RSS|archives|admin

MOBAC SHOW2017。

2017.02.24 Fri
2/22~25まで製パン製菓関連の大規模な展示会がありました。
モバックショウです。
2年ごと、東京(幕張メッセ)と大阪(インテックス大阪)と交互で開催されます。

今年は大阪。
12年前から毎回行っています。

1487762738347.jpg

もちろん、業者さん向けの機械(オーブンやドウコン、ミキサーなどなど)がメインですが、製粉会社さんや材料屋さん、
パッケージ屋さん、什器、出版会社さんなども出展されています。
新商品などがいち早く知ることができるし、機械は実際にそのものを見て営業の方から説明を聞くことができます。

企業向けセミナーや、クープデュモンドの最終予選、
ジャパンカップなども開催されています。

機械屋さんなどは、有名シェフがそこのオーブンを使ってデモンストレーションをされていて、
プチ講習会のように、その技が見れますし、
またそのパンももちろん試食でいただけますし、
一般のパン好きの方でもとーーーっても楽しめる展示会なんです。





今回はいろいろと目的がありまして。
見たいところたくさん!そして廻りたいところもいろいろ。

朝からガッツリ一日満喫しました。








まずは、クープデュモンドの最終予選の会場。
この日はヴィエノワズリー部門。
(他にパン部門と飾りパン部門があります。)

時間内に自分の作品を仕上げます。
DSC05872.jpg



シュプレームの渡辺さん。

DSC05871.jpg

応援したかったので、この日に行きました。
もちろん声はかけられませんでしたが・・。



この4日(前入りしているから5日)をお正月休みとされていたみたい。
これまでずっとトレーニングされていたんですよね。休まず。

審査発表は最終日。
気になります。
最終に残るだけでもほんとにすごいことです。


















トクラさんのブースではパンデュースの米山さんがデモをされていました。
折り込み少ないクロワッサン試食でいただきました。おいしかった~。

DSC05876.jpg
トクラさん(ママパン)のブースは他にリュックさんや江別製粉さんのメーカーの方々もいらっしゃり、
盛りだくさんでした!
さすが、関西地元!トクラさんすごい!楽しかった!








愛工舎さんでは365日の杉窪さんがデモをされる予定だったそうですが、
熱で欠席。。。
代わりにサ・マーシュのスタッフさんたちが、楽しいパンを焼かれていました。

DSC05877.jpg

ちょっとご縁あって、パンたくさんいただきました。
おいしかった!









ベーカーズプロダクションでは西川さんが。
米粉を使ったパンの試食いただきました。
フォカッチャも。

DSC05878.jpg









そしてとても楽しみにしていた七洋製作所さんのブース。
たま木さんがデモされていて、たくさんの人でした!
しかもこの日のみ。

1487762732673.jpg
SEVENというこの窯は温度がすぐ下がる設計になっているそうです。
ハード系から菓子パンにすぐ焼きを変更できる。画期的です。
この窯、たま木亭さんへ納品が決まっているもの。










伊原さんや

1487762726162.jpg


成瀬さんにもお会いでき、
1487762719005.jpg






そのほか、たくさんの有名シェフや知り合いに会うことができ、ご挨拶でき
とっても盛りだくさんな一日!


そして一日中パン食べていて野菜が欲しい~。
唐揚げも食べたい~。










帰りに新大阪でたこやきを買って新幹線内で食べました。
(・・・というかこれも小麦粉。)

DSC05880.jpg

そして、帰ってから551の豚まんと家にあったクッキーとパウンドケーキを食べる。
もう、完全にグルテン中毒です。







よし与さんで直売してた。
型落ちしたものだそうで、めっちゃ安かった~。

DSC05887.jpg

なんとヴィクトリノックスとサンドイッチスライサーが500円!


いい買い物しました!













スポンサーサイト
Category:イベント | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

シニフィアンシニフィエ10周年。

2016.09.17 Sat
シニフィアンシニフィエの10周年パーティーに行ってきました。


本当におめでとうございます!



もう10年にもなるんですね。
早いものです。

1473926535700.jpg

飲食業に限らず10年もお店が続くのは僅かだと聞きます。






初めてSSを訪れたのは今から9年半前のこと。
お店がオープンされた翌年の2月のモバックの帰りに寄ったのが初めです。







その時はあまりパンが残っていませんでしたが、
パンが衝撃的においしかったこと、

お菓子のようなパンや、ケーキ以上においしいシュトーレンや、
お餅のようなチャバッタ、
いままでパネットーネはバサバサしておいしくないもの、と勝手に思っていた概念を覆してくれたことや、
ペイザンの気泡がおそろしくびよんびよんで発酵の過程がわかる小さな瑞々しい気泡に感動したこと、
プラタヌのおいしさに、ほとんど1本一人で食べちゃったこと、
パンオヴァンの贅沢を極めるパン、これなに??!!って思ったこと、
どれもこれもびっくりしたおいしさだったことが蘇ります。






でも後になって知ったことですが、SSが開店する前に、丸ビルのユーハイムのドイツパンがだいすきだったことや、
フォートナム&メイソンのホップのパンがすごくダイスキだったこと、
それらはすべて志賀シェフが焼かれたパンであり、
「おいしさの追求」をされたものばかりでした。
↑この言葉は、シェフがいつも本にサインされるときに書かれる一言です。





初めはシェフのパンがただただ好きで、
おっかけのような感じで名古屋の高島屋の催事にいらっしゃった時にパンを買いに行ったり、
(当時は名古屋で知名度がとても低くてパンがぜんぜん売れてなかった。。高島屋でトークショーもやっていらっしゃったのに、トーキョーのファンばかりがわざわざ来ていて・・だって無料でしたもん、あの時配られたスペシャリテのパネットーネ1/6がとってもとってもおいしかった。2007年のことです。)


東京にいくたびにイートインしたり、パンを大人買いしたり、、、、
おそらく、スタンダードな商品はすべて食べていると思います。


そしてパンの作り方をこの目で見たくて北海道は十勝まで一人で行きました。
よくもまあ、家族も行かせてくれたものです。
あの時の私の行動力はすごかったですね。






思えば、十勝でご縁をいただいたのがきっかけで、名古屋に来ていただいたり、イベントにお招きしたりすることができるようになったんですよね。






今回、この十勝でご縁をいただいた方にもお久しぶりにお会いできました。
ありがたく、うれしかった。
彼女のおかげ。感謝です。








志賀シェフとお近づきになれて、パンのことやそれだけではなく、いろいろなこと(これはシェフにお会いした方にはわかると思う。)
を本当にたくさんたくさん学ぶことができ、
今の私が焼くパンに多大なる影響を与えてくださいました。






パンを焼かれる方の多くは志賀シェフのことをパンの神様だと言うけれど、
そのお人柄や対応までもすべてそれに通じると思います。
パンがおいしいだけではない。







そんな最高峰の技術を名古屋のパン焼きの人にも伝えることができ、幸せです。
来月も楽しみです。



























ウエルカムドリンクのシャンパンがとってもおいしかった!
非売品?だそうです。

KIMG1482.jpg





ご用意されていた軽食。

KIMG1488.jpg






パンはこの日限定のものばかり。
右から
スペルト小麦とデーツのパン(栗のようなおいしさだった。これすごく気に入りました!)
シャントゥ―ルとソティールのバゲット
パーネトスカーノ
オーガニックカンパーニュ(ナッツといちじくと栗)

KIMG1501.jpg











そしてこれはっ!!!!!
あのイベントの時に出してくださった超超超長時間熟成バゲット。

KIMG1499.jpg
ありえない味の濃さ!








チーズもおいしい。

KIMG1502.jpg












志賀シェフのおかげでパンの世界が本当に広がりました。
感謝しています。
これからもパン業界の先端を走り続け、たくさんのおいしいパンを焼いてください。

KIMG1483.jpg

一ミリでも一歩でもシェフのようなおいしいパンに近づけるように
日々精進します。




「おいしさの追求」












堀田さんとつかじと。
お二人にも本当にお世話になりました。(なっている、というか、これからもお世話になります!)
志賀ファミリー、素敵です。

1473926551674.jpg

つかじは7年間SSで修行されて、今度丹波でパン屋を始めます。(通販メイン)
ヒヨリブロート

つかじのかわいらしいお人柄で
たくさんの人が寄ってきて、手伝って
控えめで出しゃばらない、そんな彼女だけどパンを焼かせたらそこらの男子よりもよっぽど男らしいパンを焼く。
おいしい心のこもったパン。

楽しみです。












Category:イベント | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |