みなさんの酵母もすくすくと育ちますように!

おまちしておりますね。






パンとケーキの店Daisy(デイジイ)東川口店

埼玉県川口市東川口2-5-1
048-294-0303
8:00~20:00
定休日 火曜日(祝祭日は営業)



Category:パン屋さんのパン 埼玉 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

小麦粉の世界を学ぶ。

2015.04.15 Wed
東京最終日にパンコーディネーター協会主催の
山崎豊さんの講習会<小麦粉の世界を学ぶ>に参加してきました。


DSC02023.jpg

山崎さんの講習って楽しくってだいすき!
何回か受けたことはあるのですが、
オヤジギャクっていうの?(失礼!)
トークがおもしろくって。

講習会ってパンはおいしいのはもちろんだけど、
説明とか、お話とか楽しいのがいいし、
受講者も楽しんでて、シェフも楽しんでる、一体感あるのがイチバン!って思うんですよね。


勉強になります。



知識って10あるうちの1つでも受講者に伝わるかどうか。
教えるって難しい。
たくさん引き出しを持っていても、うまく伝わらないことだってあるんだよね。

パン以外でも、ちょっとした所作や見て学ぶことたくさんあって、
すごく勉強になりました。




なんと、4キロを手ごねでバゲットを作っていきます。
4人で1グループになって、6グループだから合計24キロ!
ストレートとポーリッシュ。
DSC02022.jpg
こんな講習初めて!

家庭ではぜったいにできないし、
講習会でもだいたいデモがほとんどで生地は少ししか触らせてもらえない。


でも、今回は違う!
たくさんバゲットの成形もさせてもらいました。
うれしいな~。




これは私たちの班のバゲット。
どう?
なかなかでしょ?

DSC02040.jpg

やっぱり粉の甘味がでるのはポーリッシュですね。
香りから違います。
私たちの班はストレートだったんで。
でもクリスピーで軽くって焼き具合も好みな感じで(そりゃ、窯はプロがやってくれてますもん!)
おいしいバゲットができました。




家庭のオーブンで焼くバゲットは私はベツモノだと思っているんですね。

パン屋さんのやり方をそのままやっても絶対にうまくいかない。
生地量だって違うし、長くしちゃってもオーブンに入らない。
火力が弱いからオーブンキックするようにクープやホイロだって工夫が必要だし、
粉や水もうまく焼けるようなものを選んだ方がいい。

なので、たまーに、こうやって業務用の窯を使わせてもらうと、
いつもの癖がでちゃって暴れちゃったり。








ランチタイムが超豪華!
さすがのパンコーディネーター教会!

バゲットは粉違いを食べ比べ。


左から
FナポとGR全粒粉(50/50)
クラッシック(国産)
メルベイユ(フランス産)
(会場がNIPPNさんだったため、粉はこちらのもの。)
DSC02029.jpg



DSC02032.jpg



エシレやラフランスのコンフィチュール
ローズマリーのはちみつ
などなど。
DSC02031.jpg

もりだくさん!



メルベイユとエシレの組み合わせがやっぱりスキだなあ~。

あと、ハムとコンフィチュールも合わせるとおいしい♪

パンとの組み合わせって好みだから、
これとこれは合いますよ、っていう提案はされるけど、
あくまでも好みなので、自分のスキな組み合わせを探して、それを楽しめばいいのです。




小麦についてのお話も。
小麦については、今私もいろいろとまた引っ張り出してきて見直していることあって。。
また改めて書きます。
DSC02035.jpg









ロデヴも2種ありました。
こうやって製法や粉や一気に食べ比べることが出来ると、粉の甘味や風味、
旨み、味の濃さがよくわかります。
そして好みもわかりますね。
DSC02026.jpgDSC02027.jpg
DSC02028.jpgDSC02041.jpg
DSC02042.jpg


パン生地を扱うときは赤ちゃんを扱うように、とシェフは何度もおっしゃっていた。

そう。
パンは子育てと同じ。

一回目はよくわからない。
2回目、3回目になってくると、ご機嫌の様子が分かってくる。
パンは生き物だもんね。





この講習会で、仲良くしてもらっているパンコーディネーターの友(有名パン屋の奥様)に会ったり、
7年ぶりくらいに会ったパンの友(山崎さんの助手をやっていた!)
そしてまた
5年ぶりに会ったパンの友とテーブルが同じで
再開の一日でした。


みんながんばっていて嬉しい♪


そして山崎さんはものすごい数のレシピをいままで作っているコンサルタント。
レシピはただの一つの考え方であり、すべてではない、
レシピを作っていくうえで、勉強になること、たくさんありました。




ありがとうございました。









Category:講習会 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

やっぱりパン屋も。

2015.04.10 Fri
2日間、息子の引越の手伝いをしていてですね。

そんなに二人っきりで長い時間過ごしたことないものですから・・

だんだんと文句やケンカも増えてきまして

結局2日目の午後は、もう別行動にしました。






だって、あんな狭い部屋でテレビもなくって、PCもまだ繋がってないし
何をすればいいっていうんだ?!
手伝ってあげてるのに、いろいろ文句が多いし、
だったら自分でやれーー!

ってなるよね?





2駅隣のル・パン・コティディアンへ。
ベルギーのパン屋さんです。

DSC01961.jpg


もうすぐ高島屋にゴントラン・シュリエも入りますね。
オープン時はまた行列かなあ。
隣のギャレットポップコーンは2時間待ちだそうな。






疲れたので甘いもん。
そしてデトックスジュースっていう、スパイスがいろいろ入った柑橘系のジュース。
コティディアン1




しかしやっぱりトーキョー価格よね。
これ2つで1200円超え。
ランチ食べれます。



そういえば今一番話題のパン屋さん、
東京にやってきましたね。
マスコミに引っ張りだこ!
メゾン・ランデュメンヌ
フランス産バター使用のクロワッサンが500円なんだと!
(SSよりお高い!!)
ひと口100円??!!

大行列らしいから・・・
落ち着いたら行こう~~








サンドイッチを明日の朝用に買いました。
一つ500円ナリ。
コティディアン

まあ、でもこの次の日から息子は節約生活が始まるから
最後の豪華朝食。

エビ・アボカドサンド(わたし)
ローストビーフ(息子)



・・・たぶんこの次の日からは塩ごはん生活。(笑)
























たまーに買う雑誌があります。

&プレミアム。
DSC01887_201504101521107bc.jpg

昔、パンも特集していたね。

かなりマニアなんだけど、ひとつひとつがステキ。

写真もとってもキレイでこの雑誌まるごとがアートなかんじ。
このインテリア特集には鹿児島睦さんの部屋がまるごと紹介されていた。
やっぱりセンスいい人って暮らしぶりもセンスいいよね。
以前もどこかの雑誌に載っていたもん。
鹿児島さんの器も実は大好きなんだけど、
あまりにも人気だから敢えて買わない。




器だけに限らず、すごーーく売れちゃったりブームのものっていつもだいたい避けます。
(以前は流行りをおっかけまくっていたけどね。)


服でもバックでもブランドがあまり主張していなくって、
でもちょっとしたところにこだわりがある、
作りがしっかりしている、
そういうものがスキで
これってどこの?
って思えるようなモノたちを使いたいんです。

他の人が持っていないような。








この春、またあの器を買いにいこうと思います。




Le Pain Quotidien (ル・パン・コティディアン)

東京都小金井市梶野町5丁目1−1 nonowa東小金井 1F
042-316-7041
7:30~22:00
不定休



Category:パン屋さんのパン 東京 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |