RSS|archives|admin

シュトーレン・ロッソ2014。

2014.11.28 Fri
毎年クリスマス講習の時期は本当に寒くって、
廊下に生地やパンを置いておくとすぐに冷えたんだけど、
今年はすごーく暖かい!


うちのキッチンは日がよく当たるので、暑いくらい。
今日も窓開けてました。
朝はヒートテック着ててちょうどよかったのに、レッスン中は汗かいています。





先日レッスンで、
首を出すと寒いのよね~、という話で盛り上がり、
はっと気付くと
首の詰まった服、ハイネックやタートルネックを着ているのは40代、
デコルテのあたりまでスッキリした服着ているのが若い子!だった。。。

・・・年々首を出せなくなる傾向の私。。
今年はなるべくスッキリした服着よう~。










クリスマス講習始まりました。


赤い実のシュトーレン、今年はバージョンアップです。
DSC01329.jpg
オーガニックドライイチゴがたーーっぷり入っています。
ストロベリーパウダーも相変わらず高価。

売るといくらになるのかしら???






今年のラッピングはこんな感じ。
いろいろあって・・・。

それと、綿が使いたかったんです。
DSC01328.jpg



お久しぶりの方もいらっしゃり、
とーーっても楽しいレッスンでした。









サイドメニューはパン・ペイザン。
DSC01300.jpg
農夫のパンっていう意味です。
DSC01330.jpg







加水は80。
全粒粉、ライ麦も入ってクラムがしっとりもっちりとしています。
DSC01324.jpg

今日はウォッシュチーズとともにいただきました。
マサコさんのコンフィチュールや貴重なはちみつも合わせて。




今年は栗のシュトーレンをメインでやっていくのですが、
こちらの赤い実もすごく大好き♪





いちごってやっぱり女子の食べ物だわ。
なんだか甘酸っぱい。(四半世紀前のハナシ。(笑))





スポンサーサイト
Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

どのパンもおいしく。

2014.11.27 Thu
あちこちでクリスマスソングが聞こえてきますね。
レッスンでもクリスマスバージョンでお迎えいたします。
お部屋もちょっぴりクリスマス風に。
玄関で小さなツリーがお出迎えです。






今までピッツアはイーストでしか焼いたことなかったんだけど、
リクエストが多かったので、AKOでもやってみました。



生地がもっちもちーーーー!!
おいしいよ~~♪
DSC01265.jpg
はるゆたかのもちもち生地。いくらでも食べられます!

CAPUTOもおいしけど、これはこれで良さがあるね!


週末、よくピッツアを焼くんだけど、食べ盛りの息子たち。(オットもよく食べます。)
8枚焼くんです。

ピザ屋できます。






そして丹波の黒豆パン。
DSC01212.jpg
この成形、よく見ますね。
夏にはエダマメいれてもGOOD!


お持ち帰りの黒豆を渡し忘れたクラスありました。。。
ごめんなさい~~。
ただのバゲット生地だけになっちゃいましたよね。
すみません~。
うまく焼けたかなあ。










そしてこちらもリクエスト希望が多かったので
キャリアクラスであんぱんとクリームパンを。
まんまる成形。
あの有名店風?^^。
DSC01261.jpg
栗餡もそろそろ終わりにしようかな。





こっちは元気たまごのクリームパン。
DSC01259.jpg
今日のレッスンでクリームの配合間違えたみたい???


めちゃとろっとろでありえない柔らかさでした。
包むのほんとに大変だったよね。。
(というか包めてなかった。涙。。)
すみません~~。


あー、、最近ポカが多いな。
忘れっぽいし。








ピエニュさん。
頂きました。
(おっと豆成形・・こちらはチョコ入りでした。)
折り込みは間違いないおいしさだけど、
意外においしかったのが、一番奥のミニ食パン型で焼いた
紅茶とチョコとオレンジピールのパン、
しっとりしていてふんわり。そしてフィリングの合わせ方がとてもナイス!
DSC01303.jpg



最近調子に乗りすぎ2キロ太りました。。涙。。
年末までなんとかしないと~。(ゆきだるま式になってしまう。。)







Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

またハチミツにやられました。

2014.11.26 Wed
クリスマスを飛び越えて、年末年始のパンを考えたりしています。





手前のねじねじはマロングラッセ入り。
奥の変わりブールと豆成形は丹波の黒豆入り。



豆成形は今月やったので、
マロングラッセは1月のAKOでやろうかな。
DSC01172.jpg




先日、志賀さんの講習会でタンパク質分解酵素・プロテアーゼが生きたハチミツを使ったせいで、
パン生地がドロドロになった!
という話を書いたのだけど、


酵母量が多ければ大丈夫!
とおっしゃっていたので、
パネットーネに使用。






そしたら!

こんなんに!!!
DSC01147.jpg
なんじゃ???
このフラット!!!


酵母量多けりゃ大丈夫説はウソはっぴゃくだね!
これは金サフ1%入れたもん!!





冷蔵発酵で、生地が非常に固まっていたからあまり気付かなかったんだけど、
そういえば、分割成形するときも、どうも生地の状態がおかしかったぞ。
今思うと。
なんだかやけに手にくっつく。


で、ホイロ後。

一個生地を倒しましたん。
そしたら、生地が流れ出た!!!でろんでろん~~~って!

びっくりして、液体??!!


で、マカロナージュを塗ると、刷毛にやたらと生地がくっつく。というか生地は溶けているので塗れるわけがない。


あほうな私はそれでも気が付かず、
(おかしいな、とは思ったのよ。。)
焼きあがったら、ぜんぜん伸びんがね!!!




カットしましたら~~~。
ミゴトなカステラ。(チーン。。)
DSC01145.jpg
びっくりなパサパサ。(爆)

まあ、これはこれでこういうお菓子?




ここで、ハチミツのせいだ!と気付く。
(遅すぎるわっ!)




イタリアの会、ごめんなさい。


私の実力はこんなんではないのよ。



パネットーネ講習にお越しの生徒さま、
当日はちゃんとやりますんで。





生徒さん談。
どうやら、無殺菌とか低温殺菌とかが原因ではなく(これは低温殺菌だった)
ミャンマー産というのが危ないらしい。
ミャンマー産のハチミツのみ、タンパク質分解酵素が非常に強いらしいのだ。
(安いとか高価か、というのも関係ないみたい。)

味は濃くておいしいんだけどね。


これからパンにはミャンマー産はやめよう~~。。









あ、こちらパーネ・トスカーノ。
塩なしパン。
DSC01148.jpg

初めて食べると
なんじゃ?こりゃ?
って思うんだけど、
食べ続けると、クセになるんだな~、これが。



世界にはいろいろな食文化があるものだ。











Category:いとまゆパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

密会?(ビストロ・シェブン)

2014.11.25 Tue
今週からクリスマス講習が始まります。
どうぞよろしくお願いいたします。



今年はなんだか温かいので、もう年末?っていう感じがしない。
私だけでしょうか。。

・・・こうやってのんきにしているとあっという間に12月末とかになっちゃって、
あーあ、今年も一年早かったね、とかなんとか言ってしまうのが目に見えている。。




いろいろパンも焼いているんですが。
DSC01194.jpg
ブログ更新が滞りつつあるので、全部が紹介できません。。




最近は自家製酵母も随分加水を増やしています。
DSC01177.jpg


クリスマスメニューでもペイザンをご用意していますよ。
加水80です。(自家製酵母)









心の妹、ちかちゃんとほんっとに久しぶりにデートしました♪
実に・・・8か月ぶりぐらい??

たくさん話して聞いてもらって、また話を聞いて。
そういう時間と友がいることは実に貴重。


大須のビストロ・シェブンに。
こちらもかなーーり久しぶり!


久しぶりに伺ったら土日のランチ営業がなくなっていた・・・。
ざんねん。。







前菜の盛り合わせ。
パテとリエットと生ハムと~。
DSC01180.jpg
バゲットはメゾン・カイザーのものをこんがり♪




久しぶりに来たんで、こちらも。
白身魚のクネル。
ここのスペシャリテ。
DSC01181.jpg
すり身にした白身魚がアメリケーヌソースでオーブン焼きされています。
パンが進む進む!




こちらのお肉、ボリューミーだけどおいしかった!
記憶が薄いけど確か鹿肉だったような。
丸ごとベイクの玉ねぎもあまーーい!
DSC01182.jpg




ここに来たら、デザートを頼まなくっちゃ♪
パティシエの奥様の作るデザートはどれも絶品なの!

うふふ。
モンブラン。
間違いないね。
DSC01183.jpg

そしてコーヒーをいただいて


ごちそうさま。






大人になってから、腹を割って話せる友がいることが
本当にしあわせだと思う。

価値観や、考え方、生き様なんかが共感持てる
そして互いを刺激し合える
尊敬できる人

気取らず、自分をさらけ出せる
自分の汚いところも、嫌な部分も

結構ダークな部分があるので、私。(笑)


また充電切れかかったらゴハン行って、毒吐くから。(笑)

貴重な時間、いつもありがとう~~~。
また私もがんばるよ!







Bistro Chez Bun(ビストロ・シェブン)

名古屋市中区大須2-9-35 ラ・フォンテーヌ大須1F
052-231-4823
18:00~24:00
水曜日・第二火曜日休み



Category:外ごはん | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

Bon Painがたくさん!!

2014.11.23 Sun
先日、びっくりなパンの小包が届きました。




突然のことでびっくりと、
そのパンの量にびっくりと
そしてクオリティーの高さにびっくり!
そしてそして、あまりのおいしさに本当にびっくり!!!

DSC01219.jpg
(自家製スイーツパプリカも入っていました。)
ちょうどレッスンの最中に届いたんで、中身はパン、と書いてあったので、生徒さんたちと開けてみたんですね。



うわわわわーーーー!!!!

なんですかー!!この超おいしそうなパンたちはーーーー!!!



始め、送ってくださった方の手紙をさーーっとナナメ読みしてしまって、「おすそ分け」って書いてあったんで、
ご自分の好きなパン屋さんで買って、わざわざ送ってくださったんだ~。
って思ったのですね。





で、生徒さんたちが、どこのお店のですか??
っていうので、

えっとね、えっとね、
とお手紙を読んでいったら・・・・・






なんと手作り!!
自家製!!
しかも
家庭のオーブンで焼いている!!!


もうほんとにびっくりして、
(この時点でレッスンのパンはどうでもよくなり・・・)

この日の生徒さんたちと山分けしました!!

せっかくですもん。
おいしいものは味の分かる人たちと分かち合わないと!!
(というより冷凍庫パンパンで入る余地もないし、一人で食べるには勿体なすぎる。。)




カットしてみた。
DSC01240.jpg
ものすごいいい香りが漂う。

パンの香りは水分中に存在する。
高加水なんだ。



いろんなパンが入っている。
数種の酵母を駆使して焼かれたとてもいい顔をしたパンたち。







●パン・オ・セーグル(サワー種)
ライ麦100%
DSC01215.jpg
ライ麦の粒とフロッケン(押し麦)入り。それが餅麦のような食感を出し、もちもちとしてとてもおいしい。
加水も多い。
ライ麦の酸味はほとんどなく、かすかに感じる奥深い酸の味わいが
ライ麦の甘味の中から滋味深く感じられる。
非常に奥行きのある味。





●パン・ド・メテイユ(上)レーズン種+サワー種
●パン・オ・セレアル(下)ホップ種+ルヴァン種
DSC01230.jpg
メテイユとはライ麦50%小麦50%のセーグルのこと。
まず見た目が売り物同然!
よーーく焼き込まれたクラストの焦げる寸前のキャラメル化したところが非常に香ばしく旨みがある。
ライ麦が新鮮なんだろう、
ライ麦の重さを感じられない。
そしてライの持つ独特の穀物臭もない。
非常に食べやすい。


セレアルはこの中で一番好み!!
雑穀とシードがたっぷり。そしてかなりの高加水。
瑞々しい気泡がカットの断面に主張し、ひと口噛むと、じんわりと小麦の甘味のなかから水分があふれ出るような、そんな味わい。
縦伸びした気泡はホップのお陰。
こんなパン、私も焼きたいなあ。








●ブリオッシュ(左下)ホップ種+レーズン種+ルヴァン種
●パン・ド・ミ(右)ホップ種+レーズン種
DSC01232.jpg
発酵バターが香るブリオッシュ。
口どけがとてもよく、若干重めの生地を少しずつ口に含むと溶けるように滑らかなバター風味がふわっと広がる。
ルヴァンの爽やかな酸味が発酵生地のもったりを取り去り、
どれだけでも食べられる。

のびのびとしたパン・ド・ミ。
ホップ種の特徴を生かすパン。
軽くトーストするとクラストのややヒキのあるバリバリが非常においしい。
クラムも軽すぎなくもっちり、とても好きな食感。
私はこういう食パンが一番すき。
SSのパン・ド・ミの食感に遠からず似ている。
発酵バターとはちみつでいただいた。しあわせ!!










●パン・オ・ルヴァン(上)ルヴァン種
●フィグ・ノア・カレンズ・オランジェ(下)レーズン種+ルヴァン種
DSC01231.jpg
このルヴァン、もちろん味もおいしく驚きなんだけれども、
すごーーーく大きいんです!!!
まさかこれを家庭のオーブンで???
いやいや、ムリでしょう~~???

・・・と思ったのですが、聞いたら家庭用の電気オーブンの天板いっぱいサイズに焼いたそう。
下火もしっかり入っているんですよ!



フリュイのパンは間違いないでしょう!!
このパンがおいしくないっていう人いるの???





セレアルの断面。
このたっぷりと水分を含んだ発酵の軌跡がわかる気泡みてください。
DSC01236.jpg
ルヴァンの断面。
DSC01237.jpg

加水が多い=高加水ではない。

加水が多く入っていて、尚且つきちんとグルテンの中に水分が存在し、発酵したものを高い加水という。
前者はでんぷんの塊でしかない。





そして
ブリオッシュ・マロン
フィナンシェ
DSC01248.jpg
自家製マロングラッセをダマンドと包んだもの。
もう、おいしすぎ!
はい、もちろん独り占め!(笑)
ほんとにほんとにおいしい栗だった。
栗の甘味を生かしたマロングラッセ。

フィナンシェのプードルは自家製ですよね?
かなり粒度が粗く、素朴な感じのフィナンシェ。手作り感満載。
ほっこりするお味で丁寧な仕事が伺えました。






嬉しさと驚きをそのまますぐに伝えたくってすぐにお電話しました。

ルヴァンを除いてはすべて前日の朝に焼き上げたそう。
しかも東芝の電気オーブン一台で。
すごすぎる。

・・・もう、「うち、オーブンが悪いんで」っていう言い訳は神話にしか過ぎない・・・。







ピエロさんは←生徒さんがそう呼んでたので。
以前少しだけパン職人をしていたらしいのですが、
今は事情があって違う仕事をしている人なんですね。
でも、いつかパン屋を開きたい!って。



先日の志賀さんの講習会に参加してくださった方なんです。

今はお家でパンを焼いていらっしゃる。





うんうん。
こんなにおいしいパン、
たくさんの人に食べてほしいな。

いつかゼッタイパン屋さん開いて欲しいよ。





久しぶりに、心からおいしいと思ったパンを食べました。
ありがとうございます!

パンってやっぱり人をしあわせにしますね。


パンのご縁に感謝です。




直筆のお手紙。
お人柄が表れています。
DSC01239.jpg









そして、あまりの興奮に、
生徒さんが持ってきてくださった非売品のクッキー(カフェ・タナカのお取り寄せ、婦人画報でやってたやつ?)をお分けするのを忘れました。。
ごめんなさい。
DSC01241.jpg




Category:いただきもの | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

杉窪氏からパンの考え方を学ぶ。

2014.11.18 Tue
先月のことになりますが。。

365日の杉窪氏の講習会が埼玉の愛工舎さんで行われ、参加してきました。


杉窪氏といえば、名古屋テーラ・テール、福岡のブルージャムのプロデューサー。
また数々のパン業界の仕掛け人として名を派す、まさに今年のパン職人オブザイヤーに輝くまさに時の人!!
(注:実際はそんなオブザイヤーはないです。。)





今年、本当に杉窪さんの名前を見ない業界誌はなかったですよね。
ご縁あり、何度かご一緒させていただいたことがあるのですが、
センスもパンの技術も料理(サンドイッチなど)も食全般に対する考え方も素晴らしい。
経営者としても才能ある方だと思う。




今年業界で話題をかっさらったヌーボー小麦も杉窪さんの発案。
杉窪さんは小麦はまずそのまま粉で舐めるとおっしゃる。
味がそれぞれ違うのだ、と。
酸化しているのか新鮮なのかも分かるらしい。

そして小麦は色で分けている。
白・黄・茶・灰。





DSC01150.jpg

ベーカリーブックの杉窪さんの記事読まれましたか?

コンベクションオーブンで焼くバゲットやクロワッサン。



今回の講習会は、そのコンベクションオーブンを使ったパンの製法と
理論とりくつに基づくフィリングの考え方や作り方。




家庭製パンではコンベクションオーブンを使っている人(私もそうだけど)が多いと思うけど、
杉窪さんの製法は
コンベクションでハード系は焼けない!というのは神話でしかないという提唱の仕方。


実際、私もリンナイのガスオーブンでなんとかハード系を工夫して焼いているが、その考え方の根本的なところは同じだとわかって、
以前とてもうれしかったものだ。


実際、杉窪さんのお店やプロデュースされたお店はコンベクションを使ってパンを焼いている。









今アメリカからやってきたニューヨーク風のクロワッサン、日本でも食べられるようになったのだけど、
杉窪さんは実際NYに行ってアメリカ風のクロワッサンを食べて試作を重ねられた。
この日の講習は、ブラフベーカリーの栄徳さんも参加されていたんですが、たまたまアメリカ行きが重なったお二人がNYで食べたクロワッサンの再現を
FBでやりとりをされているのが話題になっていて、
そのクロワッサンを実演。
(でもまだ完成形ではないとおっしゃっていた。)
DSC01157.jpg

クロワッサンのおいしい定義。

なるほど。

フランスのクロワッサンとは違う。


DSC01158.jpg

使用粉はもちろんすべてのパンがオール国産。北海道小麦。

ランチででたサンドイッチやキッシュのクオリティーも超一流。







かじりかけですが、バゲットの製法違い。
同じ配合で中種の粉をチェンジしただけで、すごく差がでる。
やはり、粉選びは重要なのはもちろんのこと、種で使う粉は非常に重要なのだ。
DSC01159.jpg


あと、あまりのびっくりだったのが、
ゆめちからの食パン、
の製法。



あんなの見たことない!
捏ね上げ生地は水が浮いているような?
グルテンは切れてしまったような?

びっくりな生地の出来上がりに、私は何度も
「これでいいんですか?」「なんでこれなの?」「高たんぱく粉だから?」
と質問攻めをしたのですが、杉窪さんは
笑顔で
「え?何がいけないの?」
ってかんじで。



斬新というか奇をてらっていて。


でも食パンはおいしかった。
びっくりするくらい。



講習会中、なんども「でんぷんの糊化」という言葉を発していらっしゃった。
パンにとってはこのキーワードがかなり重要となる。





とにかく、斬新な、そして見たこともない製法や考え方ばかりで
会場は騒然となっていた。


杉窪さんはパンの世界に入ってまだ数年だけれども(その前はパティシエをされていた)
生まれ持ったセンスというか、パンの神が宿っているような人だと思った。




こういう吐出した飛び出た考え方のパン職人さんは今後、パン業界が大きく飛躍する人材だと思う。
杉窪さんは私と同じ歳。
同世代であってこんなに素晴らしいパン業界を背負って立つ人がいることを誇りに思う。






そう。
パンってやっぱり自由に楽しく作ればいいんだ!
そう思った。

伝統的な製法ももちろん大切で、それを分かった上での、踏まえた上での自己流なんだろうけど、
決して教科書通りでなくてはいけない、ということはない。




杉窪さんはタイマーを使わない。
お店のスタッフもそうだ。


仕事とは、状況把握・判断・実行。


小麦粉は農作物、日々違う。
小麦粉の気持ちになれば、何分捏ねればいいか、何分休ませればいいか、
そういうのが分かるのだろう。


まさに合理性を追求し、素材の美味しさを引き出すがテーマの講習会だった。










これで、この秋の講習会は最終章。

たくさん学ばさせていただきました。

どのシェフも自分に自信と誇りを持ってパンを焼いていらっしゃる。
どれが正しく、どれが間違っている、ということはない。

どれも正解なのだ。

これから、学んだことをきちんと自分の中に落とし込んで、また自分のレシピとして表現していこう。






杉窪さんは「個人店じゃないとできないことを」とおっしゃった。
ラインに通せないパンづくり、
コンビニではできないパンづくり。


まさしく、家庭で作るパン作りはもっと自由な発想でいいんじゃないか、って思った。
手作りだからこそできること。

そういうパンを焼いていきたいな、と思った。


パンをいっぱいいっぱい焼きたい気分。
新しい粉にやってみたい製法、いろいろある。


情熱的な講習会をありがとうございました!








Category:講習会 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

食パンとでんぷんと。

2014.11.16 Sun
先週のハナシ。


高島屋の催事「おいしい生活」行ってきました!
時間がなくって18時近くにダッシュでシニフィアンとオリーブオイルを見ただけ。


結構見たいお店あったんだけどな。
しかし平日なのにすごい人だね。
びっくり。
土日なんて恐ろしいね。きっと。。。




お得な1000円セットをゲット~~!
これは本店では買えない、催事限定のお得セットなので非常にウレシイ!
レゾネとパンオヴァン入り♪
DSC01209.jpg
あ、左上のパンオヴァンは別で買いました。


この催事でうちの生徒さんがちょっとしたトラブルがあったらしいんですが、
強縮するほどの丁寧な対応でやっぱり一流のお店ってクレーム対応も超一流なのね!って言ってました。

シェフに伺ったら、クレーム対応は特に指導とか決めたことをしているわけではなく、
個人に任せている、とのこと。



やっぱりスタッフの意識レベルがとても高いですね。さすがだな~、と思います。


どんなお店でもそうだけど、クレームしたときにその本質が見えますよね。
大手メーカーや企業ならマニュアルがあるだろうけど、
それも心のこもっていないただの作業的なフォローだったりするとがっかりだし。


その対応する人のクオリティーの高さもあるんだろうけど、
結局採用して雇っているのはそこのお店(会社)なんだから、素晴らしい人材が揃っているということはやっぱりそれだけ店全体の信用が置けるってことに繋がりますね。



っていうか先日シェフに用があって電話したらシンガポールだった。。
電話代結構使ってしまったかも~~><。












こちらくまくるさんのバナナキャラメル。
くまさんに行くと元気になる!

所要で寄ったときに買ったものなんだけど、
実はそんなに期待していなかったんだよね。(ごめんなさい。。)
DSC01122.jpg
きつく焼かれたサクサクのフィユタージュに濃厚なカスタードとキャラメル!そしてバナナがめちゃ合う!

また食べたいす。











寒くなったので高加水のパンを。
くるみロデヴ。(厳密にはロデヴ風)
加水100。
DSC01242.jpg
今年のロデヴはどうも生地がダレる。
なんでだろう?
オーブンキックに欠ける。
酵素がちょっと強いかも???
ERです。
モルト入れないでやってみようかな。



DSC01205.jpg
高加水のパンって水が多く入りゃいいってもんじゃないけど、
やっぱり水和をよくしたでんぷんを食べるのって日本人はスキだと思う。

私もね、ご飯もやっぱりもっちりとねばっこいものがスキ。
昔は結構水を控えめにして硬めのご飯を食べるのがお気に入りだったんだけど、
最近は新米でもあんまり水を控えることなく、そのでんぷんの粘りの甘さを味わうのが好きになった。



ほら、白米を口の中でずーっと噛んでいると、どんどんと甘味が出てくるでしょう?
その甘さだよ。







こちらは湯種。
ゆめちから100と
はるゆたか100.の50・50
DSC01207.jpg
こういう贅沢な配合は家庭製パンならではだと思う。

かなり材料費かかるしね。


これは加水90だけど、ほんとにべたべたになるので、85くらいでやってみてください→生徒さんへ。



こちらも湯だねのお陰ででんぷんの甘みを味わうパン。
砂糖は2%だけども、小麦粉中のでんぷん(麦芽糖)が甘味をだしてくれて、ほんのりと甘い。



砂糖の甘味はすぐに飽きるけども、麦芽糖の甘味というのは飽きがこなく、ずっと食べ続けることが出来る。





志賀シェフの食パンのイメージは横に緩んだような感じに伸ばす(グルテンを横に伸ばす)そうだ。
通常、食パンは上へ上へとグルテンを縦のびにするのが通常だけれども、
そういう方向性の違った食パンがあってもいいんじゃないか、
とレシピ本を見直したら書いてあった。

なるほど、だからパニムール型で平たく焼くのか。





となると私の食パンは伸びないけれども、小麦の持つ甘味と水分を凝縮したもの、ってことになると思う。

かるーくトーストして無塩バター+はちみつで食べるのが最高においしい♪



どれも正解はない。
自分の好きなように。
レシピを組み立てていけばいいんだ。





やっぱり私はでんぷんが好きみたいです。。。






Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

今年も。

2014.11.15 Sat
いとまゆカレンダーが出来上がりました。

画像が暗くすみません。。
DSC01249.jpg


なんだか毎年バージョンアップしてきた感じ。


描くのにかなり時間がかかってしまった。。

もしよろしければ、来年も飾っていただけたら嬉しいです。


カレンダーをご希望の方は、「カレンダー希望」と明記の上、
①お名前
②メールアドレス
③郵便番号・住所
④連絡先電話番号(ケイタイ)

を添えて、左のFC2のメールフォームよりお申込みください。
一部500円+メール便80円です。
(ハガキ大の大きさになります。卓上タイプです。)

追ってこちらからご連絡いたします。


昨年は増版したのですが、今年は増版はいたしませんので、よろしくお願いします。


レッスンにお越しの方(クリスマス講習も)は教室でご用意があります。






調子に乗って、また13枚も画いてしまった~~~。
(去年もやったぞ。懲りないワタシ。。ほんと成長がない。。)















私もとうとうやっちゃった~~~!
塩ロール。
DSC01246.jpg
実はちょっとバカにしていたんだけど。

なにーこれ!

めっちゃおいしいじゃん~!

塩ロールちゃん、バカにしてごめんなさい~~。

売れるわけ分かるなあ。

大手ではこれはマーガリンだろうけど、この万人受けするお味。
庶民のお味。
3個は軽いね!


市民大学でやるからね~!


・・・でも結構なバターを使用しますぞ。
このバター不足に。。涙。



いや、私はバター貯金をしていますからね~。
これからやってくるシュトーレン講習の為に。
冷蔵庫+冷凍庫にかなりの量のバターがストック中♪




これは先日のパンとワインのセミナー@キッチュエビオ。
DSC01251.jpg


来月はクリスマスで持ち寄り会♪
楽しみですね。






Category:いとまゆパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

チーズと酒精強化ワイン。

2014.11.09 Sun
お知らせ。

志賀シェフのブラック食パン型を注文された皆様、
見積もり変更が来ておりまして、お値段が若干高くなっております。
1つ3600円でのご案内でおりましたが、3750円になります。(税込)
どうぞよろしくお願いいたします。






家の外壁を塗り直していまして、この2週間とちょっと、自宅レッスンをお休みしていました。
外部レッスンは通常通り入れていたんですが、かなーーりゆったりした15日。


外壁キレイになりました。

となると、内側の壁やクロスが気になってしょうがない。。
うううう~~~~、家中もリフォームしたい~~~。
次男が産まれる前に家を買ったので、子供目線の手垢の跡がすごい!
和室の障子なんてひどい!手垢だらけ。。とほほ。。







今までレッスンばかりで忙しくて時間が取れなかったけど、
友達の新居にお邪魔したり、ベビちゃん見て癒されたり、
新粉も試したり、
講習会に参加したり、
ずっと会えなかった友に会ったりして
かなり充実した日々を過ごしていました。


扇風機まだ出てます。。。
あーー、あと一週間くらい自由な時間がほしい~~。
結局家のことが後回し・・。


とりあえず、クリスマス講習までは若干ゆったり目で過ごします。







先日のとチーズセミナー。
後期始まりました。
後期はチーズと合わせる飲み物。

酒精強化ワインです。

フツーのワインもあまり飲めないのに、強化ワインで
かなーりアルコール度数が高く、ちょこっとずついただいただけだったんですが、
酔っ払いました。。。


酔いが回ってくると、おいしいチーズもだんだんと味が分からなくなり・・・。
ただ、飲んで食べただけ。(笑)
DSC01132.jpg
手前の白カビより時計回りに
コンテス・ドゥ・ヴィッシー
クーロンヌ
ピアーヴェ・ヴェッキオ・オーロ
スティルトン
ミラベラ
トラップ・エシャルニャック



スティルトンの状態がすごーくよかった♪





そして分からないお酒たち。
初めて飲むものばかり。
4本でたのですが、酔い始めてて、写真撮り忘れ。

左・マディラ、セルシアル
右・ポート、カレム
DSC01135.jpgDSC01136.jpg
VDN・バニュルス
DSC01137.jpg

この他にシェリー酒もでた。




酒精強化ワインの意味も知らなかった私。

お酒の世界・・・わからないことだらけ。。。。


美食家たちに言わせると、
お酒飲めないなんて、食事の半分しか楽しんでないじゃないの!って叱責されるんですが、
そうですよね~、
私もお酒飲めたらどんなにもっとパンやチーズやお料理が楽しめるのではないか~、
って思うんですけどね。。





次回はチーズと紅茶。
たのしみ!







お持ちしたパンはノア・レザン。
DSC01130.jpg
酵母はデアウエアと巨峰。
王道の組み合わせ。

酵母が若干放置だったんで、心配だったけど、なんとか頑張ってくれました。


酵母も何度がリフレッシュして今はかなりいい状態に戻っています♪



さて。
今週からまたガッツリがんばるぞ~!



Category:パンとチーズ | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

チーズにカレー。

2014.11.03 Mon
インフルエンザの予防接種を打ってきました。
受験生二人を抱えてますからね。
でも、このワクチンって病院によって違うんですってね。


うちは3人でいつものかかりつけで9000円ナリ。
で、最近、開業しました、っていう内科のチラシが入ってきまして、
オープン価格で一人1500円、て!


うそーん。
この差大きくないですか???








えっと、私も今年はPTAでして、中学の運動会の長縄飛びに参加。
結構、ナメててヨユーヨユーなーんて思っていたんですよね、
で、諸事情もあり、練習も不参加しまして
本番を迎えました。



いやーー、
もう死にそうに辛かった!

でもなんと18回も飛べたんですぞ。
足のガクガク度はすごかったですが。

気持ちだけは昔のままってまさにこのこと。
リレーも声かけられたけど、断ってよかったよ。。



しかし、体育祭って初めて行ったけど、見ごたえあるんだね。
今まで男性の市民大学が入っていたのと、
うちの息子たちは運動はニガテなんで、観に行ったことなかったんです。
(ダメ母でごめんなさい。。)



最後だし、ムリムリ変更してもらって
行けてよかった。
息子もとっても喜んでたし。




・・・でもこの次の日、振替休日でとんでもない素行の悪さをやらかしまして、
締め出してやった!夜中の2時まで!←私もワタシ、相変わらずのオニハハ・・。








10月のチーズのクラス。
DSC01117_20141031211640964.jpg
左前の黄色いチーズは トムドサヴォワ 時計回りに
トムドシェーブル
アフィレッタ
パヴェダフィノワ



うっかりしていて、空席あったのに、募集するの忘れてしまった。。。







このとろっとろのパヴェダフィノワ♪
すごいでしょ~。
DSC01118_201410312116426c1.jpg
最高の状態!





そしてカレーパンを。

侮ってはいかん。
カレーパンだってちゃんと作れば本当においしいんだから!
DSC01112.jpg
レンコンとカルバンゾーを入れて、スパイスで味付け。



パン粉も自家製。
というか、怒られそうだけど、このパン粉はあの有名店のバゲット。
DSC01114_201410312116159a3.jpg
バゲットを極粗目パン粉にしてとんかつやサーモンフライやってみ?
がりがりですっごーくおいしいのよーーーー。






えーっと。

カレーパンはまた100年封印。(笑)












ちょっとした知り合いなんです。
半田のPain de mieさん。

以前に東浦でパンを売っていらっしゃったのですが、半田の住吉に移転。
女性の店主さんが優しい丁寧なパンを焼かれていますよ。
DSC00850_2014103121191194a.jpg




どうぶつパンがとってもキュート。
さすが女性目線のパンだわ。
仕事がキレイだし、かわいい。
DSC00852_20141031211912dfa.jpg
いろいろ入ったミニあんぱんも4種セットで確か200円だったかな。

とにかくお値段も優しい。


また寄らせてもらうね。
ありがとう~~~。





Boulangerie Pain de mie

半田市住吉町3丁目135-1
0569-77-0808
日・月休み





Category:パンとチーズ | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |