RSS|archives|admin

すきなものばかり。(ジェンマ)

2012.07.30 Mon
北海道記はどうなったかって?

えっと、えっと、8月に入ってじっくり書きます。(ほんとか?)







夏太りしそうな日々でございます。




ジェンマのケーキ。

ドディチマッジョの系列のカフェです。



セミドライのフィグに中にはライムのムースが。

ムース得意ではないんだけど、これ夏向きで、好きだな。
フィグがとってもいいかんじ。

051_20120727202914.jpg


ここのケーキ、おいし~!


こちらは、濃厚なショコラ。
暑くてもペロリです!
052_20120727202913.jpg

以前から、友人のスイーツマニアの絶賛するお店で、ずっと気になっていたんですが、
なかなか行く機会がなく。

やっと行ってきました。
うん。
好み。


ワタシ、あんまりケーキをイートインしないんです。
(というかカフェにあんまり行く機会がナイ。)

お茶するっていうと、コーヒーだけとか。(結構コメダすることが多い。)



栄でも、ワタシのテリトリー範囲外の場所にあるから、ちょっと行きにくいけど、
またリピしたいかも。









今月のチーズ講習は結構食べやすいものばかりだったね♪

左下の ソルノワ・アルティザナル こちらのチーズはミラベルのリキュールで熟成された珍しいチーズ。
    これスキ!!おいしい!
中央・下 サンマルスラン・アフィネ 白カビ、こちらも食べやすい。
右・ゴーダ18か月。

こちら毎月お取り寄せしているものは、フランスでも数少ない(3~4人しかいないんだって)
チーズ熟成士により熟成されたもの。
もちろんMOFです。
チーズは作り手さんと熟成士とフランスでは別々なんです。
レアなものもあり、お値段はかなりいきますが、すごくおいしいです。深い味しますね。
059_20120728211756.jpg
中央・上はデリスダルジャンダル。
  この白カビ、とーってもクリーミー。ふわふわの白カビにつつまれ、デザートチーズのように優しくとろける味わいです。

あと、生徒さんがサントルチオを買ってきてくれた。




バーベキューチーズっていうのだったんだけど、

ほらみて!

焼いても崩れない。はんぺんっぽい!
065_20120728211755.jpg
これはとろけないから、まさに網焼きとかも可能だね!


刈谷のハイウエイオアシスでも買えるそうです。











Gemma(ジェンマ)

愛知県名古屋市中区栄4-2-17
052-259-2323
11:30am-10:00pm
無休






スポンサーサイト
Category:ケーキのお店 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

びっくりな。

2012.07.29 Sun
熱帯夜、みなさん快眠していますか?


ワタシね、寝るとき暑いのゼンゼンへーき。
むしろエアコンつけると寝れない。

今までエアコンの部屋で寝たことないの。
いつも2階の寝室で(そりゃ昼間も風とおらないからめちゃ暑いさ!)
扇風機だけで寝る。

ぜんぜん寝れます。


ちなみに、メタボオットとコデブ次男は暑がりなんでエアコンガンガン。

長男は扇風機もナシの暑い部屋。(ワタシの上をいく。)


今キッズ講習のお手伝いしてくれている子が、家に一個しかエアコンないって(リビングしか)
それもすごいよ!・・・お化粧とかどうしてるの?ゴハンも食べにくいんじゃない?

・・・睡眠中の熱中症にも気をつけて気をつけましょう。











そうそう、

誕生日に、激ウマな食材を送ったからね、

とココロの妹から連絡があって、




届いたものは


大量こんにゃく!!  超ウケル。(実際はこれの倍量。)

095_20120728204243.jpg


でもまあ納得。

あの子から送られてくるものって、たいていこのテのものばかりだもの。



初めて会った時には、大量の漬物と(自家製・・しかも実は汁が漏れてた。)
お米をもらった。(確か2キロくらい?)←よう持ってきたね、イベントに。笑。


んで、それから、佃煮やら、漬物も何回か、あと何もらったかな~、
お母さんのお手製とかでめっさおいしいの!


このこんにゃくも。



なにーーー!!これーーー!!
めっちゃくちゃおいしいがね!!

104_20120728204515.jpg
こんにゃくで感動するだなんて!

とにかく今までのこんにゃくの概念を覆すありえないおいしさ!
実家にも分けてあげたんだど、家族中で取り合いでたべたよ。


ぷよぷよで、透明感あって、ゼリーみたいな・・でも弾力はバッチリで。
こんにゃくのイヤなニオイは皆無。
おばさんがお一人でつくっているこんにゃくなんだって。



こんにゃくよ、感動をありがとう!










いただきつながり。

ゴージャスかっぱえびせん。
040_20120728204244.jpg
一枚一枚が個包装。

ゆかりに匹敵だな。





こんにゃくはコチラで買えますぞ!→一宮の笹のみさん。


てか、こんにゃくの宛名が「伊藤由美さん」てなってたけど・・。







Category:いただきもの | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

バースデータルト!

2012.07.28 Sat
ちょっと前の話になっちゃいますが、7/24は長男の誕生日でした。

ワタシと2日ちがいなの。


005_20120727200311.jpg


こーーんな暑くっちゃ、ケーキなんて焼いてられっか!!!




ウニコルノさんにオーダー。



もう、うまいのなんのって!!!



おそろしいほどモリモリのフルーツに、その中には自家製のバニラビーンズた~っぷりのカスタード、そしてしっかり焼き込まれたタルト台。

めっちゃおいしーがね!


・・・・ろうそく指しにくかったけどね。

・・・・さらに切るのにとっても苦労したけどね。




しかし、ケーキってあんまり食べられなくなったな~って思う。

これは15センチで(実際は17センチくらいあると思う)1/6にカット。
そのワンカットでもうお腹いっぱい。

次の日、息子二人が2切れ目を食べて、終了。



昔だったら、自分も2切れ目いってたのに。
学生のときとか、20代前半とか、ケーキブッフェとかでかなりの数食べてたのに。

でも、なんでこんなに食べられなくなったのにゼンゼン痩せないんだ?
めっちゃ代謝もワルくなったんだなあ。涙。



こんなにすごいケーキを作ってくれるお店が家から15分のところにあってホントにシアワセ!!


平日ランチ空いてるって~。

わたしがケーキ取りに行った15時でもテイクアウトのケーキまだ残っていたよ。


この時期はかなり穴場かも。
発泡スチロール持っていこう!それか保冷材ガンガンに入れた保冷バッグ。









無事に健康に誕生日を迎えられてよかった!
おめでとう。

自分のやりたいことをもっともっとがんばって、この夏も大きく成長してね!





Category:カフェ | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

夏休み!

2012.07.27 Fri
最近ブログの更新があんまりナイですね。。


と生徒さんたちから言われちゃった。



お陰さまで、なんだか忙しい日々が続いています。


と。

なんだかPCがあんまりよくない。
ファイルが重すぎるみたい??
もどってこないんです。
非常に使いにくい。

てなことでなんだかんだとPCからやや遠ざかり気味。

換えどきなのかな・・・。
4年使っているんだけども。








みなさん、今日はウナギ食べましたか?

今日はレッスン終わって、疲れたな~とゴロンとしてしまい、気付いたら夕方で このウナギ購入を逃しました。


まあいいよね。今日食べなくっても。


クリスマスケーキは12/24に食べないとゼッタイにイヤなんだけど、
その他の行事食べ物は比較的ゆるいワタシです。








キッズ講習が始まっています。
024_20120727200311.jpg



部屋の温度がすんごいことになっていますが。


031_20120727200310.jpg

今年もたくさんのちびっこたちが元気に来てくれています!



029_20120727200310.jpg



パンづくりとその後のランチってその家のそれぞれが出るね。


しつけとか、

食に対する意識とか、

その家の食の事情がだいたいわかっちゃう。



ウチも気をつけなくっちゃ→特に次男。






みなさん、熱中症に注意してくださいね!




Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

昨日。

2012.07.23 Mon
40歳になりました。

おかげさまでひとつ歳をとりました。

091_20120723233435.jpg


昨日は家族で名古屋観光ホテルへ行き、夕食。

誕生日と休日が重なり、とてもいい一日を過ごすことができました。

家族に祝ってもらえるのはやっぱりいちばんうれしいですね。

・・・なのにこんな日に限って、持っていたデジカメの電池切れ。。あ~あ。。。

結局どこかヌケているのよね。。





今までずっと誕生日は祝ってもらうものだと思っていたけど、

ここ最近になってようやく、

誕生日は自分を産んでくれた親に感謝する日だというのがわかりました。

父、母にはいつも感謝の気持ちを忘れたことはないけれど、

今日は特別にありがとうのキモチでいっぱいです。




と親にメールを送ったら、

あなたもそんな風に思う歳になったのだね、

と返信がきました。



歳をとるとスナオになれます。


親もだんだん老いてきました。もっと大切にしないと。







「人は生きているのではなく生かされている」と思っている。




いろいろな人がいるから自分が存在している。

わたしにはついてきてくれる生徒さんがいて
生徒さんが集まってきてくださるから、ワタシの教室は成り立ち、
そうやってみなさんに期待されるから、より一層努力しておいしいものを出そうと思う。
人が集まってくれるから、より頑張らなくては、と思う。

ブログもそうで、
誰かがどこかで見ていてくれると思うからこそ更新できる。
(最近頻度が低いですが・・・)




一つの仕事がいろいろなことに繋がって
一人の人生がいろいろな人と繋がっている

人は一人では生きられないし、生かされている。


わたしはどちらかというと人が喜ぶことをするのがスキなので、
まず自分よりも相手、
相手ありきの自分、
そんな風にいつも思っていると、風向きがいい方向へ流れて、自分のやりたいことも軌道にのってきたような気がします。

生かされていると思っているので、流れにまかせています。






たくさんのお祝メッセージやメール、いただきました。ありがとうございます!






40歳もどうぞよろしくおねがいします!


093.jpg








Category:いとまゆのつぶやき | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

ウインザー。(ミッシェルブラス)

2012.07.21 Sat
洞爺湖のウインザーホテルに着きました。
あいにくお天気がよくなくって曇っていてとっても残念。。

山の頂上に立つこのホテル、よくぞまあ、こんなところにこんなスバラシイホテルを建てたものだ!
すごいなあ。
バブルってスゴかったんだな~。
勢いがあるな~。
あちこちにスンゴイテーマパークやホテルやリゾート施設ジャカジャカ建ったもんね。

・・そんなことを、ウインザーまで続くウインザーだけのために作られた山道をくねくねと登りながら思う。





このウインザーのすばらしいところは、
ホテル内レストランのクオリティーの高さ。とびきりの高水準。

一度経営破たんして、その後再建後経営方針が変わり、道内のリゾート施設から
本州のセレブをターゲットとした、都会の富裕層を招くリゾート施設に生まれ変わったのだそうだ。



洞爺湖を望むことはできませんでしたが、とてもいい時間を過ごすことができました。

070_20120721210238.jpg
073_20120721210238.jpg



ここの最上階に三ツ星レストラン、ミッシェルブラスがあります。



さすがのクオリティー。
店内に一歩足を踏み入れただけで、ハイグレードなサービススタッフがきめ細やかにお出迎え。

このシダの葉っぱ(チーズの上とかにのってるヤツですね)がブラスのマークなんですね。
(そいえばイザーレもはっぱだわ♪)


コースメニューは迷ったのだけど、せっかくだからここでしか食べられない野菜のコースを。
お肉もお魚もでてこない、もちろんチーズもない、メインもすべて野菜のコースです。



046_20120721210237.jpg



バターにはトレードマークのシダが刻印され、
ヒラヒラのおせんべい状のものはお口取りのパンというかおせんべい風の平焼きパン。

045_20120721215515.jpg




わたしだけワイン飲めないので、シャテルドンを。
これ置いてるとこ、あまり見ないですね。

047_20120721210237.jpg

アミューズ前に卵料理がでてきました。

コックー・ムイエット。

このお料理はミッシェルブラス氏の幼いころのお母様との思い出の一品だそうです。
小さい頃タマゴが大好きで、親の目を盗んで食べていたそうです。

シェフにとってタマゴの料理は特別なのですね。

添えられたクミンが利いたパン(?)をつけて食べると、とってもおいしい~!

048_20120721210236.jpg

じゃがいものカナッペです。

049_20120721210236.jpg


パンは蕎麦粉のパン。
とっても香ばしく、蕎麦の香りがふわっと香り主張ありますが料理の邪魔しません。
パン職人さん変わったばかりですが、そちらのだったのかな?

このパン、でぶっちょエピみたいにくっついて焼成されていて、
サービススタッフの方が、手でちぎってお皿にのせてくださった。
ちょっとしたことなんだけど、なんだかとってもいいな、このパフォーマンス。

ブーランジェリ・ラロス。(ホテル内にショップあります。)のパンのようです。
7月1日にパンがラロス氏に変わったようです。

おいしいです!

050_20120721212151.jpg


アミューズはこちら。
ひとくちで食べられるスプーンにのせた料理。

こういった細やかな仕事にヤラレちゃうんです。
052_20120721212150.jpg



これがスペシャリテです!

ガルグイユー。

たくさんの種類の野菜やお花やハーブが、一つ一つ茹で具合、火加減が調節され、味付けが別につけられ、それが一皿にまとめられています。
その種類まさに60種!!
ソースやスパイスなどもあちこちに何種も添えられ、食べるところによってすべて味がちがうのです!!

こんなステキな、そして楽しいお皿、生まれてはじめて!
素材を生かすってまさにこのこと。


シェフがこのウインザーの廻りの草花、野草を摘みながら出勤されているとか。
(志賀シェフ談。)

アートってこういうことをいうんだな。
053_20120721212150.jpg


と ここでライオールの説明がありました。

ブラスの本店はライオールにあるのだそうです。

ナイフは自分だけの特別なものだそうで、ずっと生涯同じものを使うのだそう。
せめてここのミッシェルブラスで食事をする間だけはナイフはずっとソースなどをぬぐってこの一本を最後まで使い続けてください、とのことでした。
スプーン、フォークは取り替えてくださいます。

そんな演出もステキ。

054_20120721212149.jpg

山クラゲという中華料理に使う食材だそうですが、
なんともめずらしい食感のものが出てきました。
味は淡泊です。
ほくほくと意外な食感。

055_20120721212148.jpg

これまたあっさり。
だいこんとリンゴが千切り状に。
周りはオリーブオイルのエスプーマになっています。

056_20120721212148.jpg

オレンジパウダーでコンフィにしたコールラビ。
オートミール風味の牛乳の上にのっています。

057_20120721215347.jpg

ゴマにまかれた紫アスパラちゃんたち。
このゴマ、とってもいい香りした。
058_20120721215346.jpg


アンディーブ。
こちら、中に詰め物がしてあります。

060_20120721215346.jpg


そしてこれに、じゃがいも+チーズ を添えて食べます。う~~ん。重い。
061_20120721215345.jpg




デセール。

こちら、スペシャリテその2、のクーラン。

二度焼きしたビスケットの中をわると、マンゴーソースガ溢れだしました。
こういうフォンダンショコラ系のお菓子だいすき!
ミント・ショウガ風味のいちじくのシャーベット添え。

063_20120721215344.jpg


じゃがいものガレット。
あらら。これって・・・SS風?
わたしたち、顔をみあわせてにんまり。

左のビンチョス風のもの。
これのなんか薬草的な味のするの、ふしぎな味でした。

065_20120721215516.jpg

最後はチョコレートムースと、リキュール入りミルク。
068_20120721215516.jpg


ごちそうさまでした。

おなかはちきれそう!!!だった。
066_20120721215515.jpg



やはり三ツ星だけあります。

すばらしかった、の言葉以外でてきません。

お料理ひとつひとつはもちろん素晴らしいですが、構成というかコースの流れがまとまりがあってストーリー制があってこれまたすごい。

ミッシェルブラス氏って郷土愛に溢れた方なんですね。

フランス人的な考えなのかな。






すばらしいお料理でした。サービスももちろん最上級。

ごちそうさまでした。


いや、でも景色がもうほんと、ほんとに残念。。。。
お部屋、レイクサイドビューだったのに~。(部屋料金かえせー!←ココロの叫び。)








ミッシェル・ブラス トーヤジャポン(ウインザーホテル内)

北海道虻田郡洞爺湖町清水 ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ 11F
0142-73-1159
12:00~14:00(水曜日・木曜日休み)
18:00~21:00(水曜日休み)
※予約制




Category:ベーカリーキャンプ2012 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

pain(Boulangerie JIN)

2012.07.20 Fri
急に真夏になりましたね!
ワタシは暑いのはゼンゼンへーきなんですが
生徒さんたちが非常に汗ダーダーでかわいそうなので(おしゃれさんが多いんだもの)
夏休みはお休みをいただきます。

あ もちろんエアコンはガンガンにかけているんですが、オーブンつけると部屋内が32℃ほどです。


やっとひと段落ついています。
夏休みはキッズや親子やあちこちで依頼をうけておりますイベントなどをこなしながら
ゆっくりパンを焼こうと思います。



すみません
更新が滞り。


これからじゃかじゃか更新していきます。(たぶん。)













同じ真狩村にゼッタイいっとかなくっちゃ!っていうパン屋さんあります。

Boulangerie JIN

最新ナビでも迷いに迷いました。(ピンポイントで出てきません。)
マサコさんのところも迷いました。
ナビってあてにならない。。。

023_20120720082758.jpg
024_20120720082934.jpg

店主のジンさんは、パンの世界に入る前に以前マッカリーナにお勤めされていたそうです。
ウインザーに以前入っていたカイザーでも。

マサコさんも同じです。以前マッカリーナに。
マッカリーナのパンはジンさんが焼かれたものでした。


実はこのジンさんとマサコさんとクノタカオキャラメルさんは専門学校の同級生なんです。
なので、ずっと前から情報だけは仕入れておりまして、
いつかいつか行きたい!!ってずーーっと思っていました。



ジンさんはよくパンの専門誌などで紹介されていましたしね。
最近だと住む。にそのライフスタイルが掲載されていたらしいです。(一緒に行ったあゆみちゃんが偶然その雑誌を読んでた。)



パン買う前に裏に案内してもらいました。

薪がこんなに!
一年分なんだそうです。
030_20120720082756.jpg


工房へ入れていただきました。


その異空間にもうびっくり!!

ステキ!!!


まだ1年ほどしか使っていないフランス製の薪窯。きれいです。


028_20120720084559.jpg
焼き終わった余熱がまだありました。
パンを入れる窓口はとても小さいですが、奥はドーム状でとっても広いです。
そのため、窯入れ窯出しにつかう板がとーーーっても長い!(上部の長いもの)

025_20120720082758.jpg



現代のポワラーヌってかんじ。
027_20120720082757.jpg

神聖な場所のような気がした。
神秘的な
教会のような空気感だった。


パンってヨーロッパの方ではやっぱり命となるもので、こうやって命の源となるpainを薪窯でひとつひとつ丁寧に焼きあげる。
こういうスタイルってパンの原点だと思う。

また、工房をこんなにスタイリッシュにデザインされて(棚とか手作りのものが多かった)
こういう気持ちのいい空間でパンを焼けるって素晴らしいと思った。

この窯や工房は決してお客様にオープンにされていないのだけど
職人さんが自分だけの空間でパンと向き合える場所としては最高なんじゃないかな。

人に見せるわけではないのに、このこだわり。

パンがおいしくないわけない!





古い窯もみせていただきました。

もう取り壊しちゃうんだって。

032_20120720082757.jpg






クグロフとパンオショコラ買いました。
どちらもとってもおいしい!!
042_20120720082847.jpg




都会には都会のいいパン屋さんたくさんあるけれど、

こういう村でしかできなパン屋さんってあるよね。


時間がゆっくり流れているようでした。

ありがとうございました。






Boulangerie JIN

北海道虻田郡真狩村桜川45-8
0136-45-2773
火水休み
9:00~18:00 売切れ次第閉店

Category:ベーカリーキャンプ2012 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

貴婦人気分?(マッカリーナ)

2012.07.17 Tue
真狩村といえば、マッカリーナ。
オーベルジュです。(宿泊付きのレストラン)
日本のオーベルジュでも最も人気のところです。

このたび、北海道ミシュランが発行され、一ツ星をとられましたね。
022_20120715223521.jpg



洞爺湖サミットで各国首脳のご婦人方のランチの場所として指定されていたレストランです。
自然の中にぽつりと建つレストラン。
小鳥のさえずりがすがすがしいです!
003_20120715223522.jpg

地元野菜をメインとしたコース料理。
お肉やお魚がガルニといったかんじです。
こういった料理構成はうれしい~。

004_20120715223521.jpg


ここのサービススタッフはとてもすばらしい!
つかず離れずの気持ちのいいサービス。
完璧です。


位置皿がグリーンでワタシ好み♪
テンションあがります。




008_20120715223520.jpg


パンは食べやすいもの。

009_20120715223520.jpg


前菜
初夏の野菜の盛り合わせ。


010_20120715223519.jpg

2色アスパラゆでたて。
とーーーっても甘い!旬ですもんね♪

011_20120715224310.jpg


温かいじゃがいものスープ。
とっても甘くっておいしいです。

013_20120715224309.jpg


自家製生ハムときのこのグリック

014_20120715224309.jpg


こちらワタクシ牛肉がニガテなものでして、お魚に変更していただきました。
皮目がよくグリルしてあっておいしいです。


015_20120715224308.jpg


そしてデザート。
こんなに濃厚なマンゴープリン、はじめて!
この滑らかさと口どけのよさ!!

これだけでも、来たかいあります!

016_20120715224503.jpg

と。
なんと、メインデザートがまだありました。

だんだんヘビーになってきましたが、甘いものはベツバラ、ベツバラ・・。

リュバーブのタルトです。
添えられた自家製バニラアイスがこれまた絶品でございます。

017_20120715224307.jpg

プティフールまでもすべてぬかりありません。

018_20120715224307.jpg

シメはコーヒーで。

020_20120715224502.jpg

昔家族で行った軽井沢を思い出しました。
空気感がおなじかんじ。

019_20120715224503.jpg

野菜がとにかくおいしいです。
じゃがいもなんてすごくあまい。

021_20120715224501.jpg


札幌がご実家の生徒さんに、よく予約取れましたね、と言われましたが、
宿泊はもちろん、ランチも予約をとるのが非常に困難のようです。
ありがとうございました。


006_20120715225411.jpg


あ~~~しあわせ~~。

次はどこへ??







maccarina(マッカリーナ)

北海道虻田郡真狩村字緑岡172-3 
0136-48-2100
<ランチ> 11:30〜14:00(オーダーストップ)
<ディナー> 17:30〜20:00(オーダーストップ)


Category:ベーカリーキャンプ2012 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

コンフィチュールの妖精。(トゥルモン)

2012.07.15 Sun
ふい~~~。
つかれた、ってこういうことを言うのだな~、と実感した1週間でした。


やっと明日久しぶりの休みです。


市民大学女性、男性、パンとワインのセミナー、そして通常レッスンと
ギュウギュウに詰めてしまって、もうへとへと。
先週のツケがまわってきたってかんじです。



でもね、行けない、いつか行こう、
って思っているんだったら、ムリしてでも今行くべきだと思う。
本当にそう思った。

家族に感謝しています。


実際に見たり聞いたりすることって、ゼンゼン違うから。
この目で見て、触れて、知らない世界はいっぱい。新しい発見もたくさん。
百聞は一見にしかずってよく言ったもので、自分が身をもって体験した事ってとても学ぶことが多いです。
















羊蹄山の麓の真狩村へ行ってきました。
コンフィチュールマサコさんに会いに。


もう何年になるのでしょう?
マサコさんのジャムを買わせていただいてから。
3~4年は確実に立ってますね。

全種類食べていると思います。

初めて食べたときのあの衝撃は今でも忘れられません。
ロミさんももちろんおいしいのだけど、
果物以上に果物のよさを引き出した、おいしいおいしいコンフィチュール。

もう、他のものが食べられません。



教室でお出ししているので、生徒さんたちも買い、
おそらく東海地区からの注文はとてもたくさんだと思われます。



マサコさん、今年の3月にカフェ&ビストロをオープンされました。
『tout le monde』(トゥルモン)というお店。
以前、マッカリーナでお勤めされていたようで、お料理もよさそうです♪

コンフィチュールもこちらで販売となりますので、(木~日営業)通販の分がかなり少なくなっているようです。
(ますます手に入らなくなっちゃう。。販売スタートより数時間でうりきれちゃうの、いつも。)





ホントは月~水まで定休日なのですが、
ご連絡して、ムリいってお店を開けて待っていてくださいました。
ありがとうございます!

039_20120715220026.jpg


白で清潔感ある素敵なお店。
041_20120715220026.jpg






店内に入ると、入口付近にコンフィチュールがずらりとお行儀よく並んでいました。
きゃ~~~!!!
めちゃテンションあがる!
036_20120715220027.jpg
今月のいちごのコンフィチュールとリュバーブのコンフィチュール。

旬の果物だけを使われるので、年に一度だけしか買えないお味です。
毎月アイテムが変わるんです。

北海道は今いちごが旬のようです。
(いちご狩りのノボリをあちこちでみかけました。あ、さくらんぼもあちこちで。)

ここで買えば送料もない!





同行者が、お店でもまず売り切れていて買えない、と言っていたので、
今回は本当にラッキーでした♪







カフェはキャンディーカラーでかわいいです♪
035_20120715220027.jpg



038_20120715220025.jpg



今月のアイテムも瞬時に売り切れたそうです。
(うちの生徒さんたち、買えなかったって嘆いてた。。)
069_20120715220025.jpg



初めてお会いしたマサコさんは、サバサバしていて、ボーイッシュな感じ。
すごく芯がしっかりした方のようでした。

お一人でフェルベールさんのもとへ修行へ行かれただけあります。
行動力ありそう。



マサコさん、お会いできうれしかったです。
これからも、マサコさんのコンフィチュールのファンでありつづけますね。

がんばっている女性にお会いでき、ワタシもたくさん刺激をいただきました。

ありがとうございました。





この日はあいにく曇っていて羊蹄山が雲掛かっていたのがザンネンです。







トゥルモン (tout le monde【旧店名】ラベル・コンフィチュール・マサコ)0136-45-2726

北海道虻田郡真狩村字光36-7
11:00~21:00
(中休みがある場合もあります。)
月火水定休日



Category:ベーカリーキャンプ2012 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

北海道に行ってきました。

2012.07.10 Tue
先週1週間北海道に行っていました。

今年で3回目の参加となります、帯広市主催のベーカリーキャンプ。

今年はキャンプインする前に、早々と北海道入りさせていただきまして、
洞爺湖、小樽、富良野を廻ることができました。

198_20120710081052.jpg


ウチのレッスンで扱う小麦はほぼ北海道産。(イーストハード系クラスのみ変えていますが、他のクラスは100%北海道産です。)



ワタシが国内産小麦に拘る理由。

それは、安心、安全の面では
ポストハーベストがダンゼン少なく、
挽いてからの時間が経っていなく新鮮なこと。
生産者との距離が近いこと。
国産小麦の自給率の向上、
生産者の思いのつまったこのおいしい小麦を使ってあげたい。
そして何よりとってもおいしい!!ということ。
もっちり甘く、お米文化の日本人の口にとてもよく合います。









レストランなどでは、農作物の生産者と非常に近く、そのまま受け止めることは容易ですが、
小麦はその生産ラインが長い。


小麦開発者→生産者(農家)→貯蔵者(乾燥施設)→製粉会社→製造者(パン屋)→消費者。

自分が扱っている小麦がどのような土地で、どのような状態で、
農家さんがどのような思いで小麦を作られているのか、
実際に自分で見て聞きたいため、毎年この時期、道産小麦の秋まき小麦の刈り入れ直前に
十勝へ伺います。









花が咲いています。
もうすぐ種(小麦になる部分)ができるんです。
196_20120710081051.jpg

そう、小麦って種。
わたしたちが扱っているのは種なんです。










今回、小麦はもちろん、

ワイナリーで醸造を見せていただいたり、ぶどう畑へお邪魔したり、
牧場でチーズを作られている生産者へ伺ったり、
熟成、発酵をいろいろ学びました。

つながるところ、とても多いですね。








また、三ツ星レストランへ行ったり(北海道ミシュランでましたね!)
ウインザー、マッカリーナで日ごろのバタバタから逃避していました。


もちろん、十勝産小麦を使った技術講習でもしっかり学んできましたよ!
講師は志賀さん、山崎豊さん、栄徳さん。



とても濃い1週間でした。


順番にアップしていきます。










富良野のラベンダー畑にて。
156_20120710081051.jpg
大好きな森本まどかさん。
志賀シェフ。






Category:ベーカリーキャンプ2012 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |