RSS|archives|admin

市民大学10周年記念行事。

2017.04.10 Mon
これでほんとのほんとに最後。

DSC06076.jpg

昨日、東海市市民大学の10周年記念行事が東海市芸術劇場で開催されました。
(7.8.9日の3日間、1年半くらい前から準備を進めてきました。)





このイベントを持ちまして、市民大学講座の任期を終えました。




実は、、昨日名誉教授の称号をいただきました。
生徒さんたちのおかげです。





私を含む3人のパンの先生で、カフェをやりました。
パン+お菓子(プリンかマフィン)+お飲み物=300円、というお祭り価格。
たった2時間でしたが。

私は前日の夜、というか夜中からほとんど寝ないで200人分のパンを焼きました。
オーブンの回転率が悪くって・・・すっごく時間かかってしまった。。
でも最後だもの。
ありがとうの気持ちを込めてひたすら焼きました。


これからは大きいオーブンでたくさん焼ける!

しかし、一人で200人分って結構キツイ。。。
これをこれから毎日やるんだな~。
(いやいや、もっともっと焼かなきゃ!)



しれーっとブログに書いただけなのに、わざわざお越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

遠方からお運びくださった方、
かつての生徒さん、
お久しぶりにお会いできた生徒さん、
ご家族でお越しくださった生徒さん、
ずっとブログを読んでくださって会いに来てくださった方、
ご自身が行けないから、って息子さんに代理で購入を託してくださった方、
本当に嬉しかったです!!!




ご一緒にカフェをやった先生から
いとう先生は何事にも全力ですね、
と言われました。そうね、
せっかくやるんだったら中途半端にやるのは嫌だな。だったらやらない方がいい。
なんでも自分の最高の力でやりたいと思っている。とことんやる!
悔いないように。





夜は記念パーティーがあって、
9年半のいろいろあったことが思い出され、胸がいっぱいでした。
この10周年のイベントも本当に素晴らしかった!
感動のフィナーレだった。

私は実行委員もやっていたので。
その中の一員になれたこと。
誇りに思います。







桜がキレイだったな~~。






DSC06055.jpg

今年の春もぜったいに忘れない。









スポンサーサイト
Category:イベント | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

パンドロデヴの会。

2017.03.21 Tue
パンドロデヴの会に行ってきました!

名古屋では初開催。
講師は仁瓶さん!

パンドロデヴ普及委員会というのがあって、
ロデヴを広めよう、おいしく食べよう、という目的で全国でイベントを開催していらっしゃいます。




午前中の技術講習は会員限定しか参加できないので、
私は午後からの食べる会に参加。
(諸事情により随分遅刻してしまいました。。すみません。。)




随分ご無沙汰していた方ともお会いした。
お店に行ってお伝えしたいことあるなあ、と思っていたシェフにもここでお会いできた。







慌てて会場に着くと食べる会はもう始まっていました。
お席につくと、さっとお料理とパンが出されました。

お料理はフチテイさんが。
さすがのプレート。
パンに負けない素晴らしい一皿。
17155520_1068395599931959_2466502763451875478_n.jpg
パンがすごくおいしい!!

ロデヴに、バゲット、200年前のルセットで作られたバゲット、
なんかね、もうほんとにおいしかった。


ここのところ心労が嵩み、、、
ずっともやもやしててしかも超忙しい!


おいしいパンってほんとうに心が安らぐね。
一人で黙々と食べる。
真剣に食べる。


久しぶりに心からおいしいと思えるパンだった。


粉と酵母と塩と水、
たったこれっぽっちの材料で、こんなに感動的なパンが焼ける。
すごいな。


仁瓶さん、やっぱりすごい。





そしてバゲットの変遷やフランスでの昔のパン事情を聴く。
このお話がとても面白かった。
フランスの伝統的な製法と味を守りながら、その本当の味を伝承し続ける。
オリジナルに走るのもの、それはそれですごいと思うんだけど、
仁瓶さんのお考えもまたよい。信念を貫いていらっしゃる。

1490003075986.jpg

中世のヨーロッパではパンを焼くのは女性の仕事。
メナージュはパンを切らさないのが鉄則。
パンがなくなる前にパンを焼くのだそうだ。



静岡の珈琲屋さんが丁寧に淹れてくださったカプチーノを飲みながら。
お店の名前を失念してしまいました。
珈琲おいしかったです。

1490003150966.jpg





仁瓶さんはパンを焼いて47年だそうだ。
仰る言葉に重みがあり、すべてが経験上に裏付けされている。







仁瓶さんのお話の中で心に残った言葉。






おいしいとは幸せの根っこにある言葉




毎日の日常にあるなんでもないところから生まれる言葉。

白い炊き立てのご飯と一緒。

パンってそういうもの。









Category:イベント | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |