RSS|archives|admin

北海道記。(Aigues Vives)

2016.05.07 Sat
北海道に来たからには、ぜったい寄らなくてはいけないお店があります!

いや、ここをスルーして北海道に来た意味があるのか??!!



全国のパンのマニアがこぞって訪れる、
ブーランジェリーの最骨頂、エグ・ヴィヴさん。



忍路という港町の崖の上にあります。

DSC02669.jpg



よくもまあ、こんな僻地に建てられたパン屋さんに
焼き上がりの時間、11時、13時には札幌から、またはもっと遠くから
エグ・ヴィヴさんのパンを愛して止まないファンが集まってくるのだなあ。



最近は以前に比べ、あまりパン屋さんに行かなくなった。

どうしても食べたいパン、
どうしても買いたいパン、
そういうのが限られるようになった。

でも、ここのパン屋さんはわざわざ行きたいパン屋さん。

パン好きなら一度は行くべき!




以前の訪問記事はこちらです。(窯など見せていただきました。)

初めて伺ったのは6年前

DSC02670.jpg

江別さんに連れて行っていただいたので、
奥に通していただきました。



いろいろお話を伺うことができました。

貴重でした。
ありがとうございます。




店内撮影禁止なんですが、
ここのパンのディスプレイの仕方、販売の仕方、今までいろいろなお店を回らせていただきましたが、
群を抜いて好きです。
パンがアートになっています。

奥様がアーティストで。

やっぱりパンってその人の表現なのだね。







少し行った港で食べます。

外はざっくり中はしっとり、のクロワッサン。
これこれ!!これだーーー!!!

DSC02674.jpg





最高のパン。

こちら。

DSC02672.jpg


このリュスは何度食べても感動。

DSC02673.jpg


リンツアートルテ。
焼き菓子だって一味違う。

DSC02675.jpg



酔っ払いのパン。
これもゼッタイ買うアイテム。
このパンのおいしさに寄ってしまいます。

DSC02680.jpg



たくさんたくさん買いました。

DSC02679.jpg


帰る日だったので、手荷物で。


千歳空港で、同行者さんたちとパンを切り分け。
もう恥ずかしいなんて言ってられません。(おばさんだもん!なにか?)
旅の恥はかき捨て、ってね。







このクッキーもなんともセンスあります!

DSC02684.jpg






なんといっても紙袋のセンスが逸脱!!
これ以上ステキなデザインのもの、知っていたら教えてほしい。


DSC02682.jpg


DSC02681.jpg



パンって神秘的。

そしてその人の表現。

命の糧であるけれど、私たちにとっては嗜好品。

だったら、思う存分自分の好みの、自分の好きな、
そんなパンを食べたいなあと思う。






Aigues Vives エグ・ヴィヴ


北海道小樽市忍路1-195
0134-64-2800
営業時間
(4~12月)8:00~17:00
(1~3月)11:00~17:00
日・月休




スポンサーサイト
Category:はるゆたかの畑へ2015 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

北海道記。(boulangerie coron)

2016.05.06 Fri
札幌で今一番のパン屋さん。

coronさん。



2店舗あります。
(2店舗とも行きました。ラインナップが違うので。)

DSC02626.jpg

実はこのお店、志賀シェフが昨年夏よりグランシェフを務めていらっしゃいます

高加水のおいしい北海道の材料を使ったパンがずらりと並びます。




プロデュースされている会社は大泉洋が所属するオフィスキューさん。
以前、しあわせのパンという映画を作られて、
そしてパン屋をオープンさせました。





ホテルで食べましたので~。

さすがは北海道。
コーンパンがおいしいです。

DSC02664.jpg



DSC02662.jpg
よく食べました。




写真撮り忘れましたが、
パテや北海道産のチーズ、ハムなどや
地元のトマトジュースなんかも買いまして、
北海道のおいしいパンライフを充実させるパンアイテムがたくさん置いてありましたよ。





パンが驚くほどリーズナブル!!

お値打ちですね~!
と言ったら、
これでも札幌価格だと高めで、食べ●グに高い、とか書かれちゃってるんですよね~~。。


ありえない価格です、このクオリティーで。


でもよく考えたら、小麦粉だって輸送費かかってないんだし、
おいしい乳製品、バターやチーズや牛乳やクリームだって安価だもの。
さらにさらに
じゃがいもやとうもろこしだって!


いいなあ~。






北海道はほら、お土産屋さんに発展したお菓子屋さんがとっても多いじゃないですか、
六花亭やロイズ、石屋製菓などなど。
もともとは町のケーキやさんだったというから驚きです。
札幌市内のパティスリーもとってもリーズナブルで買いやすい値段。
トーキョーだったらありえない、って思いますね。






同郷のものを合わせるとおいしいに決まっている!

パンにワインにチーズ。


パンひとつにしたって、
小麦や水やバターや牛乳、
その土地で採れたものをその土地で製品にする。



憧れます。

私もやりたいことあって・・・。


またその時期がきたらお話しますね。







boulangerie coron(ブーランジェリー コロン)

北海道札幌市中央区北2条東3丁目2-4 prod.23 1F
TEL(011)221-5566
9:00〜18:30
定休日 火曜(祝日の場合は営業・翌日休み)/年末


北海道札幌市中央区北2条西4丁目1番地
赤れんが テラス 1F(地下歩行空間直結)
TEL (011)211-8811
8:00〜20:00
定休日 不定休(ビルの休館日に準ずる)





Category:はるゆたかの畑へ2015 | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |