RSS|archives|admin

今年もありがとうございました。

2008.12.31 Wed
大晦日。



一年、本当にいろんなことがありました。



とても大変な年ではありましたが、多くの方々のお陰で
よい一年だったなあ、と思います。




今まで何年もの間、コツコツと努力してきたことが、やっとカタチになってきたような気がします。






パンを通じて多くの方と知り合うことができ、

学ぶことができ、

楽しい時を過ごすことができました。




いろいろな方に支えられました。

シアワセなことです。




本当に感謝しています。




ありがとうございました。




また来年も飛躍できる年でありますように。







よいお年をお迎えください。




                    いとまゆ




スポンサーサイト
Category:いとまゆのつぶやき | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

あれもこれも。

2008.12.31 Wed
子供たちにはサンタさんがやってきて、DSiをもってきた。



あたしにはもうサンタはやってこないから、

うんうん、今年もよく頑張った!


と自分をほめてごほうびをあげよう。






昔は、欲しいものは彼氏とかオットに買ってもらうもんさ!と思っていたけど、

結婚すると実際問題、サイフは一緒なんだし、いらないものもらっても困るし、

そりゃー、自分でほしいもの買った方がいいに決まってる!←現実的。





ボッテガ
コーチ
ティファニー。
08123005.jpg
円高の勢いで。ふっふっふ~。





そーりゃ あたしだって数年前は名古屋嬢だったのよ。





靴はダイスキ!
めちゃスキ。




靴を大切に履いている人はよい人だと思う。

靴にこだわりのある人に悪い人はいない!

私はいつも人の足元を見てます。


かかと踏んでるなんてとんでもない!
問題外。


靴は手で履いて 手で脱ぐものよ、ねえ?







で さらにここ最近はペンにこだわってる。

かっちょいいボールペンをササっと使っている人を見ると おおーーって思う。

そういう小物まで気を使っている人はいいオトナです。




いいですかー。
車とかで人を判断してはいけませんよー。
ローンかもしれないし。笑




私も 10年くらい使っていたミキモトのボールペンがぶっ壊れまして、
とうとう新しいの購入。








大切に使おうと思います。











Category:オフ時間 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

これでなくっちゃ!

2008.12.29 Mon
バームクーヘンだいすき。


はやってますよねー。


クラブハリエ。

ねんりんや。


いずれも行列。



ううん。ちがうの。



私がだーーーいすきなのは、実家の近くにある洋菓子屋のバームクーヘン。

08122409.jpg
コレを食べて私は育ったのよ。


この包装のレトロさ!昭和の香りがする。まだ健在。なにげにうれしい。


何かお祝いごとがあるときにしか食べられなかったんだけど、
幸い私の実家は自営業で ご進物を頂く頻度が高く、かなり頻繁にこのバームクーヘンにお会いしていたと思う。


たまに乱れた層に、周りに塗られたフォンダン。



ちっちゃいころから食べているお菓子だからこそ、他に比較できない味。
コレじゃなくっちゃ!



超久々に食べたけど、やっぱりおいしい!




昔食べておいしかった記憶のあるもので、今食べてみて、


あれれ???


って思っちゃうものあると思うけど、これは永遠に私の中でトップバームクーヘンなの。






私の実家は田舎だからね、あんまりケーキ屋さんなかったし。


ここのバタークリームのロールケーキでパイ生地が挟まれてて、表面にスライスアーモンドがまぶしてあるケーキ、めっちゃスキだったんだよね。

まだあるかな?






そうそう、私の成人式にここのケーキ屋さんで、一万円のケーキを父が頼んでくれたんだったわ。










このバームクーヘンは弟の結婚内祝でした。







Category:ケーキのお店 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

パンとチーズと。

2008.12.29 Mon
先日、雪印乳業の食育チームの方たちとコラボで
パンとチーズを楽しむ会を企画しました。

08122602.jpg




クリスマスが終わってからこんな会をしてしまった・・・。





大量のパンを講習室に運んでいたら、

「忘年会?」

って通りすがりの人に聞かれましたが・・・





うーん。そうではないです。


みなさん車なので、ワインカットしてもらったので。









パンはグルマンさんにお願いしました。
08122601.jpg
通常、あまり口にしないような個性的なパン、
ライ麦系、石窯焼き、そして私の好みのパンも入れてもらい。



このパン、一度まるまる買ってみたかったんだ~!
08122603.jpg




ライ麦の比率が高いほど、うすーく、うすーくカットしてくださいね。

プンパニッケルは4㎜です。
08122604.jpg
シェーブル、ウォッシュもかなりソフトな初心者向けでおいしくいただけました。
08122606.jpg



クリスマスのときに買った、クレドヴォージュトリュフ(ウォッシュ)、ウチの冷蔵庫で熟成しております・・・・・。
かなりキョーレツな香りを放ちはじめましたー!




あと3日で今年も終わりなんですね。


昨日で仕事が終わり、やっと家のことやり始めました。




大そうじ!年賀状!忘年会!


おわりましたか???








Category:イベント | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

シュトーレン vol.3

2008.12.26 Fri
もうクリスマスも終わったし、くどい???


くどいですよね~。







これで最後です、シュトーレン。


先日、カジタさんのケーキを食べながら、実はお取り寄せシュトーレンもいただく。



マリアージュ・ドゥ・ファリーヌ
08122419.jpg
08122420.jpg
このド派手なラッピング!さすがスーパーパティシエ辻口さんなのです。

辻口さんのパン屋?なーんて侮ってはいけません!
なんてったって、パンの担当はあの数々のコンテストを受賞している須藤さん。


アーモンドと皮つきヘーゼルがゴロゴロ入っていてかなり私好みの食感です。
まわりの粉糖もギューっと雪のように固まっていてこれがまた生地に合う。
08122421.jpg
生地は一番しっとり。パウンドケーキに近いです。









こちらはデメル
08122418.jpg
ラッピングも王室の香りがただよっています。
ウイーン、ってかんじ。
08122423.jpg
マジパンが中心部に入ったオーソドックスタイプ。
やはり王道ですね。
生地はパンっぽい。








そしてそして
コチラのシュトーレン、市民大学の事務局長にいただきました。


奥様がオーストラリアに在住されていて、そこのドイツ人の方が作っているものを送ってくださるのです。
いつもありがとうございます。
偉くなっても心使いのできる方はステキです。
081219002.jpg
081219003.jpg
35センチほどの700gくらい。
ザ・シュトーレン!です。


ドイツではこのサイズなんでしょうね。
家族で食べるから。


まだ当分楽しめます♪










今年 初めて知ったのですが、アルザスにもシュトーレンがあるってご存知ですか?


ストールアルザシオン
というドライポワールメインのシュトーレン。
ベラベッカもドライポワールは欠かせないフルーツですよね。
0812268.jpg
パサつきはないが、パンのような感じの甘さもほとんどない生地に
大きなポワールがどっしり。



これおいしいです!

ドンクで買いました。
さすがドンク。
パンドーロ、クグロフ、レープクーヘン、パネットーネ、あらゆるクリスマスパン置いていました。






というわけで今年12種のシュトーレンをいただくことができ、
頂いた方々に感謝です。



ありがとうございました。






来年は あそこのシュトーレン狙っているのだ。ふっふっふ。








Category:パン屋さんのパン その他 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

スペシャルなクリスマスケーキ。

2008.12.25 Thu
やばい。


クリスマスネタがまだまだあるのですが、今日でクリスマスが終わっちゃう~。



ここ最近更新が滞りつつありスミマセン。。。




一応写真に収めたイルミネーション、アップします。




セントレアスカイデッキ。
空港利用のあの時に。
滑走路もすごくきれいだったけど、記憶に残ってるのはチョー寒かったこと。
08120903.jpg





今年のJR高島屋は とってもメルヘンでしたね♪
08120215.jpg




松坂屋のスワロフスキーのツリー。
さすが名古屋といえば松坂屋!
経費かかってます。
08122411.jpg



ミッドランドスクエアのカルティエタワー。
たまたまカルテットやっていました。
セレブリティーあふれてます!
優雅です。
08120510.jpg











実はイブイブに、おいしーケーキをいただきました。




毎年恒例になりつつある、グルメスイーツの会←勝手に命名。



てか参加者は3名。 (含 いとまゆ)







ケーキがあるからおいで、と呼ばれ、いそいそと あるお店に出向きました。
こうゆうお店。
08122413.jpg
しかもローストチキンまで食べる。
わたくし、実は2日レンチャンでした。
08122412.jpg










ケーキはもう講習で十分、と思っていた私も、ココのケーキはめっちゃ興味あり。



coffee Kajita さんのスペシャルなケーキ!
08122415.jpg
もちろん、奥様がお一人で焼かれているので、クリスマスケーキのみの販売で
しかも数少ない現定数がすぐに常連のお客様の予約で埋まるらしく、おそらく手に入れることは困難な状態だと思われます。





ジェノワーズはバニラの香りがとっても香り、マメマメしいピスタチオのムースと脂肪分が低めだと思われるクリームがさっぱり。
そしてバルサミコの利いたなんともいえず私好みなイチゴがサンドされ、もうめっちゃおいしい。^^
08122416.jpg
08122417.jpg



いかにも手作りってとこがまたスキ!


ここの奥様はベルーエコンセイユで学ばれたと知りました。



ほー。


さすがだ。



そして添えられていたカードに。

ケーキの説明と

みなさまが豊かなひとときをすごされますことを願ってやみません。


とありました。




ご自分の作品(商品)をお客様に食べていただくときは、みんなこういう気持ちだと思います。




私もそういう気持ちを常に思ってパンを焼いています。






こんなにおいしいケーキを焼いてくださったカジタさんの奥さま、ありがとう♪
そして買ってきてくれたスイーツダイスキさん、ありがとう♪






                    ・・・・・・・実はまだ続く。









Category:ケーキのお店 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

Merry Christmas!!

2008.12.25 Thu
みなさん クリスマスケーキ食べましたか?


ウチは毎年、クリスマスの一か月くらい前からシュトーレンやらクリスマスのお菓子やら もちろんケーキの残りやらを家族が消費しておりますので、本番当日には、もういらない、って言われるんです。


私も もういいです。








今年はローストチキンを焼こうと思い、(数年前のトラウマがあるが・・・)
丸トリを買いに。






やっぱり・・・・・




グロイです。





ひーーーーん。ちょっとムリかも。





すかさず息子が、

「かわいそう。もういいよ。やめよう。」って。



ん~~・・・そうだね、そうだね、かなりリアルトリでキョーレツ。


でも



こういう命をもらってみんな生きているんだからね。



クリスマスだし。





08122431.jpg
以前は内臓にも詰め物(ピラフ)して(もちろん下から)気分悪くなった。
何度見てもちょっと・・・。





でも、めちゃナイスに焼けた!
08122434.jpg
うーん、うまい!



エビとサーモンのカルパッチョ。
08122435.jpg






チーズは12か月のミモレット(ハード)。
グレデヴォージュトリュフ(ウォッシュ・フランス)
08122432.jpg
そしてパンはロブション
こういうときは、おいしいパンを合わせなくっちゃ♪


そしてやっぱり飲み物は泡モノでしょう♪
08122433.jpg
ルネッサーンス!





ワインはキリストの血、パンはキリストの肉体、と言われているほど、クリスマスにワインとパンは欠かせないものなんですよ。













で。





今回 実はこちらも重要。
初のベッコフ。


これはポンレヴェックさんでランチでいただいて、この鍋のかわいさと、そのおいしさにどうしても家で作ってみたい、ってベッコフ鍋を購入。



結構高いんだよね、コレ




ベッコフとはベイクオフ(Baeckeoffe)という意味でフランスはアルザス地方の郷土料理。
パン屋さんの窯でパンを焼いた後に、この鍋を入れて余熱で焼く料理らしいです。(ポンレヴェックさんのHPより。)
くわしいことはコチラ



肉と野菜がこの器の中で蒸されてとてもおいしさが増すのです。



ナイスなタイミングで、ポンさんのメルマガにベックオフの作り方が配信!

やったー!



蓋のスキマをパン生地で埋めるのです。
08122436.jpg

ほーらおいしそう♪
豚肉ホロホロ。やさいはとろーり。そしてじゃがいもはモッチモチのホクホク。
08122437.jpg


しんさん これでよろしいでしょうか?
また教えてください。




これはめっちゃおいしい。
はまります。










うーん。たべすぎ。


おいしいクリスマスでした♪









Category:うちごはん | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

オフでも。

2008.12.22 Mon
なーんにも予定のない日曜日、本当に久しぶりです。



大掃除もしなくっちゃいけないんだけど・・・





息子の友達が遊びに来ていたので、

「いっしょにパンやく?」←結局はコレ。



08122103.jpg

息子作。
08122105.jpg
左下、だんご。
その上、バット。
右にあるのはヘビ。



そして息子のともだち。
08122104.jpg
おっ。なかなかセンスある♪






ほら、ママはね、



生地をひたすらまるめ・・・





ほーら、かわいいの できたでしょ♪
08122107.jpg
08122108.jpg


こういう あそびパンをのーんびりと好きにつくっていると、
何かモノを作れるっていうことは 本当にシアワセなコトだな~って思うよ。





Category:いとまゆパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

終了~!

2008.12.21 Sun
11月の最終週からずーっとやっていたクリスマス講習。


昨日でエンドを迎えました。



ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。



ここ1か月ほどで、実に100名ほどの方と一緒にパンを焼くことができました。


たくさんの方にお越しいただき、そしてたくさんの方にお会いでき、
本当に感謝です!







しかし、ブログの威力ってスゴイですね!





あの~・・・みなさん、私そんなにスバラシイ人ではございませんので、あんまり妄想をふくらませないようにね!
うふ。










講習のひとこま。
今年は何台のケーキを焼いたことでしょう。
おうちでも焼いてほしいなあ。
08121702.jpg


08121203.jpg





そして今年レシピを悩みに悩んだシュトーレン!
シュトレン2
去年、志賀さんのシュトーレンをいただき、そのおいしさに感動し、
それに近いものを作りたく、レシピを立ち上げました。

仕込みから3日かかっています。



自分ではかなり気に行っているのだけどなあ。


生徒さん達、気にいってくれたでしょうか?
シュトレン1
シュトーレンってトンネルのカタチを意味する坑道、という意なので、その名のまんまシュトーレン。








味的にはかなりシュトーレンの枠から外れたお菓子のようなものですが、
こういうのもアリかな、と思っています。





ブログで募集しておこし下さった方、ありがとうございました。
楽しかったです。^^
08121713.jpg






そして いとまゆシュトーレン、おせわになった方々へ今年も旅立って行きました!
シュトレン4
シュトレン3
今年もたくさんの方にお世話になりました。

あとわずかで今年もおわりですね!




・・・って今週もまだ少し講習入っています。



通常営業がんばります。^^





Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

アルザスでは。

2008.12.19 Fri
こちらもクリスマスのパン。



あこ講習にて。


クーゲルホッフ。
08121207.jpg
08121208.jpg

アルザス地方、オーストリアでは欠かせないクリスマスの発酵菓子。


マリーアントワネットがこよなく愛したお菓子。


この形は僧侶の帽子からきているのですよ。



通常、天然酵母には、油脂、乳製品などは一切いれませんが、
クグロフだもん!
クリスマスだもん!

バターたっぷり、牛乳で仕込んでいます。



アルザス地方のクリスマスはとっても雰囲気があるんだとか。
今年、そのチャンスに恵まれそうな予定でしたが、残念ながら流れてしまいました。



まだまだチャンスはあるわ、きっと。
いつか行ってみたいですね。



アルザスは焼きものの産地。


クグロフの型も本来陶器で出来ています。

ほら、こんなにかわいい♪
08121904.jpg
コレ、うちではディスプレイ用。


陶器の型で焼くと、熱伝導がとってもやわらかくなり、生地がとってもソフトに仕上がるんです。
ふわふわのしっとり。



プリンがココットに入っているのもそのためです。
熱伝導がとても緩やかになり、なめらかな口当たりになるのです。





今年はパネットーネ、焼いていないな~。






Category:教室のパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |