FC2ブログ

RSS|archives|admin

谷。

2014.01.13 Mon
あんまり朝からパンを食べることはないんだけど、
この日は特別。

だって、スドウの世田谷食パンなんだもの。


これは生徒さんが買ってきてくださいました。
もう何度も何度もスドウに行く機会はあったんだけど、未だ食べたことがなかった、
私の中ですでに伝説化しそうになっていた食パン。

005_20140112152707a4f.jpg

スドウには世田山食パンという山食と世田谷食パンという角食があり、
生地は同じらしいんだけども、
すべていつも予約で売り切れで、ほんとに入手困難な食パンなんです。

それらを山と谷って呼ぶらしい。
今回初めて知りました。






たしかに!
おいしい~~~。

発酵バターとはちみつの組み合わせでいただきます。
王道ですな。

最近はなかなか東京へ行く機会も減ってしまったので、関東のパンも自分で買えなくなっちゃって・・・。

ありがとう~~。
おいしかった!



食パンって日本人のソウルフード、朝食は食パン!だから、
毎日のことだからやっぱりおいしいものを食べたいよね。










成人式でしたね。

今ってさ、1/2成人式っていうのがあったりするんだね。
うちの息子たちの時はまだなかった。

でさ思った。
2倍成人式っていうのもあったらいいよね!

実際私は40歳記念同窓会っていうのあったんだけどさ、
あれから20年経った紆余曲折?人生を同級生と振り返る!笑。


成人式のとき、ああやって決意していたのにまだできていないとかさ、
夢が叶ったとかさ、
夢以上のもっとその先を進んでいるとかさ、



怖いもの見たさ的なものもあって、よくない?

そういう機会もないと再開しない人っていないしね。



ちょっと思った。


あー、もう今月も10日過ぎてしまった。
早い~~。
がんばろう。











Category:いただきパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |

あまい年末。その2。

2013.12.26 Thu
お待たせいたしました!(誰も待っていないかも。。)


その2です。



こちら、ポルカさんのパンドーロ。
パン・ドーロ(ドール)のドーロとは金という意味です。




黄金のパン。

その名のとおり、卵黄とバターがたーーーぷり!!!
この断面、黄色さはヒヨコかパン・ドーロか、といったところ。

001_201312262217197ed.jpg
このあたりでパンドーロってドンクさんくらいしか見たことないんだよね。。

ポルカさんもたしか週末しか置いていなくって。
超貴重!なパン。

この型がね~~、高いんだよね~~~。
だから私も焼いたことない。

これはイタリアのビガ種を使うのだけど、パネやブリオッシュとまたゼンゼン食感が違ってね、
ホロホロ、もろもろ、
そう、決してパサパサではない、もろい食感のサンドケーキみたいな?
そんな食感のパン。



グルテンが切れている状態なんだな。

それが、一歩間違えばパサパサになってしまうのだけど、
さすがはポルカさん!

口どけすばらしいパン・ドーロ。

以前もいただいたことあるんだけど、さすがにおいしい。

私もいつかやってみたい。













そしてシュトレン。


こちらはパティスリー・イナムラショウゾウ。

007_201312262217219cc.jpg
これ、実は以前にいただいたことあります。
いかにも老舗パティスリーっていうパッケージ(包装紙できちんと包装していあって・・それもお箱と同じプリントの。)
パン屋とは違う品格を感じる。



これね、東京の友人が、
イチバン好きなシュトーレン!!!
だそうで送ってきてくださったんです。

これ以上のものに出会ったことがない。ってその方談。



オーソドックスなレーズンとピール。
マジパンは生地に練り込んであるタイプ。
ヴァニラシュガーが香ります。

隅っこのガリガリがとてもいい食感。
ショートニングが入っているせいでしょうね。


実は・・・私以前ににも同じものをいただいたことあって、2回目なんですが・・・
ぜんぜん印象がちがいました!!

前回は、そんなに感動がなかった。

でも、でも、今回は改めて味わってみて・・
すごーーくおいしい~~と思った。

いろいろさんざん食べてきて、またその当時の味覚と変わったかもしれません。
たしかそのときは一気に10種くらいのシュトレン食べてたから、何が何だか分からなくなってた可能性もあります。
冷静に判断してなかったかも。



びっくりだったのが、ラップにつつんでなかったこと。
お箱にそのままでーーんと入れてあるだけでした。
乾燥してほしいのかな?

材料もなんてことない、オーソドックスなものだけど、すごくおいしかった。


これ、クセになるね。
ほんと。
わかる、イチバンすきっていうの。




















こちらはパンとワインのセミナー@キッチュエビオで
受講者の方の持ち寄り。

へ~~、こんなシュトーレン、ツオップさん出していたんだ~~、
チョコのシュトレン。
しっとりなタイプです。
大きい。フィリングは控えめ。
018_20131226221718a14.jpg
・・・と思っていたら、
これって、オールアバウトで限定300本で売り出したレアもの!だったんです!





ありがとう~~~!!


別添えされてたココアがいいな。
泣いちゃうからね、ココア。

私も来年はロッソのストロベリーをこうやって別添えしよう!




いや、ツオップさんのシュトレンね、1本で5000キロカロリーを若干切るくらいなんだって!!
(でもそれはプレーン。このチョコだと5000オーバーだと思われ。)
ひときれで・・・うーーん、考えたくない。。軽く一食分??



非常食にいかが??
または雪山用。
















そして渋谷のフラッフィー
スドウ。
006_20131226221716bc4.jpg






フラッフィーはかなりの個性派。

りんご?のねっとりした餡のような?りんご餡かしら?
それにかなりキツメのスパイス。
生地も固くって・・・

007_201312262238356aa.jpg
私はキツメのスパイスが得意ではないので。。。
うーーん。

これ結構ショーゲキ。











こちらはスドウ。
すごい雪崩!(笑)
008_2013122622383428e.jpg
こちらもね~、めちゃおいしいよね~~、
いただくの2回目だけど、
ざっくりの生地に、王道のナッツとフルーツ。

これね、すっごーーく重かった。
漬物石みたいな。(笑)




この間書いたんだけど、焼いた時に、生地中に空気をいれない作り方=膨らませていない
のだと思う。空気が入るとそこから老化が始まり、味が落ちるから。
たぶんそうじゃないかなあ。














あと、これカットしちゃったんだけど、関のペイザンさんのもの。
レシピは先代のもの。

005_20131226221717a7e.jpg
息子さんに代が変わったのだよね。

でもね、でもね、ちょっと残念じゃない??

フィリングと皮生地の間に空気が入っちゃってて、カットしたら全部皮が取れちゃったの~~。しゅん。。

シェフは小淵沢で石窯パン屋さんをされているので
(雪がすごいらしいです。パン教室もやっているって。薪ストーブ炊いて。)
スタットレスで大丈夫!という方は遊びに行ってあげてくださいね!

ベッコフなんかの鍋料理もいただけますよ。









                    そしてまだつづく。






Category:いただきパン | Comment(-) | Trackback(0) | top↑ |