RSS|archives|admin

やっぱり大切な小麦選び。

2014.09.28 Sun
口内炎が出来て、とってもイライラないとまゆです。。
食べたいものが食べられない。涙。

流動食系のものを食べています。







今日、東京で小麦ヌーヴォーのイベントがあったようですね。
始まる前から大行列で、すごくたくさんの人たちで大盛況だったとか。



今年から始まった取り組みですが、アグリシステムさんが発起人で、今年採れた新麦(小麦ヌーヴォー)でパンを焼く。
それを解禁するイベント。

9/23に十勝で大きなイベントがあって、参加したパン屋さんたちが新粉でパンを焼いて販売。



お店でもヌーヴォー小麦を扱っているところたくさんあったようです。
(名古屋はどうなのかな、テーラテールとかはやってるかも。)



私は消費ロット数が少ないので、参加はしていなかったのですが、非常に興味あるイベントです。




国産小麦は秋撒き小麦(ゆめちからなど)春撒き小麦(春よ恋など)があります。
(最近は、はるゆたかは初冬撒き小麦と言われています。)

秋撒き小麦の収穫が5~6月、春撒き小麦の収穫が7~8月、
そしてサイロに入れられ、乾燥の過程を経て、小麦粉として製粉されるのが、毎年今くらいの時期。
今まではひっそりと(?)小麦が新粉に変わっていたのですね。




そして、これまでは新粉か去年の粉かっていうのは小麦を販売している小売店ではわかりませんでした。


ましてや、パン屋さんのパンなんて、
古い粉で作られているのか、新しい粉で作られているのか、消費者には全くわかりません。




小麦は農作物。
お米と一緒。


日本人は今まで、お米は新米を好んで食べるのに、
小麦の鮮度ってそんなに気にしていなかったですよね??



でも新しい小麦って本当においしいんです!
そして挽きたてはもっとおいしい!
(本当に挽き立てに拘るパン屋さんは石臼で自分で挽いていらっしゃいますよね。全粒粉は特に酸化が激しいので。お米だって精米仕立てがおいしいんですもの。)
新粉は製パン制は難しくなりますが(吸水など安定が悪い)
おいしいパンになるのです。


酸化と熟成。
この2つのバランスがうまくとれているとパンっておいしくできる、と先日竹谷先生もおっしゃっていた。


野菜やお米は鮮度に拘るのに、どうして今まで小麦の鮮度に注目されなかったんでしょうね?

思えば不思議なことで。

いっくら、オーガニックに拘ったり、副材料を厳選していいものを使っていても小麦がきちんとしていないといいパンは焼ける筈がないのにね。





私も来年小麦ヌーヴォーやってみようかな。










ある日のレッスン、この日はイタリア系のパン。



ERで歯切れよく。高加水。
DSC00938.jpg




DSC00940.jpg




はるゆたかでもっちりと。
DSC00939.jpg





そしてこちらはイタリアのCAPUTO。
DSC00937.jpg


やっぱり粉って大事。








スポンサーサイト
Category:素材 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

カンパーニュの水分比較。

2014.09.22 Mon
やっとお花が飾れる気温になりました。



どんどんとお部屋の温度が上昇するので、夏の間なかなかお花が飾れなくって。。。
蘭も枯れました。。。(お中元とお歳暮で年に2回いただくんですが・・うちの室温でなかなかいい風に保てません。。涙)








秋は実の季節ですね。

お花ってタイミング。
たまたまいい子たちが揃っていたので、気に入った子たちを連れて帰ってきました。
9月の花
左から3番目のフラワーベース。
ステキでしょ。
これとってもセンスある生徒さんが辞めるときにプレゼントしてくださったんです。
scopeのものです。
このフラワーベースが9月末までセール中♪欲しい人はぜひに。





ただいま落ち着いた玄関になっています。
生徒さんたちをお待ちしています♪
9月の花1











先日のパンとワインのセミナー@キッチュエビオ
カンパーニュの水分比較。

50、60、70、80の水分を変えて。
うちの酵母種は80の水分なので、かなりゆるいです。

DSC00902.jpg
結局は好みの問題なので。

水分って入ればいいってもんじゃない。


入れようと思えば製法や粉を変えれば、100%以上だって入る。
でもそれがおいしいかおいしくないか、
その人の好みか好みじゃないか、っていうのは別で。

水分入ってもデンプンの塊になっているものだってあるし。
うまく水分が抜けていないと。



パンにもよるだろうけど、私はカンパはそんなに高加水じゃない方がスキだな。





こちら80%。
DSC00904.jpg



断面。
カンパーニュの水分比較




水分70で、フィリングがたっぷりなのがだいすき。
ワインの会にはこいういうのが喜ばれます。
DSC00903.jpg


クープ開いちゃったダメダメな子も。。。涙。。
(しかも片方しか開いてないやん。。)

DSC00905.jpg


みんななぜカンパーニュにクープを開こうとするの??
カンパーニュの意味って分かっていますか??

見た目がいいから??


ものすごく老化が早くなっちゃうのに。。。





加水を少な目にしたり、ホイロを若めにとれば、必ずクープって開いちゃいますよ。


また教室でお話しますね。



・・・・・・・

日清製粉グループのサンドフルライフ今月のレシピ提案をさせていただいております。

今月はちびっこ向けのサンドイッチです。よろしかったらご覧くださいね。どうぶつサンド。こちらです。






Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

竹谷光司先生の講習会。

2014.09.20 Sat
すっかり秋めいてきましたね。
パンも焼きやすい季節。
うれしい。





先日、埼玉でパン教室「ぷれっちぇる」というパン教室を主宰している山田さんにお声をかけていただきまして、竹谷先生を囲んでの講習会、そしてプチ講演会に参加させていただきました。

DSC00911.jpg

山田さんとは5年前くらい前に、あるシェフのご紹介でお知り合いになり、愛工舎さんで主催されている、ホシノの福王寺さんの講習会に出させていただいたり、パン繋がりでずっと仲良くさせていただいています。
穏やかな優しい方ですが、ものすごく勉強熱心でコツコツとパンを真面目に焼いていらっしゃる方です。









竹谷先生といえば、パン業界を代表するパンの神の一人。
ここ続けて、とんでもない重鎮の方々の講習にださせていただいて、学ぶことだらけです。
(来月は志賀さんもあるしね。今年の秋はどうかしちゃってます!!!)


パン職人なら誰もが持っている製パンのバイブル、
新しい製パン基礎知識。
竹谷先生の本
本当にすばらしい本です。

何度読んだことか。

その竹谷先生に直々に教えていただける講習会。しかも山田さん宅だったので、受講者が7名という贅沢すぎる会。





もちろん行きの新幹線の中でも読み返し。
お陰で先生の話す内容がすごくスムーズに頭の中に入る。








竹谷先生に初めてお会いしたのは6年前。竹谷先生の講演会。
(お会いしたというのはおこがましい。この時は講演会にただ参加していただけ。)

この時は私はまだまだ未熟者で、理解度が浅く、竹谷先生のお話されるいろいろなことがちんぷんかんぷんで、不覚にも4/5くらい寝てしまっていまして・・・。今思うとなんであんなすばらしい講演会で寝てしまったんだ!!!
あーもう、ほんと私ってアホすぎる。
もう時効だと思うからお許しください。すみません。。







その後、日清製粉を退職されて、ご自身のお店をオープンされましたので
ぜひ行ってみたくって。「つむぎ」というお店です。3年前に伺いました。

その時に初対面だったにも関わらず、お店の厨房を見せていただいたり、お話をお聞きしたり、二階の書庫までご案内してくださったり、
本当に心温まるご対応をしていただきまして、一気にファンになったんです!!

人としても本当に心優しい素晴らしいお方です。




その時の記事はこちらこちらです。







この日は手ごねで食パンの焼き比べ。
DSC00922.jpg
右から
①ゆめかおり(11.8)
②ポリパンゆめかおり(11.8)
③ゆめかおり+薫風(11.0に調整)
④キタノカオリ(12.0)
⑤キタノカオリ+薫風(11.0に調整)

ゆめかおりとは今関東で栽培品種の一番のパン用小麦。栃木産。長野や栃木でも栽培されている品種。
薫風はうどん用粉。タンパク質の調整用で今回使用。


竹谷先生は家庭製パンに教えるのは初めてということで、非常に緊張していらっしゃるとおっしゃっていました。

家庭では12%以上の小麦は適さないのだとか。
グルテンが強すぎて、うまくその良さを引き出せないと。


そしてよくパン業界で最近話題になるアンミキシングの原理、非常によく理解できました。
実際の生地でアンミキシングをリアルに体験して、なるほど、最後に高速でミキシングかける意味が分かりました。







②のパン。
梶さんのポリパンで実験。

DSC00913.jpg


この日、happy DELIを主宰する梶さんともご一緒できました。
うれしい!






梶さんとは3年前の北海道のベーカリーキャンプで知り合い、本当に本当に尊敬する方。
ポリ袋を使って捏ね(まぜ)フライパンで焼くという簡単パンを
東北復興のためにプロジェクトを作ったり、カンボジアでパン教室やったり。

こんなにアクティブなのにママで家のこともやってる。すごすぎる。



パンってさ、種に拘り味わい深い、おいしいかっこいい本格的なプロのようなパンを作って教えるばっかりじゃない。
梶さんのように、誰もが、子供でも、老人でも、今日初めてパンを作る人でも
捏ねる場所がなくっても、オーブンがなくっても、作れちゃうんだよ、というパンだってある。

本当にすごいよ。
そんな家庭でパンを作るっていうパン作りのハードルをずいぶん低いところまで下げた。

最近はオーブントースターでのパンを焼いているそう。



DSC00934.jpg
去年、志賀さんの講習に参加してくださった梶さんに頂いた。
本も3冊出していらっしゃるのです。




ポリパンってただやみくもに作ったレシピではない。
基本がキチンとわかっていて、省けるところは省く。
ピカソが描く絵画のように。





彼女のバイタリティーというか、どんな時でも笑顔と前向きな姿勢。
サバサバした性格で誰にでも好かれる方。
私もダイスキ。






今回の講習会は竹谷先生のお話も説明も実に勉強になった一日でしたが、
山田さんと梶さんにお会いできいろいろと刺激を受けたのが本当に本当にうれしかった。



大人気の先生っていうのわかる。


ありがとう。
私もがんばらなくっちゃ。




真っ白なパンは酸化しているのだそうだ。
DSC00924.jpg

酸化と熟成。
この2つがうまく進むとおいしいパンになる。



製品の窯伸びはともかくとして、味は好みかな。
DSC00925.jpg



山田さんがホシノの中種を使ったピッツアをご用意してくれた。
このピザ窯、いいなあ~。
竹谷先生イチオシの高温に焼ける窯。
いい感じに焼けます。
DSC00916.jpg




6年前、まったく竹谷先生のお話が理解できなくって、
それからその資料も見直していなくって。
また引っ張り出して見直してみようと思う。
今なら理解できるようになった部分も多くなっているはず。

今回の講習会では先生の話がすごく飲み込めて理解できた。
2年前のベーカリーキャンプでも講演会に参加させていただいたが、理論的なことや製パンを紐解く解説が非常にわかり易かった。



こんなにすごい方の講習会に参加でき、ありがたいことです。

山田さんありがとう。
竹谷先生ありがとうございました。
梶さんは来月おまちしております。


こんなパンの友がいてしあわせ。
また共に学んでいきたいです。







Category:講習会 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

ジャパン。

2014.09.14 Sun
募集は終了いたしました。ありがとうございます。


<急募>
9/30(火)AKO酵母のクラスに空席1出ております。
参加ご希望の方は左のFC2のメールフォームより、
①お名前②連絡先電話番号(ケイタイ)③メールアドレス
を添えてお申込みください。
よろしくお願いいたします。


9/30(火)10:00~14:00
AKO酵母クラス・olive de olive、シリアルブレッド
5500円・お持ち帰り生地あり。




・・・・・・・・・・・・








何がニガテって、包餡はイヤだ。避けて通りたい。。
こちら、パンとワインのセミナー用。
テーマは日本なので。

包む。  あんこを。
DSC00855.jpg


包む。  クリームを。
DSC00858.jpg


包む。  じゃがいもとウインナーとエスカルゴバターを。
DSC00857.jpg
惣菜パンってあまり好んで食べないけど、これは別。
パンシュー。

あー、たま木亭さんのパンシュー食べたいっ!!
ほんとうにほんとうにおいしいんだから。










にがてだー。

きらいだー。

やりたくないー。





ニガテなくせに、カスターとかをゆるく炊きたいもんで。
(だって食べるときゆるゆるのカスターだと、とーーってもおいしいでしょ!)

あんこだって硬いよりは、若干とろりとしてたほうが食べるとき好みだし。

さらに、たーーぷり入っていたほうがうれしいし。


結局自分の首を絞めている私です。。








AKOのまるぱん。
私の原点。
やっぱりだいすき。
DSC00856.jpg







フォカッチャはイタリアだけど、
日本風アレンジをしましたよ。

青海苔と桜えび、そして甘醤油をぬる。
おかきのイメージで。
DSC00859.jpg




カレーパンとメロンパンも作らないといけなかったなあ。



カレーパンのリクエストが意外に多かったので、そのうちやりますね。(一部で。)







Category:いとまゆパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

2年前のパンを食らう。(ソラミミPAN)

2014.09.13 Sat
シニフィアン・シニフィエで6年勤め、8/31で退職したツカジが名古屋に来てくれた!

彼女は志賀シェフの片腕として仕込みも窯も任されて一通りのシニフィアンのパンを焼いていた。
シェフが不在や休みの時は彼女が焼いていたし、名古屋の催事なんかも彼女の焼いたパンがたくさん並んでいた。
みなさんが今まで食べていたパンも実はツカジが作ったパンかもしれない。


来月頭からドイツに行くそうなんで、それまでのバカンス。
青春18切符で日本行脚。いいな。そういう自由な時間ってなかなかとれない。


15時半くらいの名古屋着だったので(18切符使うと日中のほとんどが移動になるらしい。)
どこに連れて行ってあげよう~?どこのお店がいいかな?
と悩んだ末に、
やっぱりあそこだ!
パンマニアにはあそこ!
あのお店じゃなくちゃ!!







ソラミミPANに行きました!←ここしかないでしょ!


マニア度かなり高い!
というか、分かる人を連れていきたい。







酵母よりも酵素のほうに精通している店主さんだけれども。
楽しすぎるお話がたくさん。




何も頼んでないのに、酵素ジュース数種、いちじくやら、いろいろ出てくる。。おもてなしがありがたい。




店主さんの野草のハナシ、ほんとにおもしろいなあ。
話がマニアすぎて引き込まれる私たち。






来たからには買いたくなるよね。うんうん。
「地球」まるまる1個だと4700円!
DSC00839.jpg
3キロの3時間焼成も、パン屋の平窯では焼けませんもの。





1/4を購入。(この後の旅に持っていくというので。)






なんだかもう、楽しすぎる。この断面も。
この絵図、見るだけで笑顔になっちゃう♪
DSC00840.jpg
こういう画像みると、ほんとうにパンって分かち合うもの、
みんなと分け合うもの、ってしみじみと思うね。










奥にどーぞ、って言われたので。
厨房へ。







そういえば、以前来た時に、あの白カビまるけのパン、どうなりました??



と尋ねたら(2個あった。)



1個は食べちゃった、先週。って。


あらーーー。



中心部分は青カビチーズの味がしたよ!

へえ。




以前に食べたものはモンドールのような味がした、
そうな。







あと一個あるけど・・・

食べてみる??






食べたーーーーーい!!当然しょ!(即答)


で。

で。

で、

とーっても貴重ななんと2年前のパンを!!

白カビに包まれた、カマンベール風のパン?!
DSC00844.jpg
もともとの大きさはもっと大きかったそうなんです。
それが白カビが付着して(このカビはどこから??)だんだんと収縮していく。


カット!
DSC00845.jpg
中心部分の白っぽいところをほじって食べてみる。

なんと!!


ウォッシュチーズの味!!!








発酵の世界って摩訶不思議。

二度とできない体験。
初めで最後。
こんなパンを食べたことがある人がいるか??

一期一会っていう言葉が頭をよぎった。

この3人でこのパンを味わった奇跡。


忘れられない貴重な夜だ。












お土産に酵素ジュースももらった。
DSC00837.jpg







ひとつ、ものすごくやってみたいことがある。

雨水で酵母が起きるそうだ。

そして台風の時の雨水がとんでもなく元気な酵母ができるのだと。




酵母の働きに関わる振動のハナシ・・興味深い。










最高のおもてなしをありがとう!
また行きます!







そして家に移動。
ツカジにいとまゆパンを食べさせるという勇気ある行動を。
一緒に夜ご飯を食べる。





パンで繋がったご縁でこうやって訪ねてきてくれたり、
いろんなことを共有できたり、
もちろんパンに関することを教えてくれたり、

うれしくって仕方がないよ。



私はやっぱりパンも好きだけれども人が好きだな。



素晴らしいパン職人になって、お店を開いてね。
ずっとずっとパンでがんばっていくよ、私も。




ありがとう。
ありがとう。























(おまけ)楽しい本、また出ていますね。
DSC00898_201409132051360c5.jpg




ソラミミPAN

愛知県小牧市上末稲葉台16-3 ソラミミFARM内
TEL 0568 78-2282
11:00〜18:00
火・水曜日定休


Category:パン屋さんのパン 東海地区 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

Bon Pain!

2014.09.11 Thu
春から夏にかけて、キツキツにレッスンを入れていて、自分の勉強がなかなかできなかったので、
秋はしっかり学ぼうと思っています。





先日、日本のパン業界を背負って立つパン業界の重鎮、仁瓶さんの講習会に出させていただくチャンスに恵まれました。




仁瓶さん、先日本を出されまして。(制作に2年かかったそうです。本当にすばらしい本です!)
それに沿った内容でした。
DSC00899.jpg



メニューはリュスティックとロデヴ!
ドンクの本家門元のルセットで、鬼才なる技術者の手元を間近で見ることが出来る!
なんて贅沢な!!
DSC00880.jpg


受講側も錚々たる顔ぶれで、なんとなく場違いな雰囲気の私でした。。。

金林さんと明石さんが司会進行とフォロー。
DSC00860.jpg

恐れ多くて質問もできない。。(いや、怖くてできない。。苦笑。)







今回の講習は事前課題があってですね。
7月中旬に送られてきたんですが、さーっと目を通したら、まったく分からん!!
で、
そのうちやろう~、いつかやろう~、
と結局提出締め切りの8月終わりにバタバタと仕上げまして。涙。
(ほんと、子供に宿題やったの?!とか言ってる立場じゃないんだな~。)
DSC00892.jpg

フランスパンの歴史と文化。
非常に難しく奥深い。

でも、自分なりに本を読んで調べたり、いろいろな文献などを読み返したり、
本当にいい機会になりました。


講習の後半で仁瓶さんからフランスでのパンの歴史的な背景を含めての課題の答え合わせがありましたが、難しすぎてついていくのがやっと。
眠くはないんですが、理解できない部分が多々。
自分の頭の中の理解度の低さに凹みました。。。




こういったパンの歴史や文化を知ることによって、今の自分が置かれているパンに対する携わり方を今一度考えなおすきっかけにしてほしい、と仁瓶さんはおっしゃっていました。






会場には歴史ある貴重な本や文献など。
仁瓶さんの私物です。
DSC00871.jpg



実は、買った本はところどころ飛ばしながら読んだりしていたんですが、
重ーい本を新幹線の中でしっかり予習して読んでいったので、リュス・ロデヴの内容は非常にすんなり落とし込むことが出来ました。



この長-----い型。フランスから持ち帰ってきたそうです。
ドゥリーブルのファンデュの型。80センチ。
1930年代によく焼かれていたパンです。
DSC00872 - コピー
麻布についているこのカビは洗ってはいけないそうです。
汚くない!!とおっしゃっていました。
へえ~!






リュスやロデヴって四角いものばかりを言うんじゃありません。
DSC00864.jpg




ああ!
これがすばらしいBon Pain!です!
DSC00875.jpg


フランスの伝統的な技術を受け継いだ。
日本が世界に誇るBon Painなのだ。
DSC00873.jpg




仁瓶さんのパンの製法は今流行りの低温発酵のアミノ酸量をどんどんと増やしていくものではなく、
その技術でおいしいパンを焼き上げるというもの。

リスドオル一本でおいしいパンが焼けないくせに、粉をむやみやたらにブレンドするな、
とおっしゃっていました。

もちろん微量イーストの冷蔵で濃い味のするパンも私は大好きだけれども、
窯から出たばかりのちょうどいい塩梅に粗熱のとれたリュスとロデヴはほんとうにほんとうにおいしかった!!!!

特にロデヴのクラストは感動さえ覚えた。
こんなにおいしいロデヴ、食べたことない!

DSC00897.jpg

砂糖や油脂を入れたパンは、力尽くでなんとかなるが、
こういったパンは生地の状態を見て、見極めて、生地が今何を望んでいるかを考えながらパンを焼く、
なので毎日少しずつ工程も違えば、力加減も違う。
そういったパンを日々同じようなクオリティーに仕上げるのは並大抵のことではない。

仁瓶さんの言葉には説得力があるし、なにしろパンがとんでもなくおいしい!






いろんなお話をお聞きする中で、家庭製パンのある都市伝説?をお話されてて、
あー、なんかすごく納得!と納得できる部分があった。
それは堀田さんもいつもおっしゃることで・・・
でも家庭製パンでそのことを勘違いしている人って本当にたくさんいる。
DSC00896.jpg
教室でお話しますね。(私はいつもレッスンで言っているんだけどな。)





ものすごく勉強になりました。

こんな会に参加させていただいただけでありがたいです。

おそらく仁瓶さんがこのような公の大勢の場に出ることはないそうです。
非常に貴重でした。

また私のパン技術の不甲斐なさを知らされた講習会でもありました。



家庭製パンだからといって勝手なことを教えてはいけない、パンって実に神聖で歴史あるもの。



Bon Painを焼くには、もっともっと努力が必要なようです。
私も出来る範囲内で頑張ろうと思いました。



重たーい本を持って行った甲斐があり、最後にサインを頂きました。(結局ミーハーなんです。)
私のこと(2年前にお会いしたんです)覚えててくださって感激!

これからも精進致します。





Category:講習会 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

ありがとうございます。

2014.09.10 Wed
ご無沙汰しています。


先日「ゲンキのトビラ」で取り上げていただいて、
意外な方からいろいろ連絡をいただきました。

テレビってすごいね。




昔の生徒さんや、もうずっと連絡をとってない友人やご無沙汰しちゃっている人。



嬉しかったです。








実は放送された日にちが9/6。
昨年、中日新聞に載せていただいたのが、これまた9/6。→記事はこちらです。(中京テレビの方に言われて気付きました。)

これから私にとって9/6は特別な日になるかもしれません。







知人に、放映は誰に観てもらいたい?
って聞かれました。


やっぱり、一番は両親。

自分がパンを学びたい為に、子供たちをみてもらったり、いろいろ迷惑かけました、ほんと。

そして家族。

私が自由にパンをやらせてもらっているのも、家族の協力があってこそ。
ありがたいです。

あと私が今までお世話になった方々。生徒さんたち。













番組の最後に
「あなたのゲンキのトビラはなんですか?」
という一言があるんですが、とっても迷いました。


家庭でつくるおいしいパンの作り方を提案したい。
チーズやワインと合わせる、パンの食べ方提案をしたい。
おいしいパン屋さんを紹介したい。
パン屋さんとお客さんの橋渡し的なイベントなどしたい。
家庭製パンの文化をよりレベルアップさせたい。
名古屋のパン文化を盛り上げたい。



それらをひっくるめて、
その人、その人のニーズに合わせたパンのご提案。



すべてに共通する、私の根底にあるもの。

それはやっぱり皆さんの笑顔や元気です。


多くの人たちの笑顔や元気でここまでがんばってこれました。


これからも自分のできることを、ひとつひとつ真面目に重ねていけたらいいな、と思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。









生徒さんがYou Tubeにアップしてくださいました。
お恥ずかしいですが・・・載せさせていただきますね。ありがとうございます。



            いつもこんなコワイ顔してるんだね~。。。反省。。。



Category:いとまゆのつぶやき | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

すきなもの。あれこれ。

2014.09.05 Fri
やっぱり巨匠のお菓子はおいしいなあ~。



なんでもない普通のお菓子がどうしてこんなにおいしいんでしょうね?
これは先日、東京から帰ってくる時に新幹線の中で買いました。


車内を回ってくるワゴン販売で売ってるんですよね、オーボンヴュータン。
これを知って、今まで頑張って高島屋で買っていたのに~~。
しかも1種ずつでお手軽サイズ。うれしいね。

DSC00716.jpg

焼き菓子のおいしいパティスリーが好きです。




焼き菓子屋だったan.さん、リニューアルして生菓子始めたそうですね。
an.さんの生菓子買いに行ってみたいなあ。



パン屋さんでもおいしそうな焼き菓子売ってると買っちゃう。
SSのフィナンシェは絶品ですね。












おうちで採れたトマトでケチャップにしたよ、といただきました。
DSC00707.jpg

こういうのって本当の贅沢っていうんだなあ。
DSC00708.jpg


手作りの本当のケチャップの味ってご存知ですか?
本当においしいんですよ。
トマトの味が濃くって、変な作った甘さはない。



私がよく購入するケチャップで安曇野だったかな?
ほんとの手作りの無添加。
女性のグループが手作りでつくっているの。
だいすきなんです。おいしくって。
痛みやすいんですがね。


市販のケチャップがいかに砂糖が入っているかわかります。













久しぶりにメゾンカイザーのキャラメルパイ。

DSC00713.jpg
メゾンカイザーの日本一号店、高輪のお店が出来たばかりの時に買って、
その時からファンな一品。
だいすき。

たまーに食べたくなる。
(年に一回くらい?)


かなりの糖質、かなりのカロリーだと思われますが~。。。












ライ麦レッスンつづきます。

ヨーグルトブロート。
均等クープは難しいね。
DSC00835.jpg
カスピ海ヨーグルト使うとやっぱり風味がいいんですよ。
ヨーグルト種分けしてほしい方は牛乳500mlパックをお持ちくださいね!




・・・・・・


9/6(土)22:54~23:00に放送の中京テレビ・ゲンキのトビラに出演します。

短い番組なんですが、かなり凝縮された取材をしていただきました。

ゲンキのトビラのHPこちらかなこちらかも






Category:お菓子の話題 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

遊びあるパン。(麦)

2014.09.03 Wed
今日ドラえもんの誕生日ですね。
(オットの誕生日でもありました。どちらかといえば、ジャイアンなオットです。)
観たいな~、あの映画。出来れば息子と。
すごく感動なんだってね。


昨日の新聞に載ってた「どらえもん学」にのび太がしずかちゃんと結婚できた理由っていうのがあって、

のび太との結婚前夜となったしずかちゃんは、パパに不安な気持ちをぶつける。
すると、パパは
「のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。
 あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。
 それが人間にとって一番大切なことだからね。」

・・・いい話ではないですか。




ドラえもんって大人が観ても、心打たれるシーンや、感銘うける場面があるよね。
小さいときって何にも思わないで見ていたけど。














アップしていなかったパンをいくつか。




最近はライブームが起こっている私の教室ですが、
こちらはセーグル。

DSC00659.jpg

いろんなチーズを食べる機会が増えて、セーグルやサワー種使ったライ麦パンがますます好きになったよ。

お持ち帰りしてもらったサワー種、みんなちゃんと繋いだかなあ???










こちらはSS(風)のコンプレを。
(去年の講習会でやってもらいましたよね。)

DSC00658.jpg
今年も、家で再現できるレシピがあるといいなあ~。



なかなかプロのレシピを家庭製パンで同じように再現するのは難しいですよ。

でも、講習会やセミナーに参加して、
一つでも勉強になること、為になったこと、があれば、
お金と時間を使って受講した甲斐があると思うんだよね。


近いものができたら、それこそ嬉しいではないですか!


学ぶってまねるってことから始まると思うので、
まず習った通りにやってみて、それで自分でレシピをアレンジしていけばいいんだよね。















夏休みに、大府の元気の里に刃物の研ぎやさんが来るという情報を仕入れまして、
なんとブレッドナイフも砥いでくれるって書いてある!

これは行かねば!



と朝イチでいったつもりが・・・
もうたくさんの刃物の予約が・・。

出来上がりが12時くらい、っていうので、
そりゃないでしょ!ってスゴスゴ帰ってきました。。


月に一回来ているみたいだから、次回はぜったいお願いしてこようと思う。
ブレッドナイフなんて砥いでくれるところないもんね!






この日、元気の里はテレビ撮影していて。
お笑いのエドはるみがいました。
久しぶりに見たな~。






そういえば、ここの近くにパン屋あったはず!
ずっと行ってみたいな~、とは思っていたんだけど
なかなか行けずにいたお店、麦(BAKU)さん、に寄ろうと思って。




なんだかビックリな場所にありました。



うちの生徒さんもここのお店好きな人が何人もいて、オススメされていたんだよね。
(パンも一度頂いたことあるんです。)
初訪問!



ハード系、かなり好みな感じ♪
DSC00661.jpg
しかも、個性的で楽しいパン!!

一番奥のエダマメみたいなのは、チョコチップがたっぷり。

ねじねじは大納言。

そして、なにこれ~?ダンベル??
おもしろいなあ~。
(・・・どうやって成形しているんだろう、、と思ったら、プチブールに細いグリッシーニ状の生地を後付しているだけでしたけどね。)

そして手前のまんまるボールはタマゴサラダが入ってました。


なんか楽しいパンだな~。

おもしろい。







女性がお一人でやってるそうです。
天然酵母の焼き上がりがまだだったので、次回また行ってみたいな。


あと、一件、大府で行きたいパン屋さんあるんだけど、この日はお休みでした。。



意外に近場は未開拓。









麦 (BAKU)

愛知県大府市吉田町6-345
0562-44-8989
10:00~18:00
金曜定休



Category:パン屋さんのパン 東海地区 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

夏にがんばったこと。

2014.09.01 Mon
夏休みも無事終わり!

今日から2学期!

夏休みよく頑張った!(世の中のお母さんたち)

次男の宿題も無事終了~。(キッチリ昨日までやってましたがな。)




今日からレギュラーレッスン始まりました。

DSC00804.jpg
意外にすんなり秋になりましたよね~。(いや、まだ残暑がぶり返すのか??)

蒸気焼成もヨユーな気温♪
今月からサワー種ですよ。
DSC00807.jpg

2学期もよろしくおねがいいたします!!
イベントも盛りだくさんです!













夏休み中、
今年は塾か家で軟禁生活を送っていた息子たちにおやつも毎日作っていました。

ダイジェストでご紹介しますね~~。
(パンより頑張っていたんで。(笑))


まず、近所の氷屋さんで氷を買って~。
DSC00667.jpg
これでたった400円!!
     ・・・かき氷ってぼったくりです!!


東海市産のマンゴー。
これは大府の元気の里で見切り品での1980円!通常はもっとお高い。
DSC00663.jpg
すごーーく甘いんですよ♪



それで、はい!
こちら。
DSC00672.jpg



そしてモモをいただきましたんで。
DSC00679.jpg




こちらと。
DSC00705.jpg




これも。
カフェだと1200円だと!うひゃ。
ももぱふぇ
(半田のあの有名店は3時間待ちだし。)




大納言も大量に炊いたのに、家族に不評で一人でぜんぶ食べました。。
DSC00710.jpg





こちらもマンゴーですが、沖縄産。
DSC00676.jpg






そして、一番めんどかった、
巨峰の皮むきと種とり。。もちろん東海市産。
DSC00802.jpg




いちじくも出始めましたんで。
DSC00803.jpg


でも今年って台風と長雨の影響でいちじくの収穫がほんとに悪いらしいですね。
去年の6割減だとか?!
甘くないし、B級品のいちじくが産直に積み上げられています。。。







アイスロボを酷使した夏。



来年はかき氷屋やります。(うそ)






Category:いとまゆお菓子 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |